« # 帽子屋が見た『アオイホノオ』~第3話 | トップページ | # 帽子屋が見た『アオイホノオ』~第4話 »

2015.01.08

# Kindle X-Ray、なかなかおもしろい

対応しているコンテンツが少ないせいか、あるいは使い途がよくわからないせいか、ほとんど知られていない機能ですが、昨年の12月、地味に日本語対応したそうです。

リンク:日本語Kindle書籍に新機能「X-Ray」 ボタン1つで“書籍の骨格”キーワード映し出す - ITmedia ニュース


私も実は知らなくて、最近読み始めた本で初めて知りました。

Kindle各端末と、iOS/Android版のKindleアプリで使えます。ブラウザ上で読める Kindle Cloud Reader では使えません。

どんな機能かというと、1冊のコンテンツの中で、どんなキーワードがどこにどのくらいの頻度で出現するかがわかる、つまりコンテンツの中身をX線写真のように透視する、そんな感じです。

読書中にメニューでこの機能を選ぶか、語句を選択すると、読書中のページあるいは選択した語句についてX線写真的な概要が表示されます。

1501081

Kindleアプリ(これはiOSの例)ならこのボタン、

1501085

Kindle端末ならこのメニュー(Kindle Voyageです)です。

1501082

語句を選んだ場合は、このようにまずWikipediaからの引用が表示されます。で、[X-Rayに移動]を選択すると……

1501083

このように、キーワードそれぞれについてWikipediaからの引用と、出現箇所がグラフィカルに表示されます。上のスクリーンショットは人名ですが、重要用語だけ表示することもできます。

1501084


おもしろくはあるのですが、じゃあ何に使えるのかというと、たしかに微妙な存在です。出てくるキーワードをブラウズできるので、書籍の内容を急いで把握したいときには便利かもしれません。


ただし、これはどのコンテンツでも使えるわけではなく、Amazonで商品の詳細情報を見ると対応状況が書いてあります。

1501086

対応している書籍はかなり少ないようです。

1501087

日本語での動作も確認できませんでした。

ついでに思い出しました。

Kindleで読書中には辞書も参照でき、辞書は複数指定できますが、一度に参照できるのは1つだけなんですよね。いちいち設定で切り換えないといけない。いつものクセで、英英と英和をいっぺんに見たいことも多いので、単語を調べた後で辞書を簡単に切り換えられるようになってほしい。

04:27 午後 パソコン・インターネット |

はてなブックマークに追加

« # 帽子屋が見た『アオイホノオ』~第3話 | トップページ | # 帽子屋が見た『アオイホノオ』~第4話 »

コメント

「一度に参照できるのは1つだけなんですよね。いちいち設定で切り換えないといけない。いつものクセで、英英と英和をいっぺんに見たいことも多いので、単語を調べた後で辞書を簡単に切り換えられるようになってほしい。」

いつだったかのアップデートで、辞書を引いた後にも(設定に戻らずに)変えられるようになったのですが、帽子屋さんの環境では出ませんか?長押し→ポップアップ→窓の下の方、辞書名のわきの黒三角を押す→辞書の選択肢現れる。

黒三角のイメージ:http://itpp.up.n.seesaa.net/itpp/image/kindle_dict1.jpg?d=a1
辞書選択肢イメージ:
http://itpp.up.n.seesaa.net/itpp/image/kindle_dict2.jpg?d=a1

わたしの手持ち環境では:
1)初代PW(5.4.4.2にアップデート済み)→上記の通り。選択肢は"Collins English Dictionary""Oxford Dictionary of English""The New Oxford American Dictionary"「プログレッシブ英和中辞典(4版)」「デジタル大辞泉」でした。(その他に多分自分で入れた独語、伊語、仏語辞書も)

2)Androidアプリ→ポップアップの右上に本のアイコンが出るので、これを押します。ただし具体的な辞書名ではなく「English (US)」 「English (UK)」「日本語ー日本語」「英語ー日本語」「日本語ー英語」としか出ません。
ものはついでなので、Full Definition 表示にして頭まで戻り、確認したところ、それぞれ"New Oxford American Dictionary (2nd Ed)""Oxford Dictionary of English"「大辞泉(増補・新装版)」「プログレッシブ英和中辞典(第4版)」「プログレッシブ和英中辞典(第3版)」であることが確認できました。

(しかし、収録辞書を眺めるだに、つくづく太っ腹。これだけのためにKindleを使ってもお釣りが来る気がします)

3)ChromeのCloudReaderには、ポップアップ後の切り替え機能はありませんでした。(正確にはDictionary.comしか引けませんでした)

投稿: nest | 2015/01/08 19:13:33

nestさん、ありがとうございます。やっぱりちゃんと対応してましたねー。

えーと、Kindle Voyageでは、同じように三角形が出ます。PWは昨日、人に譲っちゃったので不明。

iOSアプリだと、辞書ウィンドウのいちばん下に「英語-日本語」とか「Englsih (US)」のように表示されるドロップダウンが出て、そこで選択できました。

やっぱ、疑問は書いてみるもんですねー。

投稿: baldhatter | 2015/01/08 19:39:48

コメントを書く

## コメントは承認制なので、公開されるまでに時間のかかることがあります。



(必須ではありません)