« # タイムリーどころじゃなかった『世界大戦争』 | トップページ | # おおきなかず »

2011.04.06

# Fukushima の現状についていちばんスッキリしている解説

私が敬愛してやまない翻訳者、sagtran さんが、原発不安をめぐる今の状況について、実にスッキリわかりやすいエントリをアップしてくださいました。

リンク: 七転八倒バナナ: 理系の思考と苦悩

いろいろと不安を感じている方には熱烈推奨です。

こういう明快な説明能力を、当事者たちが欠いているというのが、今回の最大の問題点のように思います。

03:58 午前 社会・ニュース |

はてなブックマークに追加

« # タイムリーどころじゃなかった『世界大戦争』 | トップページ | # おおきなかず »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13481/51313723

この記事へのトラックバック一覧です: # Fukushima の現状についていちばんスッキリしている解説:

コメント

「「一億倍」はゴミデータ」は、海洋汚染に対するインパクトという観点では全く同意見です。

ただ、私が感じた意味は、原子炉停止後3週間も経った時点で所外に出てくる水の放射能濃度としてとてつもなく高く、しかも連日のように記録が更新されているということは、燃料が破損し、かつ炉内の水がじゃんじゃん洩れており、それを止める手立てがない(今朝一応止まったようですが)ということを示唆している、ということでした。

それにしても、溜めていた「100倍」汚染水を太平洋に放出したときの説明、全然なされていませんね。決行したことを弁護するわけじゃありませんが、こちらこそ、「放射能総量と希釈可能性を考えたら生態系への影響はこの程度に収まる」というのを国がキッチリ言い切るべきだったと思います。

事故処理に懸命な東電や、所詮取り締まり屋にすぎない保安院が、いくらお決まりの文句を言っても誰も信用しませんからね。

投稿: あきーら | 2011/04/06 10:32:34

文系頭の私でも、とてもよくわかりました。
特に活性酸素のあたり...
普段通りアンチエイジングの活性酸素除去食を
一生懸命食べて、健康的な生活を続ければ
いいってことですね (^^)

投稿: けいまま | 2011/04/06 11:19:18

「いろいろと不安を感じている方には熱烈推奨です」なのかもしれませんが、どうなのでしょうか?

まず絶対におかしいのが地域という概念がないことです。いいですか、飯舘村では現実に避難がはじまっています。地域に言及することなく、この言説を広めることの意味って、どういうところにあるのでしょうか。

あと、風力発電のところで、完全に椅子からころげおちました。ご意見が極端すぎませんでしょうか。(別に、これですべてまかなえる等の主張はいたしませんが、それと同じくらい極端なような。)

福島第一で今起きていることは、やはり重大かつ激甚です。「正しく怖れる」=「安全安心」では決してありません。

投稿: Sakino | 2011/04/08 10:35:43

以下、けっして無責任に言うのではなく---

sagtran さんの記事を、「いちばん正確」ではなく「いちばんスッキリしている」とご紹介した点をお察しください。

なぜ「正確」と書けないかというと、私自身が、現在の状況と各種のデータを正確に把握できているわけではまったくないので、いったい今なにがいちばん確実なのかわかっていないからです。ただ、いろいろ見てきた中で、sagtran さんの書き方がいちばん「スッキリ」していた、ということなのですが、うーん、難しいですね。

投稿: baldhatter | 2011/04/08 13:33:09

コメントを書く

## コメントは承認制なので、公開されるまでに時間のかかることがあります。



(必須ではありません)