« # 『水惑星の旅』 - 椎名誠 | トップページ | # 葡萄酒場 ICHIGOYA »

2011.06.14

# OED がさっそく役に立った話

先日のエントリに書いた Oxford English Dictionary。

私の日頃の仕事で直接役に立つことは特に期待していなかったのですが、新語を 7,000 単語収録しているというのはダテじゃなかったようで、手元のほかの辞書には(FOLDOC などまで含めても)まったく載っていない単語が OED には収録されていた、というケースにさっそく遭遇しました。もちろん訳語が載っているわけではありませんが、語義が見つかるという安心感はやはり大きいものですね。

その単語については「私家版英語辞典」のほうに書きました。
私家版英語辞典@帽子屋: hacktivism

面白かったのは、この単語のページに、

110614_hacktivism_2_2


ちゃんと "Draft entry" と書かれていたこと。なるほど、という感じでした。

110614_anonymous

こちら、ソニーの人が見たら腹が立つかもしれない、アノニマスのみなさん。

05:49 午後 翻訳・英語・ことば, 辞典・事典 |

はてなブックマークに追加

« # 『水惑星の旅』 - 椎名誠 | トップページ | # 葡萄酒場 ICHIGOYA »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13481/51943131

この記事へのトラックバック一覧です: # OED がさっそく役に立った話:

コメント

コメントを書く

## コメントは承認制なので、公開されるまでに時間のかかることがあります。



(必須ではありません)