« # 「日本翻訳ジャーナル」3/4月号 | トップページ | # 勉強会「十人十色」のイベント告知 »

2013.03.11

# 訃報 - 納谷悟朗

ついに、ついにこの日が来てしまいました。

リンク: 訃報:納谷悟朗さん83歳=俳優、銭形警部役などの声優- 毎日jp(毎日新聞)

このブログを始めてからだけでも、大物の声優さんが次々と鬼籍に入られましたが、「ついにこの日が……」と言いたくなるほど、超弩級の大物声優。

「代表作は~」などと簡単には書けないほど、アニメや特撮、洋画の吹き替え、いやいや日本のありとあらゆる映画テレビ界で、私が物心ついた頃から第一線で活躍しつづけたその存在感は、あまりに大きかった。

あえて私の記憶に残る一作を挙げるとすれば、『銀河英雄伝説』アニメ版のウィリバルト・ヨアヒム・フォン・メルカッツを推したいところです。


でも、ここはやはり、沖田艦長として、すでに別宇宙の住人となった古代進を督励していただくか、あの世でもやはり「ルパ~ン!」というあの声で山田康雄を追いかけていただくのがふさわしいでしょう。

ああ、そうです。パイソンズとして、青野武、広川太一郎と掛け合いをやっていただくのも大歓迎です。


心よりご冥福をお祈りいたします。

01:31 午後 映画・テレビ |

はてなブックマークに追加

« # 「日本翻訳ジャーナル」3/4月号 | トップページ | # 勉強会「十人十色」のイベント告知 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: # 訃報 - 納谷悟朗:

コメント

ああとうとう、とため息しか出ません。
銭形警部も終わり頃はちょっと苦しそうでしたから。

ちなみに、私にとっての刷り込みはクレイン艦長です。

投稿: みっち | 2013/03/11 20:48:36

クレイトン艦長... シービュー号ですか。うんうん。

私にとって初・納谷悟朗って何だろ、特に「初」の印象はないなぁ。子どもの頃からもう、当たり前のようにテレビから流れてくる声、だった印象があります。

あ、はっきり名前を意識したのは、たぶん『怪獣大戦争』でニック・アダムスの声を当ててたやつかな。パンフレットで「納谷悟朗」という名前を見た記憶があります。

投稿: baldhatter | 2013/03/11 20:54:05

子どものころ、チャールトン・ヘストンと銭形警部が同じ声だと知ったときはちょっと不思議でした。(俳優は二枚目と三枚目がわりとはっきりわかれてますが、声優は同じ人が両方やるんだなと)
ちょっとおもしろかったのは、「ジョン・クリーズが…」とつぶやいてる人がいて、自分は一瞬ジョン・クリーズまで死んだのかと思ってしまいました(つまりそれだけ印象に残る仕事をされていたということですね)

投稿: おじゃま丸 | 2013/03/13 11:58:52

おじゃま丸さん、そうそう。

外国映画の吹き替えとアニメの吹き替えって、印象違いますよね。山田康雄のイーストウッド/ルパン三世もそうでした。わかってしまうと納得できたりもするんですが。

投稿: baldhatter | 2013/04/10 8:55:08

この記事へのコメントは終了しました。