« # 国内Windows PC衰退の一因かも | トップページ | # 第24回翻訳祭、無事に終了 »

2014.11.21

# 「通訳翻訳ジャーナル」冬号

イカロス出版の『通訳翻訳ジャーナル』、2014年冬号が発売されました。

特集は、「調べ物」と「健康維持法」。どちらも、通翻訳者にとって実に大きいテーマです。


翻訳フォーラムのリレー連載「翻訳者のための作戦会議室」も、いつの間にか今回で丸3年、12回目を迎えました。4人のメンバーが順不同で、1年ごとに大まかなテーマを決めて連載しているこのコーナー。1年目は2012年のシンポジウムと連動して「翻訳者の頭の中」をテーマに、2年目は「作業環境」を中心に、3年目は実際の「翻訳作業」に踏み込んで回を重ねてきました。次回からも、この翻訳作業編を続ける予定です。

冬号では、「読み取っていないものは訳せない」と題して拙文を掲載しています。この中で使われている例文、人によっては「見たことある~」というネタです^^;


特集も、実に充実しています。

「調べ物」特集には、杉山範雄さん、松田浩一さん、曽我邦裕さん、山本ゆうじさん、冨田淳二さんなどが登場。

「健康維持法」」特集では、藤田順弘さん(今年の8月もお世話になりました~)、杉本優さん、森口理恵さん(コーナーに一部に、ベンさんも)。具体的に参考になる話ばかりです。


それから、翻訳フォーラム連載の次のページでは、JATの連載コーナーも続いています。今号では、広島の内山由貴さんが特許翻訳の話を書いています。

そして、このコーナーの次回予告には、松浦悦子さんのお名前が... こちらもお楽しみに。

09:56 午後 翻訳・英語・ことば |

はてなブックマークに追加

« # 国内Windows PC衰退の一因かも | トップページ | # 第24回翻訳祭、無事に終了 »

コメント

コメントを書く

## コメントは承認制なので、公開されるまでに時間のかかることがあります。



(必須ではありません)