« # シンポジウム&大オフ開催報告 | トップページ | # ちょっと面白いので埋め込んでみた »

2014.03.21

# IJET-25、プレイベント東京の開催報告

イベント目白押しの3月、開催報告その2です。


先週、3/15(土)には、IJET-25プレイベント東京が開催されました。

リンク:IJET-25 Pre-event in Tokyo | 第25回 英日・日英翻訳国際会議 東京大会

場所は渋谷のフォーラム8。JATのイベントをご存じの方には、TAC(東京活動委員会)の月例セミナーでおなじみの場所です。実は、今回のプレイベントはIJET-25とTACの合同イベントという位置付けだったからです。


第1部:ビンゴゲーム

第2部:ミニミニ・ビブリオバトル

第3部:川月現大さんによる講演

第4部:「ここが知りたい!IJET-25」

第1部は、ビンゴと言っても、よくあるあのビンゴとはちょっと違います。

あらかじめ配布しておいた紙に、5×5の25マスがあるのは同じですが、そこに数字ではなく「特許翻訳者である」とか、「JAT会員である」、「IJET実行委員である」、「オーストラリア人である」などという項目が書かれていて、しかも各マスにはサイン欄もあります。スタートしたら全員が、その紙を持って、各マスの条件に該当する人を会場内から探し出し、その人のサインをもらいます。そのサインが、縦横ななめいずれか1列そろったら「ビンゴ!」というしくみ。

つまり、イベントを始めるにあたり、最初に参加者どうし打ち解けてもらおうというIcebreakingのための趣向でした。

ビンゴ成立した方には、IJETとJATのTシャツや、基調講演にご登壇いただく村岡恵理さんの著書アンのゆりかご 村岡花子の生涯』などを差し上げました。


これでけっこう雰囲気がよくなってきたところで、続いてミニミニ・ビブリオバトル。

各自が自分の好きな本を持ち寄り、グループ内で紹介し合い、グループで代表者を選んでから全員の前でまた紹介してもらうというゲームです。私自身は、越前敏弥さん主催のイベントでこれを知りました。

本当のビブリオバトルは5分の枠で紹介するそうです。3分で行う「ミニ・ビブリオバトル」というのもあるそうで、1分というのはあまりに短いのですが、みなさんけっこううまく時間を使っていました。

参加は任意だったので、何人かは本をお持ちでない方もいましたが、本はなくても自分の好きな本を紹介している人もいました。また、紙の書籍ではなくKindleを使っていた人も数人いたのが印象的でした。


第3部は、私自身が授業のため中座したため、参加できませんでした。

実は、川月現大さんの話を聞きはぐったのは、これで3回目なんです。また何か機会があったら、お話ししてもらおうと思っています。


第4部として、IJET-25実行委員会(委員長、副委員長ら)がIJET-25を紹介し、当日に向けて雰囲気を盛り上げました。


プレイベント参加者は80人近く。最初のIcebreakingがうまくいったおかげで、プレイベントはなかなかうまくいったようです。これがIJET当日の参加者にうまくつながってくれることを期待しています。

私自身は、実行委員のひとりとして、名古屋、仙台、東京の3回に参加しました。

どの会でも、通訳者・翻訳者のみなさんがとても熱心なのが印象的でした。こちらで用意したプログラムやメッセージが、とてもしっかり伝わったように思います。具体的にIJET-25への参加を表明してくださった方も多く、実際、多くの人が申し込みを済ませてくださいました。

特に、JATイベントへの参加は初めて、あるいは

翻訳者が集まるイベント自体が初めて

という人もかなり多かったので、そういう方たちに向けて、通訳・翻訳コミュニティに参加するきっかけをお届けできたのは、大きい収穫だったと思います。


ちなみに、JAT会員のIさんは、4つ完全制覇してくださいました。

02:19 午後 JAT・JTF |

はてなブックマークに追加

« # シンポジウム&大オフ開催報告 | トップページ | # ちょっと面白いので埋め込んでみた »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13481/59330188

この記事へのトラックバック一覧です: # IJET-25、プレイベント東京の開催報告:

コメント

コメントを書く

## コメントは承認制なので、公開されるまでに時間のかかることがあります。



(必須ではありません)