« # ローカリゼーションと翻訳の乖離 | トップページ | # The Lord of the Rings のラジオドラマでウォーキング »

2011.01.20

# Chrome に完全移行できない、いくつかの理由

久しぶりに、ブラウザネタです。

仕事用のメイン PC でブラウザを使う目的は基本的に検索だけなので、Google Chrome しか入れていませんが、ネットの閲覧やブログの投稿などに使うのは、今でもサブ(ノート)PC 上の Firefox です。

なんといっても Chrome のほうが動作が軽快だし、Firefox だと、ATOK との相性が悪いのか、たびたび入力モードが切り替わってしまうとう点にも困っているので、サブのほうも Chrome に移行できればいいのですが、いくつかの理由で完全移行ができません。

ScrapBook(アドオン)

閲覧しているページを全部または部分的にスクラップしたいときは、Evernote ももちろん使いますが、複数の環境で見たい場合を別とすれば、Firefox のアドオン ScrapBook がやはり手放せません。


キャレットモード

Firefox では、[F7]キーを押すとカーソルがキャレットモード、つまり文字入力のときと同じような形状になり、キー操作でウィンドウ上のテキストをできるようになります。ブラウザ上のテキストを利用したいときには、この機能がいかに便利か ---逆に言うと、マウス操作だけでテキストを選択することがいかに不自由か ---、ご想像いただけれと思います。

いろいろ探してみましたが、Chrome にはこの機能を実現する拡張機能が存在しないようです。


Google 検索とページ内検索の連動

これは Firefox 固有の機能ではなく、Google ツールバーの機能なのですが、Google 検索したキーワードがこんな風にツールバーに表示され、

110121ff

このボタンを使うとそのままページ内も検索できます。この機能の便利さも、ネット上の調べものが多ければおわかりいただけますよね。

Google ツールバーの機能なのに Chrome には標準で同等の機能がなく、しかも Chrome 用の Google ツールバーというのは存在しない、という理不尽さ。

幸いこちらは、近い動作を実装できる方法が見つかりました。Google Quick Scroll という拡張機能です。

Firefox の機能と同等ではありませんが、これをインストールすると、Google 検索の結果から飛んだページで、検索内容と関連性の高い部分がこんな風に表示されます。

110121chrome

ブラウザウィンドウの右下に見えるこの黒い部分。ここのリンクを使うと、検索した内容にジャンプします。なかなか便利。

12:06 午前 パソコン・インターネット |

はてなブックマークに追加

« # ローカリゼーションと翻訳の乖離 | トップページ | # The Lord of the Rings のラジオドラマでウォーキング »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13481/50631105

この記事へのトラックバック一覧です: # Chrome に完全移行できない、いくつかの理由:

コメント

コメントを書く

## コメントは承認制なので、公開されるまでに時間のかかることがあります。



(必須ではありません)