« # 帽子屋が見た『アオイホノオ』~第2話 | トップページ | # Kindle X-Ray、なかなかおもしろい »

2015.01.08

# 帽子屋が見た『アオイホノオ』~第3話

第3話「アニメーターへの決定打」

前回は触れませんでしたが、第2話には矢野健太郎が登場。

0301

これがまた、原作マンガ以上にマンガ的なキャラクターになっていて楽しい。大仰な言動と、シャアの台詞の引用が見事にはまってます。

第3話は、そんな矢野健太郎に打ちのめされた焔モユルがアニメーションに向かう話です。

0302

これ、『アオイホノオ』の七不思議のひとつなんですが、原作でもドラマでもモユルがアルバイトしているという描写はまったくないんですよね。もう少し後の話で、普通免許を取得するときは親に費用を出してもらうようなのですが、それ以外は、たぶんふだんから仕送りはしてもらっているだろうけど、それほど余裕があるはずはない。それなのに、こんな値の張るアニメ制作道具を買ったりしてる。そのお金はどこから出てきたんだ~、モユル。

あの時代の大学生なんで、アルバイトしてないってことはないと思うんだけど。

ちなみに、私はもちろんアニメに手を出そうなんて思ったことはないので、こんな道具を買ったこともありません。似たような道具で、タミヤカラーと筆ならたくさん転がってましたが。

0303

山賀が食べている「マルちゃん 赤いきつね」は、もちろん当時のパッケージです。このすぐ後に出てくる「ポカリスエット」の缶も発売されたばかりの当時のデザインで、その辺の小道具はぬかりありません。


[庵野]正確には、初代マンの古谷敏さんの動きだ。

0304

前回もありましたが、庵野がウルトラマンの動きを真似る場面は、このドラマの見どころのひとつです。しかも、いちいち解説してくれるから楽しい。その解説の解説をしておくと――

古谷敏というのは、東宝の俳優さんで、円谷特撮にもかなり早くからノンクレジットで出てきたりしています。たとえば、これは

0305

『三大怪獣 地球最大の決戦』のときのひとコマ。真ん中の小泉博の左奥、カメラを構えてるのが古谷敏です。『ウルトラセブン』になると、アマギ隊員としてレギュラーで出演するようになります。

ところが『ウルトラマン』には、なぜか俳優としてではなくスーツアクターとして、つまりウルトラマンの中の人として出演していました。

このときの庵野は、「単にウルトラマンを真似ているのではない、中の人の動きを再現してるんだ」と言いたいわけです。

ちなみに、特撮着ぐるみの中の人としては、この人なども有名です。

リンク:「元祖」ゴジラ・スーツアクター中島春雄 | nippon.com

0306

アニメショップ ベロ。原作マンガには、ちゃんと実名で「アニメポリス・ペロ」と書かれています。ペロというのは、

リンク:アニメといえば、東映アニメーション! TOEI ANIMATION

この会社(昔の名前は「東映動画」)のマスコットキャラクターにもなっているネコのことで(サイトの左上にいるやつ)、もともとは東映動画1969年の長編漫画映画『長ぐつをはいたネコ』の主役キャラです。

この映画が公開されたころの映画館のことは、だいぶ前にこのブログに書いたことがあります。いつも、ただで観てました。

禿頭帽子屋の独語妄言 side A: # (映画|映画館) の思い出、その4

それから、ペロと言えば東映動画が1979年ころ、たしか劇場版『銀河鉄道999』の公開前に設立したファンクラブのマスコットキャラクターでもありました。設立とほぼ同時くらいに会員になりました。


0307

画面はともかく、このテレビとか、よく用意しましたよねー。

[赤井]ゲッターもいいよねー。 [庵野]ゲッターもいいねー。

0308

ここで言ってる「ゲッター」というのは、テレビ画面には映らないけど、ゲッターロボのことです。


[庵野]あと、劇場版スリーナインの最初のほうに出てくるアルカディア号も描いてる。

0309

出ましたねー、キャプテン・ハーロックのアルカディア号。

庵野も言っているように、これは劇場版『銀河鉄道999』に出てくるアルカディア号。1977年にプレイコミックで始まったマンガ版やテレビアニメ版とは、デザインがだいぶ違います。

0310

特に船首の形がぜんぜん違う。

[手塚治虫(の声)]いや~、アトムのねー頭の角はねー、不思議なんですよ。どういう角度から見ても重ならないんですよ。

0311

このときの手塚治虫の声、まだ秘密ということで、エンドロールにはクレジットされていません。第10話で手塚治虫を演じる岡田斗司夫です。

最後のほうで上映される庵野の作品「じょうぶなタイヤ」、本物はYouTubeで見ることができます。

この動画の後半です。

ちなみに、ここで使われているBGMは、東宝特撮シリーズで「自衛隊マーチ」として知られる伊福部昭の名曲(ただし、途中までは早回しになってます)。1954年『ゴジラ』で、自衛艦しきねが出港する場面に初めて使われて以来、自衛隊の出動する場面の定番であり、『怪獣大戦争』ではメインテーマにもなりました。


01:42 午前 アニメ・コミック・サブカル, 映画・テレビ |

はてなブックマークに追加

« # 帽子屋が見た『アオイホノオ』~第2話 | トップページ | # Kindle X-Ray、なかなかおもしろい »

コメント

コメントを書く

## コメントは承認制なので、公開されるまでに時間のかかることがあります。



(必須ではありません)