« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011.04.30

# ...と思ってたら、広島弁でアピールされちゃったよw

初代 iPad のときにも話題になった、Apple 公式ムービーに広島弁をかぶせたヤツ(YouTube - iPadの説明するけぇ、よう聞きんさい。)、早くも iPad 2 版が登場です。

まだニコニコだけみたいですが、遠からず YouTube にも載るでしょう。

リンク: iPad 2 は、初代の定義したカテゴリをぴしゃっとさせるじゃろうの。 ‐ ニコニコ動画(原宿)

初代版もご存じない方はこちら。

03:42 午後 iPad | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

# これでしばらく iPad2 を我慢できる......かなw

リンク: iPad 2のカメラで写真を撮る姿は激しくダサい | デジタルマガジン

しかも、このおじさんの雰囲気が何ともw

02:16 午後 iPhone/iPad | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2011.04.27

# めめんともり

いろんな前提を思い切りはしょったことを書きます。


銃社会とまで言われているある国では、乱射事件がたびたび発生し、とうとう「2歳児が誤って母親を射殺」という事件まで起きています。

宗教紛争の絶えない国や地域で、テロによる死者の数は累積でいったいどのくらいになっているのでしょう。

貧困と飢餓が常態化している多くの国でも、もちろん毎日おおぜいの人が死んでいます。

デモに参加した活動家が一挙に 500 人以上拘束されるような国が、まだまだ当たり前に存在しますし、子どもの人権などなきに等しい国が、へたをすれば大半かもしれません。

そして、そういった数々の不幸とは無縁のこの国でも、ひとたび大きな自然災害が起きれば、何万という単位の人があっけなく命を落としてしまいます。

そう考えると、この世は案外、平等にできているのかもしれない。3 月 11 日以来、ずっとそんなことを考えています。

Remember that thou must die.

当たり前だけど忘れがちなこと。

02:30 午後 日記・コラム・つぶやき | | コメント (4) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2011.04.26

# iPad - 水木しげるの妖怪原画集、第7巻「全国・あの世・特別編(鬼太郎)」

震災の影響もあってか前巻からだいぶ待たされましたが、ようやく第 7 巻の「全国版」が出ました。しかも、今回は、最初の 10 日間だけ(5/1まで)、特別価格の 350 円。水木ファンはお急ぎを。

リンク: iTunes App Store で見つかる iPad 対応 水木しげる妖怪原画集 妖鬼化(ムジャラ)【七】全国・あの世・特別編(鬼太郎)

Appsstore_mizuki7

この巻は、妖怪編より、特別編の鬼太郎特集のほうが充実しています。少年マガジンなどの雑誌の特集記事で使われた画など、あまり収録される機会のない資料が 100 点以上も載っているのは貴重です。

02:33 午前 iPad | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2011.04.23

# 5 回目の桜の季節

2006 年の秋に大病してから、5 回目の桜の季節を迎えることができました(いわゆる「5 年生存」を迎えるまでにはあと半年ありますけど)。

今年は、春休み最終日の 4/7 に、浅草から水上バスで浜離宮まで脚を伸ばしてみました。都内はちょうどほぼ満開というナイスなタイミング。

P1020349
(こちらは、浜離宮で撮った一枚)

隅田川の両岸も満開。その向こうには、634m に達したスカイマークタワーの姿も。

P1020408

浜離宮は、実はそれほど桜の名所というわけではありません。むしろ、こちら、

P1020350

菜の花畑のほうが有名かもしれません。5 年前にここに来たときは、大道芸などもいろいろ出ていたのですが、今年は "自粛" の影響でしょうか、そういう歌舞音曲の姿はありませんでした。

P1020358

桜の木はけっして多くありませんが、池があるので、水辺の桜はやはり見事です。

浜離宮から戻るとき、カモメの群れが水上バスを追ってきました。今まで何度も乗ったことのあるルートでしたが、こんなことは初めて。乗客のすぐそばまで近づいてきました。

P1020374

東京タワーとカモメ。

P1020387


浅草に戻ってからは、もちろん仲見世にも足を運びましたが、いつもに比べればかなり空いていました。そして、外国人の姿がほとんどない......。

P1020415

これは知りませんでした。仲見世通りを浅草駅方向に向かうと、ちょうど正面にスカイマークタワーが見えるようになってるんですね。こういう位置になることも計算したんでしょうか。

以下はおまけ。こちらは、数日経った 4/10 に、もっと近場(足立区内の公園)で撮った桜です。

P1020417

同じ公園内では、こんなものも見かけました。

P1020419


個人的な意味でも、この日本全体としても、どうかどうか、来年も同じように桜を愛でることができますように......


03:37 午後 日記・コラム・つぶやき | | コメント (2) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2011.04.21

# ソニービッグスペシャルの続報

3/27 のエントリ(# ソニービッグスペシャルを(一部)再現してみた)で書いた "懐メロ" を何度も再生しているうちに、ふと、前回のリストに入ってない曲があったことに思い至りました。

カセットテープのラベルに書いてあったデータを元にして再構成したのですが、どうやらそれが足りなかったようです。しかたがないので、実家でテープレコーダを借りてきて再生してみました。おかげで、さらに 10 曲をリカバリできました。以下のリストでボールドになっている部分です。

しかも、テープには当時のナレーションも一部残っていたので、特集番組の正確な名前もわかりました。

ソニービッグスペシャル
懐かしのポップスリクエスト ベスト 120
現代ヤングのエバーグリーン

でした!


We Can Work It Out(The Beatles)
Love Me Tender(Elvis Presley)
Revolution(The Beatles)
Early In The Morning(Cliff Richard)
Have You Ever Seen the Rain(Creedence Clearwater Revival)
An Old Fashioned Love Song(Three Dog Night)
Never Marry a Railroad Man(Shocking Blue)
Girl(The Beatles)
Norwegian Wood(The Beatles)
American Pie(Don McLean)
Ob-La-Di, Ob-La-Da(The Beatles)
Superstar(The Carpenters)
Only Yesterday(The Carpenters)
Too Much Monkey Business (Live)(The Yardbirds)
Goodbye Yellow Brick Road(Elton John)
Jailhouse Rock(Elvis Presley)
Heartbreak Hotel(Elvis Presley)
Mr. Lonely(Bobby Vinton)
Get Back(The Beatles)
La Plus Belle Pour Aller Danser(Sylvie Vartan)
Venus(Shocking Blue)
Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band(The Beatles)
Happy Together(The Turtles)
JOHNNY B GOOD(Chuck Berry)
Please Mr. Postman(The Carpenters)
The Boxer(Simon & Garfunkel)
Last Train To Clarksville(The Monkees)
Simone(England Dan & John Ford Coley)
Sorry Seems to Be the Hardest Word(Elton John)

--- この間にギャップ ---

Surfin' U.S.A.(The Beach Boys)
Johnny Remember Me(John Leyton & The Flames)
Take Me Home, Country Roads(Olivia Newton-John)
Something(The Beatles)
Yellow Submarine(The Beatles)
Love Me Do [Mono](The Beatles)
Mrs. Robinson(Simon & Garfunkel)
Joline(Olivia Newton-John)
Melody Fair(Bee Gees)
The Young Ones (Undubbed Version)(Cliff Richard)
Take Me Home, Country Road(John Denver)
One Way Ticket (To the Blues)(Neil Sedaka)
Please Please Me(The Beatles)
Rhythm of the Rain (Re-Recorded)(The Cascades)
Alone Again(Gilbert O'Sullivan)
Bob Dylan - Like A Rolling Stone (ORIGINAL)(Bob Dylan)
Billy Joel_ Piano Man(Billy Joel)
Massachusetts (Stereo Version)(Bee Gees)
Rock And Roll Music(The Beatles)
San Francisco (Be Sure to Wear Flowers in Your Hair)(Scott McKenzie)
It Never Rains In Southern California(Albert Hammond)
My Love(Paul McCartney & Wings)
My Sweet Lord(George Harrison)
The Long And Winding Road(The Beatles)
She Loves You [Mono](The Beatles)
Runaway(Del Shannon)
Diana (Re-Recorded)(Paul Anka)
My Way(Frank Sinatra)
All My Loving(The Beatles)
Have You Never Been Mellow(Olivia Newton-John)
Killer Queen(Queen)
(I Can't Get No) Satisfaction(The Rolling Stones)
El Condor Pasa (If I Could)(Simon & Garfunkel)
Imagine(John Lennon)
Help!(The Beatles)
I Want To Hold Your Hand(The Beatles)
California Dreamin'(The Mamas and the Papas)
Daydream Believer(The Monkees)
A Whiter Shade Of Pale(Procol Harum)
Bridge Over Troubled Water(Simon & Garfunkel)
The Sound of Silence(Simon & Garfunkel)
Yesterday Once More(The Carpenters)
Hotel California(The Eagles)
Hey Jude(The Beatles)
Yesterday(The Beatles)
Let It Be(The Beatles)

これで 75 曲です。

「ベスト100」ではなく「ベスト120」だったことも今回わかりました。どなたか、補完情報求む~!!

11:46 午後 音楽 | | コメント (12) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

# 訃報 - 出崎統

昨年あたりから、アニメ関係の訃報が多いなぁ。

リンク: アニメ監督、出崎統さん死去 「あしたのジョー」「ガンバの冒険」 : J-CASTニュース

いちばん有名なのはやはり『あしたのジョー』だと思いますが、私はやはりこれ。

個人的には、テレビアニメのオールタイムベスト 10 に入る作品です。

謹んで、監督のご冥福をお祈りいたします。

09:20 午前 アニメ・コミック・サブカル | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2011.04.13

# 最近見かけたいろいろな画面から

特に何の関連もありませんが、ここ 1 か月ほどにコンピュータ上で見かけたスクリーンショットをいくつかご紹介します。

国税庁のサイトは、未だに推奨ブラウザが Internet Explorer のみです(6~8)。

1104131

Chrome だと正常の機能しましたが、Firefox ではこんな風になってしまいましたとさ。

YouTube などでビデオをダウンロードできる DownloadHelper という Firefox アドオンがあります。しばらく使っていたら、

1104133

なるほど。こーゆー手もありましたか。

一昨日(4/11)の夕方、余震が立て続いたときの My Yahoo トップページ。

1104134

そして今日(4/13)、あちこちで話題になったヤツ。

1104135

11:05 午後 パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2011.04.12

# iPhone - 「ゆれくるコール」の設定

最近の携帯電話は緊急地震速報に対応しているので、長女の携帯は昨日など「きゅいんきゅいん」と鳴りっぱなしでした。私の端末は古くてこの機能がないので、iPhone の定番「ゆれくるコール」を入れてありました。

リンク: iTunes App Store で見つかる iPhone、iPod touch、iPad 対応 ゆれくるコール” for iPhone

Yurekuru_2

でも、どうしたわけかインストールして以来いっぺんも鳴ったことがなくて、さすがに昨日はおかしいと思い、設定を確認してみました。

アプリケーション自体の設定画面はこれ。

Yurekuru1_2

感度と場所を設定するだけです。でも、これだけではダメなんでした。もしかしたら、インストール直後にメッセージが出て私が見落としていただけ?

必要なのは iPhone の[設定]→[通知]でした。

Yurekuru3

私のは、ここがぜんぶ「オフ」になってました。それじゃ鳴るわけがない(このほか、現在地を指定する場合には[一情報サービス]もオンにする必要があります)。

昨夜は、設定したとたんに何度も鳴りました。テレビのと同じ音だったんですね。心臓に悪い。

03:44 午後 iPhone/iPad | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

# おおきなかず

えーっと、「1万テラ」っていうのは......

K=1,000
M=1,000,000
G=1,000,000,000
T=1,000,000,000,000

その10,000倍だから

10,000,000,000,000,000

になるのかな。日本式の位取りにすると、

1,0000,0000,0000,0000、つまり

1京か。

10:11 午前 社会・ニュース | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2011.04.06

# Fukushima の現状についていちばんスッキリしている解説

私が敬愛してやまない翻訳者、sagtran さんが、原発不安をめぐる今の状況について、実にスッキリわかりやすいエントリをアップしてくださいました。

リンク: 七転八倒バナナ: 理系の思考と苦悩

いろいろと不安を感じている方には熱烈推奨です。

こういう明快な説明能力を、当事者たちが欠いているというのが、今回の最大の問題点のように思います。

03:58 午前 社会・ニュース | | コメント (4) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2011.04.02

# タイムリーどころじゃなかった『世界大戦争』

昨日紹介した、『世界大戦争』

仕事が一段落したところで、布団にもぐりこんで iPad の AirVideo で鑑賞しました。まちがいなく日本映画史上の傑作です。フランキー堺、最高。

という映画としての評価は別に、今のような状況でこの映画を初めて観られたというタイミングに、改めて驚愕します。

時代設定は公開当時どおりの 1961 年。東西二大国(名前は架空だがもちろん当時の米ソ)の緊張が高まり、日本政府の和平工作もむなしく、ついには全面核戦争に発展してしまうというストーリー。

今の日本の状況とはもちろんまったく違いますが、50 年前に描かれた日本と、今のこの国の姿は実に多くの点で重なっていました。

数か月間の航海から帰ってきた高野(宝田明)は、東西情勢に関する情報を日本国内でなかなか得られないことに苛立ち、アマチュア無線で海外のソースに情報を求めようとします。インターネット上で海外のニュースにすがっている私たちとまったく同じ。

政治家たちは、映画の常で現実よりずっと理想化されて描かれているのですが、そんな彼らでさえ、こう言います。

新聞記者「しかし、噂によりますと……」
官房長官「どんな噂か知りませんがね、政府として望みたいことは、この際、政府の発表だけ信じ、民心の動揺を生む流言飛語はいっさいおさえてもらいたいことです」

それでも、日本に核ミサイルが飛んでくることは不可避という状況になり、政府からもそう発表されると、もちろんパニック状態で避難が始まり、あちこちで混乱が起きます。

しかし、もう一人の主人公である田村茂吉(フランキー堺)は、家族とともに東京にとどまって最後の瞬間を迎えることを選びます。

必死に逃げ回る人々も、田村茂吉のような一家(音羽信子、星由里子ら)も、良い悪いではなく、どちらもまちがいなく日本人の姿なんだと思います。

09:28 午後 映画・テレビ, 社会・ニュース | | コメント (4) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2011.04.01

# 「東宝特撮映画DVDコレクション」がタイムリーすぎた件

前回の駆け足紹介からまた少し空きましたが、3/11 以降に発売された第 39 号(3/15)と第 40 号(3/29)が、ちょっと "不謹慎" なくらいタイムリーでした。

第39号『ゴジラ vs デストロイア』

Issue_39_1

平成シリーズの最後となった作品(1995年)。平成シリーズで出現するゴジラは、基本的に同じ個体(ただし、ちょっとした紆余曲折があって実は 2 頭目)ですが、「ゴジラ死す」というキャッチコピーどおりの展開になります(2000年から再開される「ミレニアムシリーズ」とは関連性がなくなる)。

知ってる人は知ってると思いますが、ゴジラというのは体内に原子炉を抱えているような設定になっていて、この作品ではなんと、「メルトダウン」を起こしてしまいます。ちょっとタイミングよすぎました。


第40号『世界大戦争』

Issue_40_1

表紙がこれですよ...。

前号は、内容に多少の不都合があっても出荷停止はもう間に合わなかったと思いますが、こちらは 3/29 発売なので、デアゴスティーニじゃなくK談社とかS学館みたいな大手だったら、発売を "自粛" してたかもしれません。

表紙から想像できると思いますが、第三次世界大戦が勃発してしまう話です。私の生まれた 1961 年の作品ですが、あの当時(からその後しばらくの間)は、第三次世界大戦と全面核戦争という脅威がリアルな可能性として存在していました。

人類の英知 --- とあえて言います --- と努力で、そういう脅威が少しずつ回避されつつある今、同じエネルギーの「平和利用」を象徴する存在であった原子力発電が、日本人の生活を脅かしつつあるというのは、なんと皮肉でしょうか。

この作品、実は私も初見だったのですが、そんな皮肉とは別に、冒頭で感動してしまいました。

公開当時の日本(都会)の姿が次々と映し出されていきます。

Thelastwar_1

サラリーマンの通勤風景(この頃はみんな普通に省エネルックだった?)

Thelastwar_2

今だと、東南アジアの道路を写すとこんな感じでしょうか。

Thelastwar_4

溶鉱炉の様子や ---

Thelastwar_6

造船所の進水式の風景。そして、

Thelastwar_5

プロペラ機ばかりの羽田空港。

Thelastwar_7

宮城と国会議事堂を超広角に収めたシーンに、ナレーションがかぶります。

戦後16年、一面の焼け野原から、ともかく大都会と呼ばれる姿に復興したのは、人々がはたらいた、からである。もう二度と東京が破壊され、この地上から消える日のないことを信じながら---

16 年という時間が長かったのか短かったのか、それを生きたわけではない私にはわかりません。偶然ながら、今年はちょうど阪神・淡路大震災から 16 年目でした。


02:35 午前 映画・テレビ | | コメント (2) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加