« # SIIの電子辞書ビジネスからの撤退に思う、その3 | トップページ | # おそるべし、ベーコン指数 »

2014.10.27

# ということで、SIIさんに提案

「電子辞書ビジネスからの撤退について」と題したSIIのニュースリリース。

リンク:電子辞書ビジネスからの撤退について | セイコーインスツル株式会社

末尾にこう書いてあるのが、わずかながらの希望でしょうか。

なお、本事業で培った、辞書コンテンツの利用ノウハウやそれらを活用した検索サービス等については、セイコーホールディングスグループ内にて、ビジネス展開の可能性を検討していく予定です。

要するに、電子辞書というハードウェアのビジネスで失敗しちゃったわけだから、コンテンツビジネスを模索するという道はありそうですよね。

コメントにもいただきましたが、翻訳者が重宝しているDAYFILERシリーズも、電子辞書単体としては

・重い
・バッテリーの持ちが悪い

この2点だけで完全に負けてるわけです。

だったら、これからは

辞書コンテンツ + PASORAMA

という売り方はできないものか、と。

DF-X10001の後継製品が、たとえばコンテンツだけ少しずつ変わって、PASORAMAもアップデートを続けていったら---現状の使いにくさを、3月にはSIIの方にいろいろアピールしたのですが、今思うと、きっとそれどころじゃなかったんでしょうね---、かりに今とほぼ同じ値段だとしても、一定数は売れる気がします。


あるいは、PASORAMAを有料アプリケーションにして---今のままではダメですが---、そこに載せる辞書コンテンツを単体で売るようにする。うーん、それじゃ、LogoVistaと同じビジネスモデルになっちゃうか......


そもそも、SIIって、コンテンツ屋さんではなく器械屋さんだもんね。ハードウェアを離れたビジネス展開ってのは、想定できないか.もしれませんね。

11:54 午後 辞典・事典 |

はてなブックマークに追加

« # SIIの電子辞書ビジネスからの撤退に思う、その3 | トップページ | # おそるべし、ベーコン指数 »

コメント

コメントを書く

## コメントは承認制なので、公開されるまでに時間のかかることがあります。



(必須ではありません)