« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012.03.28

# 最近のヘビーローテーション

日米どっちのAmazonでも品切れですが、

最近この1枚をよく聴いてます。

どんなジャンルとも言えず、この1枚についてもアーチストについても情報がほとんどなく、作曲者のKlaus Zundelについての記事が辛うじて英語版Wikipediaに載っているくらいです。

特に気に入っているのは、最後の "Don't Be Afraid" という曲で、そもそもこの曲が別のCDに入っていたのを聴いたのがきっかけでした。それがこちら。

ヴァネッサ・メイも小野リサも、なぜかサンダーバードのテーマ曲も入っているという変な1枚です。こちらもよく再生しています。

ちなみに、Don't Be Afraid は、ニコニコのこの動画で聴くことができます。

【癒し】時のかけら〜ヒーリング音楽名曲集〜【BGM】 ‐ ニコニコ動画(原宿)

この中の8曲目です。


One Little Creatureというのは、要するにClaus Zundelが単発でやったプロジェクトだったようですが(1998年)、渡辺謙が主演した『御家人斬九郎』という時代劇の最終回で、実に効果的に使われていました(たぶん2曲目か3曲目)。しかも、こちらサイトによれば、

リンク: 読書日記と着物あれこれ : 御家人斬九郎 最終回「最後の死闘」/斬九郎編(1)

渡辺謙が自ら選曲した(実は最終回は監督も務めた)そうなので、当時も知る人ぞ知る存在だったのかもしれません。

ちなみに、同じこの最終回、クライマックスのBGMはQueenの "Show Must Go On" という、なかなか異色で最高にかっこいい選曲でした。


私が時代劇専門チャンネルで見たときは、どちらもこのBGMでしたが、前掲のサイトさんによれば、その後の再放送ではどちらも使われていないそうで、何とももったいない話です。

06:55 午前 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2012.03.25

# アルパカもふもふしてきた

娘二人がこのゲームのファンで、

その二人の希望で、こんなツアーに行ってきました。

リンク: もふもふアルパカ牧場で自然とアルパカふれあい体験ともぐもぐ森のビール園バイキング / H.I.S. 国内旅行

・お菓子の城・那須ハートランドでアップルパイ作り
・那須の森ビール園でバイキングランチ
・アルパカ牧場で、もふもふと餌やり

前日から朝までは雨続きですが、自他ともに認める雨男たる私の長女が、どうしたことか天下の晴れ女。現地に着く頃は曇から最終的には陽が差して、雪の残る那須連山も望めるくらいにまで回復しました。

12032413


アップルパイ作りと言っても、時間の制約があるので、ウチの末っ子から見れば「ままごと」みたいな体験教室。

1203241

こんな風にセッティングされてるのを仕上げるだけですが、まあ誰がやっても失敗しないという無難な設定。

1203242

この体験施設が併設されている「那須ハートランド」は、観光地によくある土産物店ですが、お菓子の製造工程を見学できるようになっていて、いろいろな営業努力が感じられます。

1203243


ランチは、サッポロライオンが経営するビール園のバイキング。

1203246

ツアーのコースにはソフトドリンクしか付きませんが、別料金で当然ビールは飲めるようになっていて、

1203245

こんなカウンターで、マイスター? のおじさんが、きれいな泡を立てて注いでくれます。思わず、

・プレミアムホワイト白穂乃香
・エーデルピルス生
・琥珀ヱビス

と、昼間っから立て続けにいただいちゃいました。料理も美味しかった。


那須アルパカ牧場は、関東近郊では原産地ペルーの環境にいちばん近いということで、標高1000メートルを超えるこの地が選ばれたんだとか。

12032411

ちょうどこの日も、晴れ間はのぞいたものの風に向かうと呼吸困難になるくらいの強風が吹いていて、気温も5℃前後という寒さ。ちょっとだけ現地を想像できるような天候でしたが、ペルー出身で陽気なガイドのホルヘさんによれば、当たり前ですが現地の寒さはこんなもんじゃないそうです。

1203249

アルパカはぜんぶで400頭以上。よくテレビで見る白いのだけでなく、いろんな色の固体がいます。

1203248

こんな風に、もふもふの毛にブラッシングさせてもらったり、

12032412

餌をやったりできます。人なつっこく、山羊や羊より扱いやすい感じですが、お尻のほうを触られるのはいやがるのだとか。

12032410

この固体はクラレのCMにも登場した子なので、写真撮影に慣れています。


アルパカの毛ってたしかに、羊よりもっと "もふもふ" してますね。ちなみに、この牧場のアルパカの毛でセーターを作ってもらえるそうですが、値段は15万円くらいでした。


子どもの希望に付き合った形ですが、ツアーのスケジュールもゆったりしていたので、久しぶりにのんびりとした休日を過ごしました。

04:41 午後 旅行・地域 | | コメント (5) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2012.03.22

# 分煙・禁煙じゃなくコーヒーも飲めない飲食店

仕事の関係で、朝もはよから東京オペラシティなどというハイカラな場所に行ってきました。

そのランチタイム、東京でも久しぶりに「それはねぇだろ」と言いたくなる飲食店に遭遇したので、実名入りでさらすことにします。

この店です。

リンク: ステーキハウスTEXAS / 店舗案内 (オペラシティ店)

まず、日替わりランチ 900 円というのを頼んだときの会話。

私「コーヒーとか、付きますか?」
店員「いえ、付きません」
私「じゃ、追加でいいので、コーヒー付けてください」
店員「ちょっとお待ちください」
(その場を離れて、別の店員と二言三言)
店員「すいません、1時まではコーヒーありません」
私「え?……もしかしてコーヒー自体がないってことですか?」
店員「はい」

この時点で店を変えるべきだったけど、時間がなかったのでそうしなかった。それが敗因でした。

まさか、こともあろうに、こんな洋食系の店で

ランチタイムに限ってコーヒーがない

なんて思ってもみませんでした。ってか、そんな店、後にも先にも初めてです。


しかたがないので、味自体は可もなく不可もないランチを、水だけで食していたら、まず右隣のサラリーマンさんがタバコに火をつけ、しばらくすると、左隣のOLさんが二人ともカチリ、カチリ。

なんとこの店、新宿区というこんな立地の施設にあって、禁煙でも分煙でもありませんでした。そう言えば、テーブルに灰皿がある...

オペラシティのサイトにあるページを見たら、
リンク: 東京オペラシティ | レストラン&ショップ、サービス施設

こう書いてありました。

月曜の11:00~13:00まで全席禁煙 その他平日、土日祝は喫煙可

今どきだと、「ふだんは喫煙可、ランチタイムは禁煙」ってのが一般的だろうと思うのですが、なんでしょうね、この

月曜だけランチタイム禁煙

という半端な設定は。

最近は、こんな店も出現しているわけですが、

リンク: 全席喫煙の喫茶店: 山と鉄馬とDIYと

逆に、

禁煙でも分煙でもないなら、店頭にはっきりそう書いとけ

と思います。

11:17 午後 日記・コラム・つぶやき | | コメント (9) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

# 訃報 - 石黒昇

リンク: 朝日新聞デジタル:アニメ監督の石黒昇さん死去 「宇宙戦艦ヤマト」演出

経歴として筆頭にあがるのはヤマトでしょうが、やはり私としては、このシリーズをいちおう最後まで一定のクォリティで完成させてくれた功労者と言いたいところです。

今頃はきっと、どこか遠くの宇宙で、故・富山敬とイスカンダルやイゼルローン要塞の思い出を熱く語り合っていることでしょう。謹んでご冥福をお祈りいたします。

01:16 午前 アニメ・コミック・サブカル, 社会・ニュース | | コメント (1) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2012.03.20

# 「東宝特撮映画DVDコレクション」、ついに完結

No.55の『透明人間』で有終の美を飾るはずだったのに、何がどうなったのか10巻分の "シリーズ延長" が決まった本シリーズも、No.65 のこれで、ついに完結を迎えました。

Issue_65_1

クレージー・キャッツのいったいどこが特撮映画やねん、と突っ込まれそうですが、一部に特撮が使われていて、ちゃんと特技監督として故・円谷英二がクレジットされています。

シリーズ最終作に相応しいのかどうか、まだ見てません。ちなみに、この間のラインアップについては一度も記事を書いてませんが、どうなるか未定です。

隔週刊で65冊。お疲れ様でした ← 自分。

02:26 午後 映画・テレビ | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2012.03.08

# 「バルサの食卓」風お弁当

ここに料理ネタを出すのは珍しいのですが(最近、末っ子の作品を Facebook に載せることはよくありますが)、今回は本の紹介も兼ねてのエントリ。

小学校最後の遠足(社会科見学)に、末っ子が作ったお弁当です。

1203081

元ネタになったのは、この本。

上橋菜穂子さんの「守り人」シリーズは、「出てくる料理がなぜだか美味しそう」と以前から定評があって、そのいろいろな(架空の)食べ物を、あの「南極料理人」のチームが再現してみたというレシピ本です。

親が奨めたらたちまちこのシリーズのファンになった末っ子、しかも今は料理にも夢中なので、当然のようにこの本も熟読しています。そんな彼女が、小学校最後の弁当ということで、この本の中のメニューを作ってみたいと言い出した次第。

以下はもちろん、私が詳しく知ってるわけではなく、末っ子が出かけた後にこの文庫本で確認した内容です。

左から順に、

- 十五穀米のおにぎり(ビーフジャーキーの甘辛煮入り)
- 里芋コロッケ
- (これは関係ない)
- きんかんの蜂蜜漬け

「十五穀米おにぎり」の元ネタは、『バルサの食卓』131-136ページ。

ただし、雑穀おにぎりが登場するのは実は守り人シリーズではなく『狐笛のかなた』という別の小品です。守り人シリーズに出てくるのは、"甘辛く煮込んだ干し肉を刻み込んだ" 「シュルジ」というにぎり飯(『夢の守り人』より)。 この本では別々のメニューとして紹介されていますが、末っ子がオリジナルでミックスしたようです。


「里芋コロッケ」は、同書89-93ページ。

原作では「ロッソ」という食べ物だそうです(いや、私もシリーズは読んでるんですけどね。食べ物の名前までいちいち覚えてませんってば)。ゆでた里芋をつぶしてバターと小麦粉をまぜて練った生地で皮を作り、挽肉とタマネギを炒めた具を包んで揚げるという、けっこうめんどくさいレシピ。コロッケと言っても "小麦がほとんど採れないカンバル" の食べ物なので、小麦粉をまぶして揚げます。だから、見かけと食感はコロッケというよりピロシキに近い。丸ごとだとこんな感じです。

1203082

あ、揚げる工程だけは私が手伝いました。


「きんかんの蜂蜜煮」は、同書148ページ。これはまあ、読んだとおりのレシピです。

ちなみに、この本に載っているメニューでほかにお奨めなのは、104-111ページに載っている「タンダの山菜鍋」。原作ファンの間でも、"ノギ屋の弁当と一、二を争う人気の料理" で、我が家でもこの冬に二度ほど作りました。

各種のきのこと山菜、そしてスペアリブを煮込むんだから不味くなるはずもありませんが、味付けの発想がかなり大胆です。さすが南極料理人。どんな味付けかは、『バルサの食卓』でお確かめください。

山菜鍋が出てくるのは、シリーズ第1作のこちら。


03:49 午後 日記・コラム・つぶやき, 書籍・雑誌 | | コメント (2) | トラックバック (1)

はてなブックマークに追加

2012.03.06

# 雨ニモマケズ

今日の夕方、ちょっとしたきっかけで作ってみました。

値下ゲ攻勢ニモマケズ
粗悪ナ原文ニモマケズ
老眼にも腱鞘炎ニモマケヌ
丈夫ナ心身ヲモチ
欲ハ少シアリ
決シテ瞋ラズ
イツモシヅカニ訳シテヰル
一日ニ玄米四合ト
味噌ト少シノ野菜ト少シノ肉ト少シノ茶菓ト沢山ノ珈琲ト少シノ酒ヲ摂リ
アラユルコトバヲ
ジブンノカンジョウニヨラズ訳シ
ヨクミキキシワカリ
ソシテ〆切ヲワスレズ
街中ノ茶店ノ席ノ蔭ノ
小サナ電子文具ニ向カイテ
東ニ悪文ノ業者アレバ
行ッテ指摘シテヤリ
西ニツカレタ編集者アレバ
行ッテソノ原稿ノ朿ヲ負ヒ
南ニ死ニサウナ訳者アレバ
行ッテコハガラナクテモイヽトイヒ
北ニ未払イヤ値切リガアレバ
ホンヤクシャヲナメルナトイヒ
トライアルノトキハナミダヲナガシ
シメキリマヘハオロオロアルキ
ミンナニデクノボートヨバレ
ホメラレモセズ
クニモサレズ
サウイフモノニ
ワタシハナリタイ

10:26 午後 翻訳・英語・ことば | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

# 無駄とNonsenseのはなし

Twitter で「無駄」ということについてのツイートを見かけたので、こんなことを書いてみたくなりました。

ふだんから無駄なことばっかり書いてる帽子屋が書くことなので、今回もまた無駄な話に決まっているわけで、そんなことを承知のうえで書いちゃうことが、無駄の無駄たるゆえんです。

以下、人のツイートの紹介を含みますが、直接の引用は避けました(該当する方、間接的な引用ではあっても、もし私の解釈などに問題があればご連絡ください)。

「ゲームに使ってる時間を有効に使ったほうがいいぞ」

「ゴルフとか釣りとかに時間を使うのだって同じはずなのに、ゲームだけ時間の無駄のように言われるのはなんでだろうな」

と、そんな流れのツイートがあったところに、私はこうツイートしました。

そもそも「無駄」の何がいけないんだ! と言ってみる。

それに対して、

「難しいですね、『人生に無駄なものなどない』なんていうのも安易という気もするし」

というレスが続きました。

でも、ちょっと違うんですね。「人生に無駄なものなどない」のではなく、「人生に無駄なものはたくさんあって、だからいい」のです。

ちなみに今ググッてみたら、「無駄」まで入力すれば検索候補の何番目かに

無駄の効用

というのも出てきます。昔っからこういう言い方はわりとあるわけで、もちろん私もその効用は否定しませんが、別に効用なんかなくたっていい。

「無駄なものなどない」のではなく、「無駄に効用や意味がある」のでもなく、「無駄は無駄としてそこにあっていい」という感じでしょうか。

いや、「あっていい」という価値判断が入っちゃうともうダメかな。このまま続けていったら間違いなく禅問答になっちゃいますね。

英語の sense と nonsense にもちょっと似ています。

「無駄の効用」と似た言い方で sense of nonsense というのもありますが、nonsense に sense を求めるのも、ある意味 nonsense でしょうね。

実は、先週末にサン・フレアさんで単発の翻訳講座を担当したとき、講義の枕に例の

Stay Hungry. Stay Foolish.

を使わせていただきました。世に出回っている訳のどれも、hungry の訳は「ハングリー」で、Foolish のほうにバリエーションがありますね。Foolish を辞書で引くと、だいたい出てくる定義はこうです。

lacking good sense or judgement; silly or unwise

詳しい話は端折りますが、Stay Foolish はつまり、この "good sense or judgement" に安住するな、ということではないでしょうか、という話をしました。

かのルイス・キャロルも、Nonsense を敬愛したひとりでしたが、今回私の頭にあったのは、むしろこちら。

晶文社版はとっくに絶版のようですが、今はちくま文庫で出てるんですね。知らなかった。

"Stay Hungry. Stay Foolish" は別にジョブズのオリジナルではなく、もともとは The Whole Earth Catalog 廃刊時のメッセージだったという話もだいぶ知られるようになりました。それが1974年のことです(参考リンク: Stay Hungry. Stay Foolish.: Buckeye the Translator)。

一方、レノンがこの本のオリジナル(In His Own Write)を書いたのは1964年。原題に nonsense という語はありませんが、内容を受けて片岡義男(おそらくは角川書店)が「ノンセンス」を掛けてつけた邦題が『絵本ジョン・レノンセンス』。あんまりいいセンスのタイトルじゃないと当時から思ってましたが、「ノンセンス」だからいいのかなw それはともかく、この翻訳の出たのが1975年です。

原著の出版から邦訳の刊行までに当たるおよそ10年間。この頃の sense/nonsense、foolish というのは、たぶんあの時代を考えないと語れないのかもしれません。この辺り、ちょっとした研究テーマになりそうです。

ここまで書いたところで、同じ頃の日本のあちこちで飛び交っていたと思われる「ナンセンス!」って台詞にまで連想が及んで、ちょっと目眩がしました。まあ、その話はやめときましょうね。

02:50 午前 日記・コラム・つぶやき | | コメント (2) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2012.03.03

# PCのセットアップ

なにしろ新品で買ったのが久しぶりですからね、ちょっとはしゃいでエントリを続けたりします。

私が最近、中古でも新品でもLenovoのPCばっかり買っているのは、プレインストールされているソフトウェアが、それでも他のメーカー製PCに比べると少ないほうだから、という理由がけっこう大きかったりします。

富●通とか▲ECとか、初期状態でなんであんなに余計なアイコンがたくさんデスクトップに並んでるんでしょうね。

同じLenovoでもノートだとけっこういろいろ入ってますが、デスクトップだとかなりスッキリしています。

- Lenovo固有のユーティリティ
- Internet Explorer
- Chrome
- KingSoft Office 30日間試用版
- MaAfee 30日間試用版

くらいです。このうち、KingSoft OfficeとMaAfeeは使う予定がまったくないので、一度も起動することなく削除しちゃいました。

以下、初期セットアップのメモです。

最初に一度だけ起動して正常動作を確認したら、すぐにメモリーを増設。本体より半日早く、Amazonからこれが到着してました。


8GBで3,000円って、信じられない時代ですね。

ただ、このマシンはかなり無理をした省スペース設計になってて、マザーボードへのアクセス性はよろしくありません。

1203021

筐体を開けるとこんな風にDVDドライブがマザーボードをふさいでいるので、こんな風にドライブを外して持ち上げあげないと、

1203022

RAMを交換できません。

1203023

以下はだいたいいつも同じ手順で、まっ先にやる設定は次のとおり。

マウスの設定

ポインタの移動を最速に、ダブルクリックの感度も最高に設定します。


IMEを「かな入力」に切り替え

とにかくこれをやらないと始まりませんw


ネットワーク設定

これがねー。半日以上も苦労したとですよ。LANにはちゃんと接続できて、外部インターネットにもアクセスできるのに、今までのXPマシンとの間でファイル共有がとにかくできない。細かく言うと、

XPからWin 7のフォルダは見える

でもWin 7からはXPが見えない

という状態(アクセス許可がない旨のメッセージが表示される)。調べてみると、同じ症状の質問はけっこう見つかるのですが、どれを見ても最終的に「これだ」と言える決定的な解決法はありませんでした。

自分なりに判っている範囲で書くと、XP側の共有設定にEveryoneがあるだけじゃダメなようで、XP側の[コンピュータの管理]で[ローカル ユーザーとグループ]→[ユーザー]に、Win 7側のログインユーザー名を追加したら、あっさりアクセスできるようになりました。

[ローカル ユーザーとグループ]と言えば、Windows 7のHome Premiumだと、[コンピューターの管理]にこの項目が表示されないんですね。それもあって、結局Professionalにアップグレードしちゃいましたが。


Input Directorの追加と設定

以前も書いたとおり、2台並行環境(2 PC + 2モニター)ではもうこれが手放せませんから。


ソフトウェアの削除と追加

- KingSoft Officeを削除
- MaAfeeを削除
- AVG Freeをインストール
- ATOK 2012をインストール
 (Syncツールがあって便利ですが、なぜか環境設定は同期できませんでした)
- 7 Zipをインストール
- PDFビューアをインストール
- 秀丸エディタをインストール
- iTunesをインストール

Officeをインストールしようと思ったら、メディアが長男のところから戻ってきてなかったので、OpenOffice.orgをインストールしようかと思ったのですが、あれ、Windows 7対応版まで開発進んでないの? あれ?

12:30 午前 パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2012.03.01

# ひさびさに新品のPCを買った

これ。

ここしばらく、自分のPCはずっと中古しか買ってなかったので、完全新品のPCを箱から出すのは久しぶりでした。

最初はなかなかLANにつながらず、丸一日以上苦労しましたが、今ではどうにか以前と同じ環境に復しつつあります。
参照リンク: # 現在の作業環境、その3 - 補足

この記事の「サブノート」の位置に新品Lenovoが入ります。

今までどおり、メール、ブラウザ、iTunes というサブ用途をこちらに任せられるようになったので、メインマシンがだいぶ楽になりました(つまり、サブノートが不調になってからは、メールもブラウザもメインで使ってて、そうなるとさすがに苦しかった)。しかも、メモリー的にはまだだいぶ余裕があるので、SDL Trados Studio は当面、こっちでだけ動かす予定です。

ちなみに、初期状態から変えたのは以下のスペック。

- メモリー:4GB → 8GB
- OS :Win 7 Home Premium → Professional

CPUはi5-2320と、このお値段にしてはまずまず。タスク マネージャーを開くと、

1203011

こんな風にCPUグラフが4つもあって、意味もなく嬉しい。

※念のための補足:タスク マネージャーのCPUグラフは、CPUのコア数に対応しています。今までのCore2Duoだと2コアだったのでこのグラフが2つ、今回のi5は4コアなのでグラフが4個に増えるのです。

と、見ると「リソース マネージャー」なんて機能が増えてますね。今までフリーウェアなどが必要だった機能です。

1203012

このように、CPU 0~CPU 3となっています。この機能で改めてメモリー使用量を見ても、

1203013

こんなに余裕。

などと喜んでいるうちに、世の中的には Windows 8の最新プレビュー版が公開されたりしてますが、できればこのマシンを後5年くらいは使いたいと思っています。

Windows 7 のファーストインプレッションは、さすがに悪くありません。Windows Aero 画面は見た目も動作もなんとなくヌルヌル感があってイヤですが、あえてこのまま慣れてみようかと思っています。

ファイル操作まわりもさすがに進歩してますね。とりあえず気づいた点を2つだけ(もしかしたら、Vistaからあった機能かもしれません)。

ファイル名を変更しようとすると(F2キー)、拡張子を除いた部分だけハイライトされるようになりました。これは、さりげなく便利です。

ファイルのコピー/移動ダイアログにようやく、複数ファイルの扱い方オプションが追加されました。

1203014

「同じ処理を2個の競合に適用」

というヤツです。まあ、どっちも今さらというか、ようやく、という機能ですけど。

09:38 午前 パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加