« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013.03.20

# 翻訳者のための正規表現~置換その1

シリーズ、かなり間が空いてしまいました。

前回までで、検索の基本パターンはひととおりご紹介しました。次は、翻訳者にとって実際に活用する場面が多い

置換

に進もうと思っていたのですが、置換の話をどこから始めたらいいか、ずっと悩んでいたというのも間が空いた理由のひとつです。


いきなり難しくなるかもしれませんが、実用本意で始めてみることにします。

基本その2で、実用パターンとしてこれを挙げました。

行な[わいうえおっ]

送りがなに「な」を含む動詞「おこなう」の、すべての活用形を検索するパターンです。


では、このすべての出現箇所について

「な」を削除して、「行わ、行い、行う、行え、行お、行っ」にしたい

場合、どんな置換を指定すればいいのでしょうか。

今までの基本知識を総動員すれば、

1303201

となりそうですが、これは失敗します。自分で試してみてください。


正規表現を使う置換で多くの人がつまずくポイントのひとつは、ここなんではないかな、と実はひそかに思っています。つまり、正規表現の指定パターンが、

検索文字列と置換文字列で同じではない

というその1点です。


上の例で言うと、

行な[わいうえおっ]

のカッコ内は「わ、い、う、え、お、っ」のいずれか、というだけで、つまり順序はありません。だから、置換文字列に

行[わいうえおっ]

と指定しても、順序が決まっていない以上、勝手に置換するわけにはいかないのです。


ではどうするかというと、

検索文字列のなかで、置換する部分と、そのままにしておく部分を切り分ける

という発想をします。つまり、上の例であれば、

行な[わいうえおっ]

のなかで、

行な

の部分は置換するが、送りがなに当たる

[わいうえおっ]

の部分は置換せずそのまま残す、わけです。


そうすると、必要になるのは

検索文字列をパートに切り分け、その各パートを置換文字列のなかでA、B...のように参照する

ことです。わかりにくいと思いますが、続けます。


秀丸エディタの正規表現の場合、パートの切り分けに使うのが

¥f

という記号です(半角の円記号と半角のf)。上の例であれば、

行な¥f[わいうえおっ]

と指定します。これで、検索文字列は 行な [わいうえおっ] の2パートに区切られました。

そして、¥fで区切られた各パートを、置換文字列のなかでは

¥0、¥1、¥2...

で表します(半角の円記号と半角数字)。0で始まるところがちょっとイヤンかもしれませんが、

行な = ¥0
[わいうえおっ] = ¥1

と対応することになります。そこで、

¥0 のパート → だけに置換する
¥1 のパート → そのまま残す

という置換を指定すればいいことになります。実際のダイアログでは、

1303202

こうなります。赤下線のバートが

行な = ¥0 → 行

青下線のパートが

[わいうえおっ] = ¥1 → そのまま

ということになるのですが、わかっていただけたでしょうか。


ただし、今回ご紹介したのは秀丸エディタに固有の指定方法であり、Perl などでも使える汎用性の高い指定方法は別にあります。ただ、この指定方法はわりと直感的かなーと個人的に思っているので、ひとまずそれを紹介しました(というか、しばらく前のバージョンの秀丸エディタでは、これしか使えなかった)。



【今回のまとめ】

●検索文字列と置換文字列で正規表現の指定は同じではない

●[a-z] や (エディタ|エディター) などを検索文字列には指定できない

●検索文字列をパートに区切る記号は ¥f

●¥f で区切った各パートは ¥0、¥1、¥2... で参照する


【すぐに使える実用的なパターン】

検索文字列:[0-9a-zA-Z]\f ¥f [ァ-ヶーぁ-ん亜-熙]
置換文字列:¥0¥2

  ……半角文字と全角文字の間の半角スペースを削除

※解説が必要かもしれません。次回で解説します。

03:22 午前 翻訳者のPCスキル | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2013.03.19

# お墓参りしてきました

高橋家先祖代々の墓

というのが、わりと近所にあって、このお彼岸に久しぶりにお墓参りに行ってきた。


どのくらい久しぶりかというと、家内と、まだ小さかった長男を連れて一度だけ参った記憶があるので、おそらくこの二十何年間で二度目。とんでもないご先祖様不孝だ(幸いウチは実父母が健全なので、私は墓守をいまだ免れている)。

墓石は記憶にあるとおり古くからのものだったが、墓所全体は新しくきれいになっていた。両側には初めて見る墓誌が立っていて、文化だか文政あたりの年号から始まって、ご先祖様の名前が刻印してある。


その一番左端は、死んだ妹の名だった。3歳で死んだので、戒名は「○○童女」だ。


反対側には、まだ名前がひとつも彫られていない墓誌があって、いずれ自分の名前もそこに刻まれるのか、と今さらながら気づいた。

順当にいけば、そのまっさらな墓誌に最初に刻まれるのは、父か母の戒名のはずだが、まちがって自分が先頭になるとも限らない。

やはり、日本人には墓参り、必要だね。

今年、ようやくお墓参りに出かけたのには、実は理由があります。


20歳代で脛を骨折しました。2006年に腎臓を摘出しました。2009年に大腿骨を折りました。

そのほか、こどもの頃に錆釘を踏み抜いたのも足でした。


ふと気づいたら、不調がみんな身体の左半身に集中してる ――― ってなことを、しばらく前にツイートしたら、誰かが、こんなことを教えてくれたのでした。

「ご先祖様を大切にしていないと、左半身に病気・怪我が現れる、らしい」


なんかもう、深くうなずいてしまって、今日久しぶりにお会いしたご住職にも、「これからは頻繁に参ってやってください」と言われてしまいました。


はい。これからは、欠かさず参るようにいたします。次は、子どもらも連れてきます。

11:21 午前 日記・コラム・つぶやき | | コメント (2) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2013.03.17

# 勉強会「十人十色」のイベント告知

Facebook 上には、通訳者・翻訳者のグループがいくつかあります。

翻訳者の自主的な勉強会グループ「十人十色」もそのひとつです。

リンク: http://www.facebook.com/groups/339270169513730/

もともとは、「仕事のしかたは、まさに十人十色。その様子をお互いに見せあったら、けっこう参考になるのではないか」という趣旨で始まりましたが、その後は、いろいろとテーマを決めてさまざまな勉強会を実施しています。


その「十人十色」の、これから数か月のイベントを告知しておきます。

十人十色:座談会「仕事と子育ての両立」
 ・3/17(日)14:00~

今日の午後です。
http://www.facebook.com/events/127408050775239/?ref=3

タイトルどおりの座談会ですが、不肖私めが司会進行役を務めます。YouTube 生放送のみ、アーカイブなし。
放送のURLはこちら。

http://www.youtube.com/user/terrysaitojp


十人十色:Felixセミナー
 ・3/20(水・祝)

http://www.facebook.com/events/127380904101432/

翻訳支援ツール Felix の紹介とハンズオンです。以前、同じ十人十色で小規模に実施されたのですが、私が参加できなかったので2回目の開催を熱望し、規模を大きくして実施されることになりました。翻訳センターさんの1室をお借りするので、人数にはまだ余裕があります。


十人十色:正規表現入門セミナー
 ・4/23(火)

http://www.facebook.com/events/521359021250303/

以前から要望の多かった正規表現についてのセミナー。これもハンズオンを中心にする予定です。詳しくは、また別エントリでもご紹介する予定です。こちらは残席にあまり余裕がないかもしれません。

Facebookグループ「十人十色」には、承認制で、どなたでもご参加いただけます。

今まで横のつながりが難しかった翻訳者どうしが、SNSで簡単に知り合えるようになりましたが、十人十色は、そのなかでも具体的に自分のスキルアップにつながる場です。参加ご希望の方は、グループページ(http://www.facebook.com/groups/339270169513730/)からどうぞ。


ちなみに、5月中旬には、広島・大阪でも十人十色出張イベントを開催する予定です。詳報はFacebookで。

11:02 午前 翻訳・英語・ことば | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2013.03.11

# 訃報 - 納谷悟朗

ついに、ついにこの日が来てしまいました。

リンク: 訃報:納谷悟朗さん83歳=俳優、銭形警部役などの声優- 毎日jp(毎日新聞)

このブログを始めてからだけでも、大物の声優さんが次々と鬼籍に入られましたが、「ついにこの日が……」と言いたくなるほど、超弩級の大物声優。

「代表作は~」などと簡単には書けないほど、アニメや特撮、洋画の吹き替え、いやいや日本のありとあらゆる映画テレビ界で、私が物心ついた頃から第一線で活躍しつづけたその存在感は、あまりに大きかった。

あえて私の記憶に残る一作を挙げるとすれば、『銀河英雄伝説』アニメ版のウィリバルト・ヨアヒム・フォン・メルカッツを推したいところです。


でも、ここはやはり、沖田艦長として、すでに別宇宙の住人となった古代進を督励していただくか、あの世でもやはり「ルパ~ン!」というあの声で山田康雄を追いかけていただくのがふさわしいでしょう。

ああ、そうです。パイソンズとして、青野武、広川太一郎と掛け合いをやっていただくのも大歓迎です。


心よりご冥福をお祈りいたします。

01:31 午後 映画・テレビ | | コメント (4) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2013.03.08

# 「日本翻訳ジャーナル」3/4月号

「日本翻訳ジャーナル」の3/4月号が発行されました。


リンク: JTF 日本翻訳ジャーナル 3/4月号

Ph_journal_new_34

巻頭特集は、十印さんの50周年。老舗だけあって、今の翻訳業界には、こちらの会社と何らかの縁のある人が少なくありません。「十印五十年史」は、昭和中期の記録も含めて貴重な資料になりそうです。

ちなみに、この「十印五十年史」を担当しているポパル明くん、なかなか楽しい好青年です。


私のコーナー「フリースタイル、翻訳ライフ」には、いつもハイテンションで走り抜けている松丸さとみさんが登場。執筆内容も元気に走っていらっしゃいます。

ジャーナルは、いつもどおり

全編無料でダウンロード

できますので、ぜひお読みください。

ちなみに、日本翻訳ジャーナルに、テリー斉藤さんや遠田和子さんらとともに私も編集委員として携わり、今のようなコラム担当制になってからちょうど1年が経過しました。その間に6号が刊行されたので、私のコーナーにも6人の翻訳者の方にご登場いただきました。

ご執筆いただいた歴代のみなさま、この場を借りて改めてお礼を申し上げます。m(__)m

次号から、コラムは一部構成を変えますが、私のコーナーはもうしばくこのまま続く予定です。このコーナーに

ご自分の翻訳者ライフ

を書いてみたい、という方がいらっしゃいましたら、いつでもお声をおかけください。

11:27 午後 翻訳・英語・ことば | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加