« # Owls need a break sometimes too | トップページ | # 空白にまで設定されているリンクは禁止してほしい »

2010.09.19

# ビデオレンタル屋のジャンル別陳列をやめろ

以前もちらっと書きましたが(# 分類 vs 一覧 - インターフェースの話の番外編)、『南極料理人』を借りに行って、ビデオレンタル屋(レンタルビデオ屋?)が使いにくいと改めて思いました。

いやまあ、店員さんに聞いちゃえば早いんですけどね。

『南極料理人』、ちょっと前までは「新作コーナー」に並んでいましたが、その期間が過ぎたようでした。「邦画」の「ドラマ」のところに並んでいて、手に取ってみたらラベルは「ファミリードラマ」になってました。

第一に、私は映画を観るときジャンルなんてほとんど意識しない。第二に、ジャンル分けの難しい/意味のない作品だって多い。それゆえ、第三に、ビデオレンタル屋によって分類のしかたはまったく恣意的。

レンタル屋でビデオ(DVD)を借りるときって、まあ、なかには漠然と「ホラー映画が観たいな」と思いついてその棚を物色するというケースもありそうですが、ほとんどの場合は「映画館で観られなかった『○○○』を観よう」とか、「話題になってるから『△△△』を観てみたいかも」って考えるわけで、だとすればタイトルで探すのが普通でしょう。

私も今回は、「コメディ」っていう棚を探しましたよ。笑える映画だって聞いてたんで。でもなかった。だいたい「ドラマ」ってどんな分類なんだ? 「SF」だろうと「時代劇」だろうとドラマじゃないのか。これから観るんだから、ジャンルなんて知らないってば。

というわけで、『南極料理人』は面白かったのですが、レンタル屋はますます嫌いになりました。

これが、オンラインのレンタルだったら、タイトルでも監督の名前でも出演者でも、検索すればすぐに見つかります(以前はよく使っていたのですが、システムがちょっと変わってから使うのをやめていました)。

「検索するだけですぐ見つかる」というのは、リアル書店と Amazon の違いでもあるわけですが、本屋さんだと、目的の本を見つけるまであちこちの棚をうろうろしても、こんなに不快にはならないんですよね。ひとつには、本屋さんのほうが分類法も確立していてしっかりしている、ということがあるのかもしれませんが、まあ趣味、好き嫌いの問題なんでしょうね。

11:03 午前 日記・コラム・つぶやき |

はてなブックマークに追加

« # Owls need a break sometimes too | トップページ | # 空白にまで設定されているリンクは禁止してほしい »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: # ビデオレンタル屋のジャンル別陳列をやめろ:

コメント

本屋とか図書館は、逆にその"うろうろ"が楽しいのかもしれません。思いもよらぬ掘り出し物(?)が見つかったりするし。図書館のサイトで新着資料をチェックしても、お気に入りの作家でないとなかなか目に留まらないんですが、実際に並んでる本を見ると、つい手が出たりします。ビデオやDVDと違って、中をパラパラ見たりもできるし。

で、DVDを借りるときって、ほとんどの場合「これを借りよう」と思って店に行きます(私の場合)。うろうろして他にも何かないかなって探すことはほとんどない。だからなかなか見つからないと嫌になっちゃうんですね。

投稿: Ado | 2010/09/19 12:37:45

南極料理人、いいですよね。
最後KDDのオペレーターの女の人がナイスです。

レンタルショップは「とりあえずな人向け」で、
目標が決まっているときはやはり
オンラインがいいですね。

投稿: 竹花です。 | 2010/09/19 18:54:44

> ビデオやDVDと違って、中をパラパラ見たりもできるし

そこですよね。DVD 売る人は、その辺をよく考えたらいいと思います。


> 南極料理人、いいですよね。

原作本も図書館で借りてきました。ペンギンはいなかったはずですが、表紙(和田誠のイラスト)にはなぜかペンギンがいます ^^

投稿: baldhatter | 2010/09/24 17:48:19

この記事へのコメントは終了しました。