« # 高尾山に登ってきた | トップページ | # 『テルマエ・ロマエ』映画版 »

2012.04.28

# 嫌いなインターフェースの話 - その2

2年ほど前に、「# 嫌いなインターフェースの話 - Esc で閉じないダイアログ」というエントリを書きました。

今回はその続きです。


ダイアログを閉じて順次検索ができない

わかりますよね、この機能。

たとえば秀丸エディタなら、[F3]キーでまず検索ダイアログが開きますが、その後はダイアログを閉じても[F3]で検索が続けられます。

Word(2003)でも[Ctrl]+[PageDown]で順次検索していくことができます。Word 2010の場合、検索ペインを開いているとダメですが、検索ペインを閉じれば同じキーが有効でした。

ちなみに、この機能が使えるアプリケーションでは、逆方向への検索もたいてい可能で、秀丸エディタなら[Shift]+[F3]、Wordなら[Ctrl]+[PageUp]です。

ところが、検索ダイアログを閉じてしまうと順次検索のできないアプリケーションがけっこうあります。

Internet Explorerがそうでした(最近のバージョンは知らない)が、私が関わる範囲ではなんと言ってもTrados TagEditorが筆頭。検索と修正を何度も繰り返すことが多い工程では、ストレス最大。


Windows標準のカーソル移動が使えない

Wordでも秀丸エディタでも、標準的なWindowsアプリケーションであれば、[Ctrl]キーを押しながらカーソルキーを使うと、単語単位でカーソルが移動します(単語の区切り方はアプリケーションによって異なりますが)。たとえば

直前に使っていたファイルをもう一度開くには、[アプリケーション・ナビゲータ]の最下部にある[...]ボタンをクリックして[最近使ったファイル]をクリックします。

というセンテンスであれば、Word上で先頭から[Ctrl]キーとカーソルを使えば、

直前/に/使って/いた/ファイル/を……

のような区切りで進むので、カーソルの移動が通常よりかなり速くなります。

ところが、クライアント指定で使わざるをえない某アプリケーションでは、同じように先頭から[Ctrl]キーとカーソルを使っても、どういうわけか

直前に使っていたファイルをもう一度開くには、[アプリケーション・ナビゲータ]の最下部にある[

まで一気に飛んでしまいました。

単語選択などの操作もほとんどキーボードのみで進める私にしてみたら、これは最悪です。

10:08 午前 パソコン・インターネット |

はてなブックマークに追加

« # 高尾山に登ってきた | トップページ | # 『テルマエ・ロマエ』映画版 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13481/54577175

この記事へのトラックバック一覧です: # 嫌いなインターフェースの話 - その2:

コメント

コメントを書く

## コメントは承認制なので、公開されるまでに時間のかかることがあります。



(必須ではありません)