« # 翻訳者のブログ | トップページ | # 「読ませるIT翻訳」、シリーズ最終回です »

2014.10.06

# PDic Unicode版

たぶん、私が知らなかっただけーって話だろうと思います。

PDic(Personal Dictionary)を、私は辞書検索ツールとしては使っていません。単語を登録するときのラベル設定などを細かくカスタマイズできるので、私家版辞書を作るときだけ使っています。

その程度のライトユーザーなので、長らくバージョンアップもしていなかったのですが、ふと見たら --- side TRADOSで、メモリーをPDicに移せないかというコメントをいただいたもので ---、その後Unicode版というのが開発され、そちらは今に至るまで着実にバージョンアップしていることがわかりました。

リンク:PDIC Home Page

このページの「PDIC/Unicode」がUnicode版、「PDIC for Win32 Download」が従来版(最終バージョンは4.87)です。

さっそくUnicode版をダウンロードしてみました。

1410061

これが従来版のインストーラー。

1410062

こちらがUnicode版のインストーラー。

ということで、デフォルトでもインストール先は別なので、従来型を残したままUnicode版をインストールできます。

旧バージョンで、辞書グループとかラベルなどをカスタマイズしている場合は、インストール後の初回その設定の有無を検出し、設定移行のダイアログが表示されるので---

1410063

基本的には移行も楽チンです。

ただし、私がやってみた限りでは、表示フォント設定など一部が引き継がれませんでした。


また、辞書データの形式も旧版とUnicode版では違うそうです。が、これも引き継ぐときに自動的に変換してくれるので、これも手間要らず。このあたりは、

とても親切な設計

だと思います。

使ってみて気づいた点をいくつか書いておきます。

・Unicode版は、URLを入力するとちゃんとリンクとして機能する

これはいいですね。私の私家版辞書は、ネットで調べた情報をURL付きで書きとめておくことが多いので。


・大文字小文字とか略語の並び順が変わる?

これ、設定はなかったと思うのですが、旧版では大文字は小文字と別扱いで並んでいたようですが、Unicode版では大文字小文字を区別せずに並びます。このほうが見つけやすいですね。


・辞書の追加がわかりにくくなったかも

旧版では[File]から[辞書グループの編集]ダイアログ開けば[辞書追加]というボタンがありましたが、Unicode版では[File]→[辞書設定<詳細>]を選択したうえで、ダイアログを右クリックしないと追加コマンドが出てきません。

1410064

1410065

[辞書の変換]コマンドなども、この右クリックメニューの下にあるので注意してください。

02:45 午後 辞典・事典 |

はてなブックマークに追加

« # 翻訳者のブログ | トップページ | # 「読ませるIT翻訳」、シリーズ最終回です »

コメント

コメントを書く

## コメントは承認制なので、公開されるまでに時間のかかることがあります。



(必須ではありません)