« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014.03.30

# 『乙嫁語り』のこと

このマンガのこと、書こう書こうと思っているうちに、なんと今年のマンガ大賞を受賞してしまいました。


リンク:マンガ大賞2014


これ、ある人に薦められて、というかその人の部屋で見かけて読み始めたのですが、第1巻、始まって早々に出てくるウサギ狩りの何コマかで、もう私の中では名作決定でした。


でも、個人的にもっと引き込まれたのは、実は第二話(単行本だと43ページから)です。


主人公一家(4世代の大家族)の最年少である男の子が、近所に住む、えーと、ああいう人の職業は何と言うのでしょうか。建具とか欄間に彫刻する人のこと。日本なら「建具師」かもしれませんが、この人は柱とか肘木とか梁とか、何でも作るっぽいのですが、とにかくその人が彫り物をしている様子を、4~5歳くらいの男の子がじーっと見てるんですよ。

特に圧巻なのは、単行本の54ページから59ページ。

ただただ、彫り上がっていく美しい模様と、職人の手先、それを見つめる男の子だけが台詞もなく描かれている。

その描き込み方が素晴らしいという以上に、実は自分の子どもの頃の記憶がよみがえりました。


近所に、そういう彫り物をする建具師さんが住んでたんですよ。で、私も子どもの頃(この作品中よりもう少し大きかったのですが)、毎日とは言わないものの、たびたびお邪魔してはじーっとその様子を眺めてました。とても美しい、不思議なものが目の前で出来上がっていく---いいものを見られたなあ、と今でも思います。


その直後、家の作り方を説明する職人の台詞が、またいい。
(以下、引用中の改行は原文ママ)


まずこうやって
石を並べるだろ

石の上に
柱を立てる

柱の上に
肘木を
乗っけて……

肘木ってのァ
ここに付けんだ

柱の間に
扉を立てる

どっちに開くか
間違えねえ
ようにな

壁には
石とかレンガを
積む

ついでに
あれも一緒に
積んでおく

ここが
窓になる

肘木の上に
梁をかけて

2階を
作ったら

回廊に
手すりを
つける

落ちない
ようにな

(1コマだけ男の子との会話入る)

あとは
根太を回して
床板張って

天井
かけたら

そっからさきは
嫁さんたちに
任しておけば
いい

床にじゅうたん
敷いて

壁掛け
かけて

そうすりゃ
1軒
出来上がりだ

中庭には
ぶどうでも
植えるといいな


…… とても美しい、「人の生活」だと思いません?


ほかにも、この作品、素晴らしい要素がいろいろあるのですが、こんな話があるかと、たとえば市場で買い食いするだけで丸一話とってたりするところも圧倒的です。

電子版も出ていますが、やはり書籍版がお薦めです。

10:03 午前 アニメ・コミック・サブカル | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2014.03.27

# ちょっと面白いので埋め込んでみた

この記事で知りました。こーゆーの大好き。

リンク:キーボードを叩くだけで心地よい音楽と映像が生まれるWebサイト「Patatap」 | マイナビニュース

【追記】

ブログ全体を読み込むときちょっと時間がかかるようなので、このエントリはそのうち隠します。

10:46 午後 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2014.03.21

# IJET-25、プレイベント東京の開催報告

イベント目白押しの3月、開催報告その2です。


先週、3/15(土)には、IJET-25プレイベント東京が開催されました。

リンク:IJET-25 Pre-event in Tokyo | 第25回 英日・日英翻訳国際会議 東京大会

場所は渋谷のフォーラム8。JATのイベントをご存じの方には、TAC(東京活動委員会)の月例セミナーでおなじみの場所です。実は、今回のプレイベントはIJET-25とTACの合同イベントという位置付けだったからです。


第1部:ビンゴゲーム

第2部:ミニミニ・ビブリオバトル

第3部:川月現大さんによる講演

第4部:「ここが知りたい!IJET-25」

第1部は、ビンゴと言っても、よくあるあのビンゴとはちょっと違います。

あらかじめ配布しておいた紙に、5×5の25マスがあるのは同じですが、そこに数字ではなく「特許翻訳者である」とか、「JAT会員である」、「IJET実行委員である」、「オーストラリア人である」などという項目が書かれていて、しかも各マスにはサイン欄もあります。スタートしたら全員が、その紙を持って、各マスの条件に該当する人を会場内から探し出し、その人のサインをもらいます。そのサインが、縦横ななめいずれか1列そろったら「ビンゴ!」というしくみ。

つまり、イベントを始めるにあたり、最初に参加者どうし打ち解けてもらおうというIcebreakingのための趣向でした。

ビンゴ成立した方には、IJETとJATのTシャツや、基調講演にご登壇いただく村岡恵理さんの著書アンのゆりかご 村岡花子の生涯』などを差し上げました。


これでけっこう雰囲気がよくなってきたところで、続いてミニミニ・ビブリオバトル。

各自が自分の好きな本を持ち寄り、グループ内で紹介し合い、グループで代表者を選んでから全員の前でまた紹介してもらうというゲームです。私自身は、越前敏弥さん主催のイベントでこれを知りました。

本当のビブリオバトルは5分の枠で紹介するそうです。3分で行う「ミニ・ビブリオバトル」というのもあるそうで、1分というのはあまりに短いのですが、みなさんけっこううまく時間を使っていました。

参加は任意だったので、何人かは本をお持ちでない方もいましたが、本はなくても自分の好きな本を紹介している人もいました。また、紙の書籍ではなくKindleを使っていた人も数人いたのが印象的でした。


第3部は、私自身が授業のため中座したため、参加できませんでした。

実は、川月現大さんの話を聞きはぐったのは、これで3回目なんです。また何か機会があったら、お話ししてもらおうと思っています。


第4部として、IJET-25実行委員会(委員長、副委員長ら)がIJET-25を紹介し、当日に向けて雰囲気を盛り上げました。


プレイベント参加者は80人近く。最初のIcebreakingがうまくいったおかげで、プレイベントはなかなかうまくいったようです。これがIJET当日の参加者にうまくつながってくれることを期待しています。

私自身は、実行委員のひとりとして、名古屋、仙台、東京の3回に参加しました。

どの会でも、通訳者・翻訳者のみなさんがとても熱心なのが印象的でした。こちらで用意したプログラムやメッセージが、とてもしっかり伝わったように思います。具体的にIJET-25への参加を表明してくださった方も多く、実際、多くの人が申し込みを済ませてくださいました。

特に、JATイベントへの参加は初めて、あるいは

翻訳者が集まるイベント自体が初めて

という人もかなり多かったので、そういう方たちに向けて、通訳・翻訳コミュニティに参加するきっかけをお届けできたのは、大きい収穫だったと思います。


ちなみに、JAT会員のIさんは、4つ完全制覇してくださいました。

02:19 午後 JAT・JTF | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2014.03.19

# シンポジウム&大オフ開催報告

いやもー、予想どおり3月はイベント続きでブログの更新もなかなか手が回りませんでした。

開催報告その1です。

予告どおり、3/8(土)に翻訳フォーラムのシンポジウム&大オフを開催しました。


そのときの様子は、簡単ですがこちらにまとめられています。

リンク:翻訳フォーラム・シンポジウム2014


また、シンポジウムのPart 2「辞書とコーパス」だけは、ストリーミング画像がアーカイブされています。回線状態がかなりよかったので、内容がわかるくらいクリアに録れています。

リンク:翻訳フォーラム・シンポジウム2014, 2014/03/08
(5分20秒あたりから始まります)

Part 3「フォーラム式翻訳ワークショップ」について、今回はご存じなかった人が多いと思うので、少し補足しておきます。


というか、あの形式について当日もう少し説明が必要だったと、というのが幹事一同の反省でした。


あの勉強会は、ふだん産業翻訳をやってる私たちが、気まぐれに文芸翻訳をやってみた、というものではありません


文芸でも産業でも、翻訳の根っこは同じ


というのが、ふだんあの勉強会に集まるメンバーの認識で、つまりは自分のスキルを上げるための勉強です。伊達や酔狂で素材を選んでいるわけではありません。


実際、「視点」とか「視点の移動」というのは、翻訳にかぎらず読みやすい文章を書くうえで不可欠の要素です。当日なんども話題になった「切れ目感」とか「つながり」は、どんな翻訳でも意識して当然であり、特にTrados使いは常に気にとめていなければなりません。


そういうわけで、4月から予定している「めだかの学校(仮称)」では、当然ながら文芸以外の素材も扱います。

間もなく発表できるはずですので、興味のある方はフォーラムMLでの告知をお見逃しなく。

06:45 午前 翻訳・英語・ことば | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2014.03.06

# きみは「オージュアル」を知ってるか?!

先日、同業者の某氏から、このブログの右カラムについて

「帽子屋のAV棚」って、どんなAVが載ってるのかと思った……

と言われました。彼が言う「AV」というのが「アダルトビデオ」を指すというのは、某氏を知っている人なら全員が納得できることでしょう。


たしかに、今どき「AV」って書いたら、"Audio Visual"とはあまり思われないかもな、と思いながら、ふと思い出した単語があります。

オージュアル

綴りはAusual だったかAudual だったか、いずれにしても、もちろん和製の造語でしょう。

で、造語したのはおそらくソニー。


「オージュアル」って、みなさん記憶にあります?

ググッてもそれっぽい資料が見つからないから、ほんっと一瞬だったんだろうと思います。

80年代の、たぶんまだ前半でしょう。

なにしろ、私が最初のビデオデッキ、当然ながらβマシンを使っていたときの話です。フロントローディングでさえない頃の機種でした。


当たり前だけど、BSもCSもありませんでした。

水野晴郎も淀川長治も現役で解説してて、ただしテレビでやる映画といえば、NHKを別とすればぜんぶカットされてるのが当然という時代でした(唯一の例外が黒澤映画で、黒澤は自分の映画のカット放映を絶対に許さなかった)。


それでも、そんなぶつ切り映画だろうと、片っ端から録画して日々コレクションを作っていたわけですが、あるとき、ソニーが画期的な放送企画をぶち上げたんですよ。なんと、

10週連続、ノーカット、ノーCM

で有名映画を流すという、当時にしたら大興奮です。もちろんぜんっぶ録画しました。ラインアップなんだったかなぁ。『マイ・フェア・レディ』、『男と女』、『真夜中のカーボーイ』あたりがあったのは覚えてるんだけど....

あー、あったあった。

リンク:名作洋画ノーカット10週 of DVD CINEMA SALON

これです。そうそう、1stシーズンと2ndシーズンで、結局20本やったんだ。それから、ノーCMじゃなく、「CMは途中1回だけ」でした。


で、その放映中に流れたソニーのコマーシャルで使われてたのが、

オージュアル

だったわけです。

今の「午前十時の映画祭」にも通じますが、その後いちどもソフト化されていない『Let It Be』が入ってるのがスゴいですよ。

06:46 午前 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加