« # 「うんのさんの辞書」第5版、出版記念オフ会! | トップページ | # iPad - 「飽きた」とかもったいないなぁ »

2010.07.21

# 「うんのさんの辞書」のこと

昨日のエントリで新版の発売予定をお知らせした『ビジネス技術実用英語大辞典』。

実務翻訳に携わっている人なら必携、というか、私の周りの翻訳者さんはほとんどみなさんお持ちのようなので、今さら私などがその良さを宣伝する必要もないのですが、せっかくなので「私にとってどう良いか」という視点で書いておこうかと思います。

この辞書をまだお使いでない方、あるいは購入をご検討中の方は、私の駄文をお読みになる前にぜひ、こちらの「ビジネス技術実用英和/和英大辞典 序文」をお読みください。この辞書の編纂意図や特徴がよく判りますし、初版の謝辞を読むと、この辞書を使わせていただいていることの有り難さが倍増します。

用例や言い換えが豊富であることは、使い始めてすぐに気づきますし序文にも書かれています。それが、「実用」という名を冠するに相応しい、この辞書の最大の特徴でしょう。

豊富な用例や言い換えを挙げるというのは、語義を「訳語」として固定的に列挙していくという一般的な辞書のアプローチではなく、「こんな感じ」、「こんな使い方をする」という示し方によって

言葉を立体的に浮き出させ

ようとすることです。

そういう作りの辞書がどれほど貴重な存在であるか、翻訳者はみんな皮膚感覚のように判っていて、それが

- 単語の手ざわりをつかみやすい
- 訳語を思いつく手掛かりになる

という評価や賛辞につながっているのだと思います。

そんなわけで、私にとってはふつうの英和辞典ではなくむしろ英英辞典、特に Collins COBUILD などに近い存在です。

もちろん、こんなことは序文にもちゃんと書かれています。

多少くどく感じますが、探している言葉を思い付くための発想の助けになったり、言葉が持つ意味の幅の広さを示せるものと思います。

もちろん、訳語や用例がそのまま役に立つことも少なくありません。以下はその一例。

このエントリを書く前に、「私家版英語辞典」に initiative を追加しました。

代表的な大辞典の多くで記述が不完全なこの単語についても、「うんのさんの辞書」には第 3 版(2000年)ですでに「構想」という訳し方が用例として掲載されています。

11:43 午前 辞典・事典 |

はてなブックマークに追加

« # 「うんのさんの辞書」第5版、出版記念オフ会! | トップページ | # iPad - 「飽きた」とかもったいないなぁ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13481/48931680

この記事へのトラックバック一覧です: # 「うんのさんの辞書」のこと:

コメント

コメントを書く

## コメントは承認制なので、公開されるまでに時間のかかることがあります。



(必須ではありません)