« # 研究社『日本語表現活用辞典』、Jammingでは「連続表示」に | トップページ | # 「無生物主語」をめぐる珍訳、その1 »

2012.08.30

# 研究社『日本語表現活用辞典』の実際

前エントリでNestさんからもリクエストがありましたので、この辞書を使ってみるとどうなるか、ちょっと試してみました。

比較対象としたのは、これより後に買った『てにをは辞典』です。
(参考エントリ:)禿頭帽子屋の独語妄言 side A: # 『てにをは辞典』(三省堂)

まず、自分が引いてみたい単語をランダムにひいてみました。以下、辞書名は「表現活用」、「てにをは」と略します。

一意
表現活用:エントリなし。全文検索でもヒットなし。
てにをは:~▲的に 定まる

固有
表現活用:エントリなし。全文検索で「固有の文化と外来の文化~」という例文あり。
てにをは:▲の 色。名。文化。方法。文字。領土。

金銭
表現活用:エントリなし。全文検索ではいくつかの項目がヒット。
てにをは:▲が 介在する。絡む。▲を 預かる。あなどる。失う。……▲で あがなう。▲に 困窮する。……


これでわかるように、そもそも項目数にだいぶ差があります。

「表現活用」は、前書きにこう書いてありました。

「1 級語彙表 10,000 語」を中心に適宜、選択・補充し、動詞 1180 語、形容動詞類(「~の」の形で形容動詞に準じた働きをするものも含め)364 語、併せて 1544 語

つまり、項目数は12,000弱。そして、研究社さんのサイトによると、例文は約25,000。

一方の「てにをは」は、
・見出し数35,000語
・結合語のべ600,000


それから、全文検索は、Jammingではもちろんのこと、Logophileでインデックスを作るとき[全文]もチェックしたのですが、やはり使えていません。「固有」と「金銭」についてヒットしたのは、LogoVistaの辞典ブラウザを使った場合です。

しかも、

1208291
(「固有」を全文検索した結果)

1208292
(「金銭」を全文検索した結果)

このように、全文検索でヒットはするものの、それがいったいどの項目に載っているのか、すぐにはわからないという欠点があります。例文の中から共通の語彙を探すと、前者は「混ざる」の例文、後者は「考える」の例文であることがやっとわかります。


ということで、『てにをは』辞典で重宝しているような使い方を「表現活用」に求めることは、ちょっとできない感じ。少し違う使い方があるのかなぁ。

03:22 午前 辞典・事典 |

はてなブックマークに追加

« # 研究社『日本語表現活用辞典』、Jammingでは「連続表示」に | トップページ | # 「無生物主語」をめぐる珍訳、その1 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13481/55538099

この記事へのトラックバック一覧です: # 研究社『日本語表現活用辞典』の実際:

コメント

コメントを書く

## コメントは承認制なので、公開されるまでに時間のかかることがあります。



(必須ではありません)