« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011.03.28

# 一人残ったコダマ

クリエイターとしての評価は別にして、宮崎駿の自然観と文明観に私はやはり共感する。

リンク: asahi.com(朝日新聞社):宮崎駿監督「絶望する必要ない」 大震災への思い語る - マンガ+ - 映画・音楽・芸能

「残念なことに、私たちの文明はこの試練に耐えられない。これからどんな文明を作っていくのか、模索を始めなければならないと思う。誰のせいだと言う前に、謙虚な気持ちでこの事態に向き合わねばならない」と述べた。
 また、「僕たちの島は繰り返し地震と台風と津波に襲われてきた。しかし、豊かな自然に恵まれている。多くの困難や苦しみがあっても、より美しい島にしていく努力をするかいがあると思っている。いま、あまりりっぱなことを言いたくはないが、僕たちは絶望する必要はない」と語った。

この記事を見て私が連想したのは、『もののけ姫』(1997年)のラストで、最後に一人残されたコダマの姿だ。

110328

銃で頭を撃ち抜かたシシガミの大崩壊によって、シシガミの森は一瞬で滅びる。森の精である無数のコダマたちも、ともに朽ちていく。やがてシシガミの森には緑がよみがえり、人々は再起と復興を誓う。けれど、ラストシーンに写されるのは、森に佇むたった一人のコダマの姿......。

元どおりの自然がよみがえったように見えても、豊かさと厳しさを備えたかつての森は、実は二度と戻ってこない。それでも、人はその自然に依存しながら生きていく。

あのコダマは、そんな仮の再生を果たした森に残った最後の一人なのか、それとも仲間は少しずつ森に帰ってくるのか。最後に響くコダマの音は、寂しげにも嬉しげにも聞こえる。

11:54 午後 アニメ・コミック・サブカル, 社会・ニュース | | コメント (3) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2011.03.27

# ソニービッグスペシャルを(一部)再現してみた

かつて、FM ラジオの "エアチェック" という楽しみ方が当たり前だった時代に、FM 東京で毎週土曜日の深夜、「ソニービッグスペシャル」という番組がありました。

あるアーチストやグループを何週間かかけて特集し、アルバム全曲を流してくれる。しかも曲名などの紹介はアルバムの冒頭ごとにまとめて入るだけなので、後はたっぷり曲を楽しめるという、当時まだ珍しいスタイルだったので、私もたいへん重宝し、録音しまくっていました(もちろんカセットテープの時代)。その後レコードや CD で揃えたものはテープもとっくに散逸してしまいましたが、3 本だけが手元に残っています。

1950 年代~70 年代のロック・ポップス(洋楽)から、リスナー投票で決定したベスト 100 曲をかけるという特集で「青春のベスト100」とか何とかそんなタイトルでした。放送日はテープのラベルによれば、1981 年 6/14、6/21、6/28 でした。


以下、私のテープに入っている曲目を並べてみました。一番下の Let It Be が第 1 位。

We Can Work It Out(The Beatles)
Love Me Tender(Elvis Presley)
Revolution(The Beatles)
Early In The Morning(Cliff Richard)
Have You Ever Seen the Rain(Creedence Clearwater Revival)
An Old Fashioned Love Song(Three Dog Night)
Never Marry a Railroad Man(Shocking Blue)
Girl(The Beatles)
Norwegian Wood(The Beatles)
American Pie(Don McLean)
Ob-La-Di, Ob-La-Da(The Beatles)
Superstar(The Carpenters)
Only Yesterday(The Carpenters)

--- この間にギャップ ---

Too Much Monkey Business(The Yardbirds)
Goodbye Yellow Brick Road(Elton John)
Jailhouse Rock(Elvis Presley)
Heartbreak Hotel(Elvis Presley)
Mr. Lonely(Bobby Vinton)
Get Back(The Beatles)
Surfin' U.S.A.(The Beach Boys)
Johnny Remember Me(John Leyton)
Take Me Home, Country Roads(Olivia Newton-John)
Something(The Beatles)
Yellow Submarine(The Beatles)
Love Me Do(The Beatles)
Mrs. Robinson(Simon & Garfunkel)
Joline(Olivia Newton-John)
Melody Fair(Bee Gees)
The Young Ones(Cliff Richard)
Take Me Home, Country Road(John Denver)
One Way Ticket To the Blues(Neil Sedaka)
Please Please Me(The Beatles)
Rhythm of the Rain(The Cascades)
Alone Again(Gilbert O'Sullivan)
Like A Rolling Stone(Bob Dylan)
Piano Man(Billy Joel)
Massachusetts(Bee Gees)
Rock And Roll Music(The Beatles)
San Francisco(Scott McKenzie)
It Never Rains In Southern California(Albert Hammond)
My Love(Paul McCartney & Wings)
My Sweet Lord(George Harrison)
The Long And Winding Road(The Beatles)
She Loves You(The Beatles)
Runaway(Del Shannon)
Diana(Paul Anka)
My Way(Frank Sinatra)
All My Loving(The Beatles)
Have You Never Been Mellow(Olivia Newton-John)
Killer Queen(Queen)
Satisfaction(The Rolling Stones)
El Condor Pasa(Simon & Garfunkel)
Imagine(John Lennon)
Help!(The Beatles)
I Want To Hold Your Hand(The Beatles)
California Dreamin'(The Mamas and the Papas)
Daydream Believer(The Monkees)
A Whiter Shade Of Pale(Procol Harum)
Bridge Over Troubled Water(Simon & Garfunkel)
The Sound of Silence(Simon & Garfunkel)
Yesterday Once More(The Carpenters)
Hotel California(The Eagles)
Hey Jude(The Beatles)
Yesterday(The Beatles)
Let It Be(The Beatles)

ベスト 100 のはずですが、私の手元には 65 曲しかありません。6/21 の回の深夜に起きそこね、途中からしか録音できなかったためです。そのほかにも、部分的に録音できていない可能性があります。

残念ながら、手元にはもうカセットテープを再生できるハードがなくなってしまったので、自分の持っている CD や iTune Store からのダウンロード購入で、何とかこのときの曲を iTunes 上に再現してみました。でも、上に書いたように、自分が聴き逃した中にどんな曲があったのか、未だにわかっていません。

どなたか、この特集のことをご存じの方、曲目だけでも補完していただけるとたいへん助かります。

この年(1981 年)の夏、大学 2 年だった私は、3 週間ほどかけて大阪~四国~広島~島根~山口と西日本を旅行したのですが、そのときの BGM もずーっとこのテープでした。そのときのことは、いずれ時間ができたら、ここで紹介してみたいと思っています。

07:19 午後 音楽 | | コメント (2) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2011.03.26

# 無責任感あふれる「緊張感」

今日の夕方は久しぶりに子供たちを連れて外食していたので、19:30 から流れた首相の会見メッセージを見逃していたのですが、ニュースで一部を読み、帰宅してからニコニコのタイムシフトで実際にその言葉も耳にしました。

リンク: 【東日本大震災】菅首相メッセージ(2)完「極めて高い緊張感で事態にあたる」(25日午後7時半)+(1/3ページ) - MSN産経ニュース

今日の福島第一原子力発電所の状況は、まだまだ予断を許す状況には至っていない。悪化を防ぐという形で対応しておりますけれども、予断を許す状況には立ち至ってはいないという認識を持っております。引き続き極めて高い緊張感をもって、一つ一つの事態に当たっていかなければならない局面が続いている。このように認識いたしております。

また私の既視感を呼ぶ言葉が飛び出しました。

極めて高い緊張感

当事者意識をまったく感じさせないこの「~感」という政治家用語、過去にも大きな災害などがあるたびに、ときの首相が口にしています。

リンク: # さすが舌禍内閣の長

2007 年、台風4号の被災者に向けて当時の安部首相が口にした、「スビード感」。

リンク: # また "スピード感"?

政権交代してもやっぱり「スビード感」。2009 年、普天間基地の移設問題をめぐって鳩山さんの口から出てきました。

そして、この戦後最大という天災・人災に立ち向かうべきわれらが菅直人くんは、「緊張感」。

この国の政治家って、スピーチ原稿書いてくれるまともなブレーンがいないわけ?

【3/26追記】
起きてから、昨日夕方の東電の会見を見たら、副社長も「スピード感」って言ってるよ......

12:02 午前 社会・ニュース | | コメント (4) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2011.03.25

# 「歩ける」ということ

3/11 以来、震災と福島原子力発電所に直接関わる話は書かないことにしてきたが、今日は例外とする(書かないというのが絶対ルールではないし、これ以降も例外は出てくるだろうけど)。

リンク: 被ばく作業員3人、放医研に到着…歩行も可能 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

3人は20代から30代の男性で、放射線量の測定などの検査に入った。同研究所の発表によると、いずれも全身の状態に大きな問題はなく、意識もはっきりし、歩行も可能という。

最後のこの「歩行も可能」という一言を、どう読めばいいのか。

2006 年に左腎臓の全摘出手術を受け、術後 5 日間が経ってからようやく歩行器を使った「つかまり歩き」ができるようになった経験からすると、「歩ける」とわざわざ書くというのは

よほど重篤

なのではないかと感じてしまうのだけれど。


別の記事。

リンク: asahi.com(朝日新聞社):被曝作業員の放射線量は2~6シーベルト やけど治療へ - 社会

福島第一原発で被曝(ひばく)した作業員2人が、汚染された水につかっていた足に浴びた放射線量は、2~6シーベルトと推計されることがわかった。2人を検査した千葉市の放射線医学総合研究所(放医研)が25日に発表した。高レベルの被曝線量だが、皮膚の移植などの治療は必要ないという。通常のやけど治療をするという。

「ミリも「マイクロ」も付かない 2~6 シーベルト。これがどれほど危険な数字かは、以下の資料など、いくらでも見つけることができる。

リンク: 福島原発の放射能を理解する(英日両方の PDF あり)

今はただ、お二方の無事を祈るばかりです。

11:24 午後 社会・ニュース | | コメント (3) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2011.03.23

# こんな悪質なアプリも出回っているのか

緊急時用の iPhone アプリを探していたら、こんなのが目につきました。

110324_app_1

ふだんは有料でも一時的に無料で提供されているアプリが多いなか、115 円とはいえ有料というところがすでに怪しいのですが、そんなときはまず「販売業者」欄をチェックしましょう。App Store で中国語圏の名前を見かけたら、それだけで要注意です。

詳細を見てみると、案の定、ネタの宝庫でした。

110324_app_2

地震が来ている!! それを実行します!!

言うまでもなく、カスタマー評価もボロボロ。

「大震災起きた途端有料ですか?」
「クレジット情報をきかれた」
「詐欺としか思えない」
「警報ならない」
……

海賊版アプリでもそうでしたが、中国産のアプリについては Apple の審査がまったくアテになりません。

上でも書いたように、ふだん有料のアプリの多くが、この状況で特別に無料公開されています。

リンク: 緊急地震速報や伝言板、テレビ・ラジオなど、災害時に役立つiPhoneアプリ20選 - デジタル - 日経トレンディネット

特に、MapFan などは、通常 2,300 円しますが、3/31 まで無料です。

iTunes App Store で見つかる iPhone、iPod touch、iPad 対応 MapFan for iPhone

04:42 午前 iPhone/iPad | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2011.03.22

# 停電に備えて

東京電力の(無)計画停電、こちらの地域では結局まだ 2 回しか実施されていませんが、いずれも夕方~夜間の時間帯でした。

入浴や食事はできるだけ時間を外して済ませましたが、それでもまったくの暗闇ではトイレに行くのも不自由。でも、この状況では懐中電灯の電池もなるべく節約しておきたい、ということで、いくつか DIY してみました。

ちなみに、1 回目の停電の後で実父がわけてくれたキャンドルランタンはこれ。

110322_3

蓋を開けて火をつけたら、

110322_4

こんな風に本体上部を引き上げて使います。このローソク 1 本で 12 時間もつそうです。頼もしい。

まず、家内の発案で作った卓上用の "レフ板"。深くない空き箱にアルミホイルを貼るだけですが、ローソクだけ置くよりだいぶ明るくなりました(ローソク置きは、プラモの塗装に使う塗料皿)。

110322_1

続いて、アルミの空き缶を切り開いて作った簡易ランプ。

110322_2

ただ切り開いただけでは上部が熱くなってしまうので、上の部分は後ろに反り返らせ、プルタブを手で持つようにします。ただし、そうするとバランスが悪くなって自立しなくなるので、底部の前方に十円玉を貼り付けて重しにしました(鉛とかあればよかったんですけど)。それから、切り口がけっこう危険なのでビニールテープで保護。底面が盛り上がっているので金槌で叩いて平たくし、ローソク立てとして裏から画鋲をさしてあります。

こちらは、実はこの本に載っていたアイデアです。

料理好きな末っ子が揃えている「ジュニアクッキング」というシリーズの 1 冊。このアイデアに限らず、著者もイラストレーターも阪神大震災を経験した方なので、全編に説得力があります。

【追記: いちおう、少し詳しく作り方を加筆しました】

停電って、最近ではめったに起きなくなりましたが、子どもの頃はけっこう頻繁でしたし、時間もけっこう長く続くことがありました。特に台風シーズンなどは、たいていその心構えをしていたと記憶しています。

計画停電はどうやらかなり長期的に続く見込みになってきましたが、まだまだ節電の余地はあるはずです。もちろん非常時の話ではなく、これからの恒久的な当たり前の状態として。

たとえば、全国に設置されている自動販売機の数はおよそ 500 万台で、その電力消費量はちょうど福島原発の 1~6 号機の出力分に相当するのだとか(自動販売機の消費電力と電気代 | 自販機設置・減価償却可能な売上本数計算)。これを全廃までしなくても、たとえば半分にすればかなりの節電になります。

半分にすると言ったって、500 万台のうち相当数はおそらく都市部に集中しているはずなんで、都市の住人がちょっとの不自由を我慢すればいいだけのことでしょう。

それから、都知事選への立候補を表明した元テレビタレントが「地下鉄の 24 時間運転」などと言ってますが、冗談ではありません。それとは逆に、都内の交通網は今よりもっとずっとずっと不自由にすべきです。昼間は(JR、私鉄、地下鉄のどれも)今の半分くらいの間隔と本数で十分だし、朝夕の通勤ラッシュ時だって、この際いい機会だから、今までのような「通勤」という態勢を思い切り考え直しちゃえばいい(このことはもういろんな人が言ってますね)。会社によっては出勤時間なんていくらでもずらせるでしょうし、在宅勤務ももっと進めていい。

野球だってぜんぶデイゲームにすればいいじゃん、と野球をまったく見ない私などは思うのですが、勤め人の方はナイターじゃないと見られないわけですよね。そういう社会そのものを変えていけばいいと思うんだけどな。休日を土日以外にするとか、今日は家族で野球見たいから有給休暇とるねーって気軽に言えるようにするとか。

「想定外」の事態が立て続いてるんだから、そこから立ち直るには思い切った発想が必要です。

09:31 午前 日記・コラム・つぶやき | | コメント (6) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2011.03.21

# AVG (Free Edition) のトラブルと解決 2 題

3/11 以前に用意していたネタです。

AVG は、フリーウェアとしてはそれなりのシェアがあると思われるウイルス対策ソフト(現在のバージョンは 2011)ですが、最近これに伴うトラブルに続けて遭遇し、いずれも一応の解決に至ったので、どこかの誰かには役に立つかもしれないということでメモしておきます。

その 1 - COD がとつぜんマルウェア認定された

あるとき、COD(Concise Oxford Dictionary)を起動しようとしたら、いきなり AVG の警告メッセージが表示されました。

110321_avg_1

えー、COD の何が脅威なんだよー。

しかも、ここで「無視」を選択しても、COD は起動してくれませんでした。[ウイルス隔離室へ移動]を選択してしまうと、もちろん辞書の exe が隔離されちゃうので、これは厳禁です。ネットで調べてみましたが、COD の exe がマルウェア認定されちゃったという例は見つかりませんし、紛らわしい名前のマルウェアがあるというわけでもないようでした。

こういう場合は AVG のインターフェースを開き(トレイのアイコンを右クリック)、[ツール]→[高度な設定]を開いて、[常駐シールド]で[除外された項目]に追加すれば大丈夫。特定のファイルだけでも、フォルダ単位でも除外指定できます。

110321_avg_3


その 2 - 「やよいの青色申告」をアップデートできない

これは 2 月頃の話ですが、毎年その時期になると、「やよいの青色申告」は確定申告に対応するためのアップデータが公開されます。ところが、オンラインアップデートを実行しても、プログレスバーが表示されたまま一向に前に進みません。

弥生会計のサイトで FAQ ページを見てみると、別のウイルス対策ソフトの場合に同じような症状が現れたときの対処法が見つかりました。基本的には、「その 1」で私がやったように、「やよいの青色申告」のアップデートプログラムを除外設定すればいいみたいです。上のスクリーンショットに

YmUpdate.exe
YmUpdateBatch.exe
YmUpdateWorker.exe

と並んでいるのがそうです。でも、これをやっても私のところでは解決しませんでした。

こういう場合は、AVG そのものを一時的に無効にしてしまうオプションが、先ほどと同じ[高度な AVG 設定]の中にあります(AVG のアプリケーション自体を終了するメニューはないのです)。

110321_avg_4

しかも、これを選択して適用しようとすると、

110321_avg_5

このように、一定時間が過ぎたとき自動的に AVG が復活するようになっています。これはなかなか親切な設計でした。

ところで、いちばん上のスクリーンショットですが、[無視]オプションの説明文が変です。

「検出されたファイルは現在のディスク上の場所にあります」

??? まだ隔離してないんだから、そりゃまだ現在の場所にあるよね......。で、さっそくインターフェースを英語に切り替えてみると ---

110321_avg_2_2

ちゃんと、"will remain" って書いてありますよ。なかには、訳出しなくてもさほど影響のない未来形もありますが、ここはしっかり訳さないとダメでした。


01:25 午後 パソコン・インターネット | | コメント (1) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2011.03.20

# わが家の防災グッズたち

今回のような非常時になると、いろんな人がいろんな話をするので、どんな情報をどのように集めてどう判断するかということが、人の生死に直結するほど重要になってきます。

不特定多数の目に触れる(可能性のある)情報を発信する人は --- マスコミはもちろんのこと、Twitter やブログに至るまで ---、少なくともその自覚を持ち、自分の発する言葉についての責任を意識すべきです。

だから拙ブログも、この間ほぼ更新せずにいました、というのは半分ウソで、3/11 以降も幸か不幸かほぼ平常どおりのペースで仕事をしていただけなのですが。まあ、未曾有の災害時に必要な情報を求めてこのブログに訪れる人はいないと思うので、その点は泡沫ブロガーの気楽さです。

阪神大震災のときはまだまだ子供が小さかったので、あのときから基本的な備えはしてあるのですが、今回その中身をひととおり点検し、まだまだ安心できない余震に備えています。

もうあちこちにこういう情報は出ているはずですが、点検と備忘の意味で、わが家の防災用品を紹介しておきます。

防災用品を用意するうえでの前提は、わが家の構成人員に合わせて、

1 人 1 袋

を持ち出せるようにセットしたこと。

まず末っ子が 1 人でも持てる最小構成パック

P1020319

ロゴでわかるとおり、某音楽教室が何かの折に配ってくれた防災用品一式です。

・持ち出し袋(巾着)
・エマージェンシーブランケット
・懐中電灯
・マスク
・ローソク
・ホイッスル

もちろんこれだけではどうにもならないので、これに

・500ml の水(長期保存タイプ)
・3 食分の非常食(アルファ米)

をセット。それでも 1.5kg なので、小学生でもとっさにこれだけは持ち出せるでしょう。

次に、長女または家内が持ち出せるデイパック

基本的には、上の「基本構成パック」の中身を 2~3 倍にしたものです。

P1020322
(エマージェンシーブランケット x 2)

とか、

P1020325
(非常食 6 食分強)

とか。また、基本構成パックになかったものとして、

P1020324
(軍手)

P1020326
(多めの衛生用品)

が入っています。そしてこれ。

P1020320

・AM/FM ラジオ
・懐中電灯
・携帯電話充電

の機能が付いた手回し発電充電機です。少し前までは、

P1020321

こちらを 2 台用意していたのですが、このタイプはなんと、アダプターがドコモ(Foma)の充電口に合わなくなってしまいました。

しかも、上の現役タイプも、数年前に用意したときうっかり充電池(ニッケル水素)を入れたままにしていたら、液漏れが起きていて、危うくダメにしちゃうところでした(充電池を取り替え、端子をきれいにしたら復活)。

最後は、私が持ち出す登山用ザック

山歩きの装備って、基本的にそのまんま防災用品になるわけですが、上の 2 つに比べると、どちらかと言うと「もっと非常度の高い事態の装備」です。

P1020329
(バーナーとボンベ、コッヘル、食器)

とか、

P1020328
(裁縫道具、コンパス、簡易水筒、浄水薬)

P1020323
(ロープ、テープ類)

こんなものまで必要になる事態には、ほんとうにならないでほしいものですが。

今回ちょっと失敗したと思ったのは、ローソクの常備が心細かったこと。最近の生活で「停電」が起きることはほとんどなかったので --- 子供の頃は、台風のときなどに長時間の停電がけっこうあったものですが ---、電気が使えなきゃ夜は暗いのだ、という当たり前すぎる事実を忘れていました。

ありがたいことに、私などより 100 倍も用心深い実父が昨日、キャンプ用のランタン型ローソクを 1 つ分けてくれました。

今用意してある水や非常食は、だいたい 2012~2013 年に期限がくるので、これからは半年ぐらいごとに点検して定期的に入れ替えないとダメですね。入れ替え時期には、毎食アルファ米でうんざりすることになりそうですが、そうなってくれることを心から祈っています。

01:25 午後 日記・コラム・つぶやき | | コメント (2) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2011.03.16

# 落ち着かない日々が続きますが......

Dontpanic


01:00 午後 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2011.03.04

# SDL Trados Studio 2009 の誤訳が本当に深刻

最近、ちょっとしたわけがあって、またかなり頻繁に Studio 2009 を操作しています。

Trados の UI やヘルプにあちこち誤訳があるという話はすでに何回か書いていますが、改めて本格的に使ってみると、誤訳があまりにひどく、もはや

欠陥製品

とすら言えるのではないかと思います。お仕事で 2009 を使っている方は、なるべく英語版ヘルプを併用したほうがいいようです(参考: Studio 2009 - オンラインヘルプの使い方)。

まず、ヘルプの翻訳で最近見つけたケース。

110304_2009help_1

ヘルプを一読して「?」と思ったら、すぐ英語版を調べましょう。

110304_2009help_2

This task is performed by default when a project is created as part of the Prepare task sequence.
このタスクは、プロジェクトが[準備]連続タスクの一部として作成されるときに、既定で実行されます。

as 以下の修飾句のかかり方がまったくダメダメです。文法的に気づくのが難しいとしても、Studio 2009 における「プロジェクト」と「連続タスク」の関係が少しでも --- 製品のことをまったく知らずにヘルプを少し読んだレベルだけで十分です --- わかっていれば、

プロジェクトが[準備]連続タスクの一部として作成される

なんてことはありえないと気づかないものでしょうか。

ヘルプ(とその翻訳)は付加サービス的な機能であって製品価格に含まれないと考えるにしても、インターフェース上で、製品を使用するうえで実質的な支障になるような誤訳があったら、それはソフトウェアとして欠陥と言われてもしかたがありません。

110304_2009ui_1

いちぱん上のチェックボックス、「作業中の分節を変更(編集)するたびに検索するんすか?」と思ってインターフェースを英語に変えたらこうなってました。

110304_2009ui_2

Perform lookup when active segment changes

なんだから、「次のセグメントに移動するたび」に検索かけるってことです。

UI 翻訳が難しいということは、これまでも何度か書いてきましたが、これはそんなレベルじゃありません。だいいち change が自動詞なのに、なんで「分節が変更された場合」となっちゃったんでしょうか。ここまで間違っていると、明らかにユーザビリティを損ねる一因になると思うのですが。

SDL さん、次のバージョンに向けて、UI 翻訳まとめてウチに発注しませんか? いやもう、マジで......

04:49 午後 TRADOS | | コメント (2) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加