« # トロールが帰ってきたらしい | トップページ | # side Trados 更新情報(10/27) - Google翻訳の脅威/驚異 »

2010.10.24

# あいかわらずトンチンカンの多いGoogle翻訳

技術的に志向している方向はおもしろいのに、まだまだ現状が伴っていないGoogleさんの翻訳。その例をまたひとつ。

101024_google_2

これ、Crowdsourcing を検索した結果から表示された英語版 Wikipedia の自動翻訳ページで、左カラムに表示される他言語ページへのリンクなんですけど、「簡体中文日本」とか「検索高度」とか、わけわかりません。特に、

ディスカウントホテルの概要

ってのがまったく意味不明です。原語に戻してみると、

101024_google_1_2

この並びを見ると(翻訳ページのマウスオーバーで原語を表示しても判りますが)、

Español → 簡体中文日本
Nederlands → ディスカウントホテルの概要

なんですが、どっかに、Nederlands っていうディスカウントホテルがあるのかしら。いや、そもそもそディスカウントホテルって何?

11:34 午後 翻訳・英語・ことば, パソコン・インターネット |

はてなブックマークに追加

« # トロールが帰ってきたらしい | トップページ | # side Trados 更新情報(10/27) - Google翻訳の脅威/驚異 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13481/49838279

この記事へのトラックバック一覧です: # あいかわらずトンチンカンの多いGoogle翻訳:

コメント

コメントを書く

## コメントは承認制なので、公開されるまでに時間のかかることがあります。



(必須ではありません)