« # ウソかまことか | トップページ | # Logicool マウスのこと »

2010.05.18

# 昭和の子供たちの替え歌

Twitter でちらっとネタになったので、まとめてみましたよ、と。

替え歌は、JA○RAC にもひっかからないらしいし。

♪♪
森トンカツ
いずみニンニク
囲まれテンプラ
静かニンジン  ← 重複を気にしないヤツは、ここも「ニンニク」
眠ルンペン   ← 「ル」で始まる食物を昭和の子供は知らなかった
ブル~ブル~
ブルドック~  ←たぶんブルドッグソースのこと

07:00 午後 日記・コラム・つぶやき |

はてなブックマークに追加

« # ウソかまことか | トップページ | # Logicool マウスのこと »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: # 昭和の子供たちの替え歌:

コメント

私は、

かーコンニャク
まれテンプラ

ですた。

投稿: Buckeye | 2010/05/18 21:34:59

あ、Buckeyeさんと同じです。
それと、六本木にあったナイトクラブで「ビジーフォー」がブルコメのまねをして、グッチ裕三がフルートの代わりにバットを持って歌ってたのを思い出しました。

投稿: Jack | 2010/05/18 23:56:40

同種の替え歌に、

 瀬戸ワンタン
 日暮れテンドン

投稿: 白い都 | 2010/05/19 1:30:55

おいらは「囲まれ天丼」だったような。

投稿: snafkin | 2010/05/19 8:18:42

> かーコンニャク
> まれテンプラ

あ、間違えました。私もこれです(コメントいただいたので、エントリはもう訂正しませんが)。Twitter で聞いたところでは、「かーコンピラ」というバージョンもあるそうです。

> グッチ裕三がフルートの代わりにバットを持って歌ってた

これは楽しそう^^;

投稿: baldhatter | 2010/05/19 10:15:47

> 瀬戸ワンタン
> 日暮れテンドン

あ、それは初耳です。
あの曲の頃には、そんな替え歌はしそうにない年齢になっていたのかもしれません。

投稿: baldhatter | 2010/05/19 10:17:13

> おいらは「囲まれ天丼」だった

Twitter で見かけたのもそのバージョンでした。

投稿: baldhatter | 2010/05/19 10:18:08

ちなみにこの替え歌、我が家の子どもたちはお気に入りで、風呂でよく熱唱しております(^^;)

投稿: Buckeye | 2010/05/19 11:34:25

最後は、

ブルーブルンペン、
ブルーシャトンカツ
でした。
at 群馬県前橋

投稿: ks | 2010/05/19 14:28:34

まさに本文に書かれたとおりの替え歌を、幼いころに歌っていた記憶があります。自然発生的にできたものではなく、誰か(漫才師とか)が歌って広めたのかな。

投稿: CHARADE | 2010/05/20 9:29:06

こんな替え歌があったとは、まったく知りませんでした。
本歌の方は知っていますが、替え歌が流行った当時すでに「子供」ではなかったからでしょうね(^^;
知っていたらきっと楽しく歌っていましたね~
今からでも遅くない?? ・・・ (笑)

投稿: 洒微 | 2010/05/20 13:47:10

> 風呂でよく熱唱

こんな昭和な替え歌を熱唱する平成のお子さんたち。こんなお父さんを持ったばっかりに ^^;

投稿: baldhatter | 2010/05/20 14:10:14

> 群馬県前橋

「ブルーシャトンカツ」は初めて聞くバージョンでした。こーゆーバリエーションは楽しい。

投稿: baldhatter | 2010/05/20 14:27:15

> 誰か(漫才師とか)が歌って広めたのかな。

Wikipedia によれば、ですけど、
「『日清ちびっこのどじまん』で四方晴美が歌ったのが流行のきっかけとされる」
だそうです。それでも「流行のきっかけ」に過ぎませんから、元歌は自然発生的だったのかもしれません。

投稿: baldhatter | 2010/05/20 14:28:26

> 今からでも遅くない

じゃ、今度オフ会で合唱しましょう :)

投稿: baldhatter | 2010/05/20 14:29:37

この記事へのコメントは終了しました。