« # 「翻訳者のためのAutoHotkey入門講座」、9/8開催 | トップページ | # サン・フレアでTrados講座はじまります »

2014.08.18

# 緊急記事~8月のWindows Patch Tuesday対策~

8月の月例Windows Update(毎月第2火曜日に公開されるので、俗に Patch Tuesdayと言います)を適用後、Windowsが起動しなくなったりブルースクリーンが発生したりするケースがあるようです。


私のマシンでは、メインもサブもそういう最悪の被害はありませんでしたが、某クライアント用の仕事に使っている専用ツールが動かなくなり、ほぼ2日分の作業をやり直す羽目になりました。


リンク:【リリース後に確認された問題】2014 年 8 月 13 日公開の更新プログラムの適用により問題が発生する場合がある - 日本のセキュリティチーム - Site Home - TechNet Blogs

もし最悪の状態になってしまった場合は、こちらのページに復旧方法が書いてあります(セーフモードで起動し、regeditをいじる)。

無事に動いている人も対策したほうがいいのですが、そちらはまだ英語版のみのようです。

2014 年 8 月 13 日公開の更新プログラムの適用により問題が発生する場合があることが確認され、サポート技術情報 2982791 「MS14-045: Description of the security update for kernel-mode drivers: August 12, 2014」が更新されました。日本版のサポート技術情報は数日内に公開いたしますが、下記のStop 0X50 エラーの問題に遭遇されている方のために、本ブログで復旧方法をご案内します。


私も確認して実行しましたので、念のため、以下に方法を書いておきます。

Known issue 2
Microsoft is investigating behavior in which fonts do not render correctly after any of the following updates are installed:
2982791 MS14-045: Description of the security update for kernel-mode drivers: August 12, 2014
2970228 Update to support the new currency symbol for the Russian ruble in Windows
2975719 August 2014 update rollup for Windows RT 8.1, Windows 8.1, and Windows Server 2012 R2
2975331 August 2014 update rollup for Windows RT, Windows 8, and Windows Server 2012

Mitigations
Open the Programs and Features item in Control Panel, and then click View installed updates. Find and then uninstall any of the following update that are currently installed:
KB2982791
KB2970228
KB2975719
KB2975331

(https://support.microsoft.com/kb/2982791/en-us より)

  1. [コントロール パネル]→[プログラムと機能]を選択します。
  2. [インストールされた更新プログラムを表示]をクリックします(マシンによってはちょっと時間がかかります)。
  3. 1408181

  4. 右上の検索フィールド(最初は、[インストールされた更新プログラムの検索]と書かれています)に「KB2982791」と入力し、該当する更新プログラムが表示されたら、右クリックして[アンインストール]を選択します。無精して番号だけ入力してもヒットしません。ちゃんと「KB2982791」と入力してください。
  5. 1408182

  6. 再起動するよう求められますが、ここでは[後で再起動]を選びます。

  7. 残りのKBについても、検索→削除を繰り返します。ただし、Windows 7では上の2つだけです。Windows 8以降の方は、下の2つも必要のようです。

01:05 午後 パソコン・インターネット |

はてなブックマークに追加

« # 「翻訳者のためのAutoHotkey入門講座」、9/8開催 | トップページ | # サン・フレアでTrados講座はじまります »

コメント

いつもタイムリーな情報をありがとうございます!私は「無精して番号だけ入力した」ために、該当のプログラムを見つけられないでいた人でした。。。情けなや。

投稿: yukihana | 2014/08/18 15:06:37

問題なく動いているので(native W7もMac上のW7)、Baldhatterさんの緊急記事を読むまでは、問題が発生していることを知りませんでした。有り難うございます。

投稿: takey | 2014/08/18 16:52:46

情報感謝。
このニュースは知っていたのですが、「Windowsの更新プログラムってあの勝手に送られてきて、コンピュータの電源切るなっていうやつだろ。どうやったら防げるんだぁ」と憤ったものの、特に不具合は発生せず、忘れていました^^;
早速先ほどメインマシンで削除を実行。サブマシンの方は・・・今度の土日にやります。
Baldhatterさん、暑いのでお体大切に。

投稿: Jack | 2014/08/21 12:19:58

> 無精して番号だけ入力した

そもそもそれで検索できないシステムってとどうよ、という感じですよねー。


> 問題なく動いているので

私も何ともなかったのですが、まあ念のため。


> 早速先ほどメインマシンで削除を実行

Jackさんお久しぶり~。このコメントいただいたのはちょうど松山滞在中で、その後関東に帰ってきたからも、幸いあまり暑くないですね。助かります。

投稿: baldhatter | 2014/08/24 12:30:56

2014年8月27日付けで、「Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB2993651)」が配布されました。これは「KB2982791」の修正版のようです。
詳細情報:
http://support.microsoft.com/kb/2993651

英語なので私には読めない

他の3つは修正版を作成中で、いつできるか不明とのこと。

ところで、
>たとえ問題が発生していなくても、修正版のプログラムを適用する前に、不具合のあるプログラムをアンインストールしておくよう強く勧告

というが、今回の騒ぎを知らず、自動更新設定で放置していたら、勝手に先にインストールされてしまうのでは?
私はここを拝見して、すぐにアンインストールしていたので、よかったのですが・・・

報道↓
------
◆ITmediaエンタープライズ > セキュリティ
Microsoft、不具合発生の更新プログラム配信を一部再開
たとえ問題が発生していなくても、修正版のプログラムを適用する前に、不具合のあるプログラムをアンインストールしておくよう強く勧告している。
[鈴木聖子,ITmedia] (2014年08月28日 07時29分 更新)
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1408/28/news042.html

投稿: 白い都 | 2014/08/28 10:46:21

> 自動更新設定で放置していたら、

ですので、本当はWindows Updateは、勝手にインストールまでされてしまう設定ではなく、通知だけしてくれる設定にしておくとよいのです。

これ、次の記事のネタにします^^;

投稿: baldhatter | 2014/09/01 16:47:21

コメントを書く

## コメントは承認制なので、公開されるまでに時間のかかることがあります。



(必須ではありません)