« # サン・フレアさん、単発セミナーと通常講座 | トップページ | # 翻訳勉強会「十人十色」広島・大阪出張編 »

2013.05.18

# 「日本翻訳ジャーナル」5/6月号

前回の3/4月号についてのエントリが、まだ「最近の記事」から消えてませんね。ってことは、この2カ月間でブログの更新がそれだけ少なかったということ。いけませんねぇ。


ジャーナルも、新年度がスタートしました。

連載コラムは、遠田和子さん、テリー斉藤さん、私の3人が継続。残りの2つは、新たに矢能千秋さんと矢野直子さんのコーナーが始まります。

・矢野直子 presents 「Lost in Translation Company」

・矢能千秋 presents 「人間翻訳者の仕事部屋」

お二人とも、強力で頼もしい存在であり、今までのコーナーになかった切り口をお読みいただけると思います。


私のコーナーには、京都在住の翻訳者、渡部優一さんが登場。昨年の春、通翻クラスタで一緒に高尾山に登った直後に、あまりにも軽々と京都に転居なさったので、その後どんな翻訳ライフを過ごしているのか、私自身が知りたくてお願いしました。

これを皮切りに、私の「フリースタイル、翻訳ライフ」は、しばらく

関西シリーズ

が続く予定です。

10:34 午後 翻訳・英語・ことば |

はてなブックマークに追加

« # サン・フレアさん、単発セミナーと通常講座 | トップページ | # 翻訳勉強会「十人十色」広島・大阪出張編 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13481/57414608

この記事へのトラックバック一覧です: # 「日本翻訳ジャーナル」5/6月号:

コメント

コメントを書く

## コメントは承認制なので、公開されるまでに時間のかかることがあります。



(必須ではありません)