« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010.05.29

# IT系記事に関する、これが読売クォリティ

自分の iPad レポを書いている余裕はないのですが、この記事はなんというか、やっぱり読売クォリティ、というところですか。

リンク: iPad発売…情報端末は新時代へ突入 : 経済ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

米アップルの新型情報端末「iPad(アイパッド)」が28日発売された。
高精細の大型液晶画面と使い勝手の良さを備えたiPadの登場で、パソコンメーカーや通信業界は新たな競争に突入する。
キーボードにもなる液晶画面は9・7インチで、携帯電話より格段に大きく、動画や電子メール、電子書籍、ゲームなどの見やすさや臨場感が増した。アスキー創業者の西和彦・尚美学園大学大学院教授は「パソコンよりも持ち運びが便利で使いやすい。5~10年で5000万台程度は普及する」と予想する。
パソコンメーカーは、キーボードにもなる液晶画面を備えた情報端末を投入して対抗する。「携帯電話より使い勝手の良く、新たな市場を切り開く」(NECの遠藤信博社長)期待が高いからだ。パソコンとも異なり、情報端末の使い道を変える可能性もある。NECは今年度中に対抗商品を発売し、富士通や東芝も発売を検討中だ。
通信業界でも、iPadというブランド力のある商品の発売を機に、顧客獲得競争が激化している。
iPadでの情報のやり取りに内蔵された携帯電話機能を使う場合は、ソフトバンクの回線しか選べない。このため通信各社は、無線LANを使うiPadユーザーの取り込みを目指す。
NTTグループは外出先でも無線LANを使える携帯型のルーターと呼ばれる中継機を6月に投入する。イーモバイルは26日から月額利用料を引き下げるキャンペーンを始めた。今後、データ通信料の価格競争が過熱する可能性もある。
米調査会社アイサプライによると、iPadの主要部品は、液晶画面のほか、データを記憶するフラッシュメモリーやDRAMも軒並み韓国メーカー製で、日本勢の採用はTDKの香港子会社製のリチウムイオン電池だけだ。
2007年発売の高機能携帯電話「iPhone(アイフォーン)」には「日本製の部品が多く使われていたが、その後のアップル製品では割合が減っている」(ディスプレイサーチの氷室英利ディレクター)という。低価格攻勢を仕掛ける韓国勢などの台頭を象徴しているといえそうだ。(河野越男、岩崎拓)
(太字、下線は引用者)

後半でいきなり論点がずれるとか、下線部分が一読では読み取れないとか(情報のやり取りに内蔵?)もさることながら、「キーボードにもなる」というフレーズが素敵です。ライターも気に入っているようで、わざわざ 2 回も使っています。

iPad だけだったら、「キーボードにもなる」と言ったら、こんなことも想像しますが、

Ipad_kb_1005292
JamPad

たぶんこのライターが言いたいのは、こういうことですよね。

Ipad_kb_100529

当たり前ですけど、Android 端末よりはるかに打ちやすいですね。ローマ字入力しかできないんで、仕事をしようとは思いませんけど、Twitter には便利。HootSuite for iPad が待ち遠しい。

04:32 午後 書籍・雑誌 | | コメント (6) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

# iPad - 即買いした 40 男を待っていたワナ

昨日届いた iPad (Wi-Fi、64GB)。

室内の Fi-Fi には即つながるし、Pocket Wi-Fi も設定できたし。ひととおり触ってみたんですが、もしかしたら私にとっては重大なワナがあったかもしれません。それは、

老眼

ここ数年かなり度が進んでいて、本や新聞を読むときは近眼用メガネを外すしかない。iPad を手に取ったときの距離もそれと同じですからね。これは困ったなぁ......

03:32 午後 iPad, パソコン・インターネット | | コメント (3) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2010.05.28

# 民放連、"Operation Desert Storm" 発動

リンク: テレビのデジタル化呼びかけるミニ番組・民放連

また、アナログ放送では、いわゆる「砂嵐」の画面をバックに早めのデジタル対応を呼びかけます。

ただの砂嵐放送を、「番組」と呼ぶ神経はさすがにテレビ屋さん。

10:06 午前 映画・テレビ | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

# いまのサイトでもありがちなこと

ちょっと前に、こんな 2ch スレッドを見かけて苦笑させられたものですが、

リンク: 【2ch】ニュー速クオリティ:昔の個人ホームページにありがちなこと「勝手に流れるMIDI」「キリバン報告」

今だって似たようなものです。

Tvasahi_100528

2 度とアクセスしたくない、煩い画面です(アクセスしたトップページも Flash)。

で、この真ん中にある画面(柳葉敏郎の映ってるところ)は、WOWOW や ANIMAX と同じように、内容が定期的に入れ替わる、私の大嫌いな Flash 画面です。

そんなわけで、Flash 非対応 万歳、な iPad 到着を待っている今日。

09:59 午前 映画・テレビ | | コメント (5) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2010.05.27

# What's the Punchline? --- 5/27 の天声人語

Twitter の TL を見ていたら、江川紹子さんが今朝の天声人語についてコメントなさっていました。もともと私の知らないエピソードだったので、興味深く拝読しました。

今朝は偶々、(私としてはめずらしく)早起きして新聞に目を通していたのがラッキーでした。

聴くのは楽しいが、ストラビンスキーの「春の祭典」は指揮者には難曲中の難曲らしい。故岩城宏之さんは豪州での本番の舞台で、演奏が途中で止まる大失態を演じてしまった▼曲は不協和音が連続して複雑だ。岩城さんによれば、疲れ果てたラストに最大の難所が来るという。そこで指揮棒を振り間違えて演奏は「崩壊」した。音の消えた会場は凍りつき、体がガクガク震えた。途中からやり直したが、恥じ入るほかはなかったそうだ▼さて、自らを「楽団の指揮者」にたとえる鳩山首相である。難曲ならぬ難局をどうさばくのだろう。沖縄への謝罪行脚で疲れ果てたところへ、社民党の福島党首との不協和音がけたたましい。棒さばき次第では連立は終止符と相成る▼社民党にとっては、普天間の県外移設は党是に等しい。旗をおろせば支持者を裏切る。だが政権を抜ければ、参院選を前に「その他大勢」に埋没してしまう。損と得を計りながらの、それゆえ高らかな、党首のパフォーマンスでもあろう▼首相の棒さばきは就任当初から覚束(おぼつか)なく、普天間問題でも閣僚が勝手な音を出してきた。いっときは「腹案」なる新曲が注目されたが、ここに来て楽譜すらなかったことが露呈した。もはや聴衆からお金を取れる演奏とは言い難い▼首相は3月の党首討論で、県外移設を「命がけで」と力を込めた。「いのちを守る内閣」の「命がけ」はかくも軽かった。同じ言葉を一昨日、福島さんも沖縄で言った。沖縄が期待をつなぐこちらの「命がけ」の軽重も、遠からず明らかになる。
(朝日新聞、5/27 朝刊)

江川さんの tweet によれば、岩城宏之氏のこのエピソード、ポイントは実はこの後にあるのだそうです。

・演奏が止まってしまった後で、岩城氏は聴衆に向かって「私が間違えました」と謝まった。
・自身の責任を明らかに表明したことで、団員の信頼はさらに増した。

いちばん肝心なところを外す、というのは以前から天声人語にありがちなことではあります。私としては、この話を知ることのできた Twitter にありがとうというところです(もちろん、紹介してくれた江川さんにも)。

--------------------
ちなみに、タイトルの What's the Punchline? は、その前に見ていたこのエントリから引いてきました。
リンク: エドじゃなくスティーブだった: Party in Preparation

09:29 午前 日記・コラム・つぶやき | | コメント (4) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2010.05.26

# DEWKs と DINKs

Buckeye さんのブログで久しぶりに DEWKs という語を見かけたので(DEWKs誘致: 山と鉄馬とDIYと)、ちょっと調べてみました。

DEWKs と DINKs (日本だと最後の s は付かないことも多い)、ちょうど自分が結婚した前後、1980 年代末くらいから見るようになったのですが、私個人としては、まず DEWKs が登場して、でもすぐそれが姿を消して DINKs が出てきた、そんな記憶がありました。

もちろん、意味としては

DEWKs = 夫婦どちらも収入があって子供もいる
DINKs = 夫婦どちらも収入があって子供がいない

なのですが、D のところは Dual、Dually、Double、Doubly と複数の説があります。しかも、おもしろいことに、いくつかの辞典に当たってみたところ、

DINKs は載っているが DEWKs は載っていない

場合が多いようなんでした。

かと言って、DEWKs が和製英語だということではないようです。ランダムハウス第 2 版には、

米俗*2職の子供持ち族. [d(ual-)e(mployed) w(ith) k(id)s]

というエントリがあって、まさか和製英語を(そう断りもせずに)立項するはずはありません。

でも、手元の英英(Webster's Collegiate 11th、Shorter Oxford)ではどれにも載っていませんし、ネット検索しても意外なほどヒットは少なく、辞書系サイトでも Investopedia に次の記述があるくらいです。

DEWKS families are marketing targets for toys, children's clothes and other goods and services that pertain to children. Contrast this with "DINKS"

Wikipedia にも Wiktionary にも、Ask Oxford にも項目はありません。

一方、DINKs は RHD、研究社台英和、広辞苑などにはもちろん載っていて、Collegiate にも SOD にも載っています。Collegiate によれば、初出は 1986 年だそうです。■


そんなわけで、英語圏での事情はわかりませんけど、少なくともこの国で DINKs が生き残って DEWKs が消滅していったのは当然と言えば当然という気がします。

かつての日本では、「共働き」と言ったら子持ちがふつうだったわけで、「夫婦どちらも働いていて子供がいない」というのはかなり少数派だったはず。だからこそ DINKs という、いわば「新しい選択肢」が注目された。しかも、1980 年代末の日本といえばバブルの絶頂期ですからね。有楽町西武が思い切り元気だったあの当時の日本に、DINKs という生き方は実によくフィットしたんだと思います。■

09:30 午前 翻訳・英語・ことば | | コメント (6) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2010.05.23

# 開運の翻訳支援ツール?

案の定、キャンペーンはまだ続いていたみたいですが...

Sdl_100520_2

なんだか、文面が

福を呼ぶ黄色い財布

みたいなノリになってきました。

09:18 午後 TRADOS | | コメント (4) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2010.05.21

# 広報 - SINAPS Forum オープン

昨日(5/20)、SINAPS Forum がオープンしました。JTF の個人会員として私も関係しているので、こちらでも広報することにしました。

以下、同フォーラムのトップページより抜粋です。


SINAPS(Standardization Initiative for New and Practical Style Guide)Forumは、翻訳の際に使用される日本語表記スタイルガイドについてディスカッションするための Web フォーラムです。2010年5月より約1年間の予定で日本翻訳連盟が運営します。
(中略)
SINAPS Forumでは、外国語から日本語に翻訳する際の「表記スタイル」と「翻訳ガイドライン」について話し合います。既存の翻訳用の「日本語スタイルガイド」についても、その使い方を考え、検討します。

検討の対象とする文章の種類を「実用文」とし、文芸作品などは対象としません。このフォーラムで検討した結果を、将来、日本翻訳連盟が独自の「日本語標準スタイルガイド(翻訳用)」を編纂する際に役立てたいと考えます。

日本翻訳連盟の会員以外でもディスカッションを閲覧し、意見を投稿できます。

産業翻訳に携わっているみなさん、日頃からスタイルガイドについて思うところ、語りたいことのある方は、ぜひご参加ください。

09:57 午前 翻訳・英語・ことば | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2010.05.20

# いい大人の「みんな持ってるよ」がまかり通っている

リンク: asahi.com(朝日新聞社):「市職員のヒゲヅラ禁止」苦情受け明文化 群馬・伊勢崎 - 政治

ちなみに、伊勢崎は濁らずに「いせさき」。神奈川県横浜市の伊勢佐木町が「いせきちょう」。

19日からクールビズに切り替えることを通知する文書の中で示した。「執務時間はプライベートな時間ではなく、全くの自由な服装をして良い訳ではありません。髭(ひげ)についても不快に思う市民もいるため禁止します」としている。職員課によると、現在ヒゲを伸ばしている職員はいない。ただ、長期休みの後などに無精ヒゲになった職員に対して苦情が寄せられることがあり、個別に注意してきた。担当者は「市役所も市民サービスの場。苦情には対処しなければならない」と話す。

どの程度の無精髭だったか知りませんが、それに苦情を言うという発想は、コンピューターおばあちゃんの画像にイチャモンつける神経にも通じるところがある気がします(# ことの大小を無視する思考停止の時代)。

が、それより問題なのは明らかに市のほうの対応。

「不快に思う市民」が実際に何人いたのか知りませんが、人数など関係なく、そんな実態の伴わない曖昧なものを根拠にこういう言動を起こしちゃうというところに、「買って買って~。みんな持ってるんだよ~」的に未発達で幼稚なメンタリティを感じます。

じゃ、この伊勢崎市の市役所、茶髪はどうなってるんでしょう。私みたいな長髪は?

01:43 午前 社会・ニュース | | コメント (5) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2010.05.19

# Logicool マウスのこと

夕べ、こんなスレッドを見かけました。

リンク: ロジクールのマウスを使ってる人ってなんなの、通はエレコムだよね:アルファルファモザイク

タイトルと違って Logicool 絶賛スレッドなわけですが、私と同じようにワイヤレスから有線マウスに戻ったという人も少なくないようでした。んで、このスレッドの開始早々に、

Logi_100519

というのがあって、私が買ったヤツはそこそこ評判がいいようです。私も快適だと思っています。

発売から 2 年近く経っていますが、まだ入手可能なので、今のうちにあと 2 つくらい買っておこうかなと考えているところです。

11:22 午前 パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2010.05.18

# 昭和の子供たちの替え歌

Twitter でちらっとネタになったので、まとめてみましたよ、と。

替え歌は、JA○RAC にもひっかからないらしいし。

♪♪
森トンカツ
いずみニンニク
囲まれテンプラ
静かニンジン  ← 重複を気にしないヤツは、ここも「ニンニク」
眠ルンペン   ← 「ル」で始まる食物を昭和の子供は知らなかった
ブル~ブル~
ブルドック~  ←たぶんブルドッグソースのこと

07:00 午後 日記・コラム・つぶやき | | コメント (15) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

# ウソかまことか

どちらかというと、嘘も嫌いではありません。「嘘が先か、冗談が先か」と俗に言うように、むしろ嘘というものの効用を擁護したいクチです。

リンク: ユーザーの3人に1人が「ネット上は嘘が多い」」 | web R25

元になったニコ動はこちら。
特別アンケート「ネット上の嘘について」結果‐ニコニコ動画(9)

何を今さら。

『じゃりン子チエ』のおバアだって、30 年以上も前に

テレビは嘘でっせェ~

と喝破しているではありませんか。

その当時のテレビだろうと今のネットだろうと、メディアというものはすべて、ひとまず疑ったうえで、そこから得られる情報を、自身の責任において取捨選択する、というのが本当の情報リテラシーでしょう。

だからもちろん、この R25 の記事だって、元になったニコ動の調査結果だって、そのまんま信用することは禁物です。

12:49 午後 日記・コラム・つぶやき | | コメント (2) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2010.05.11

# とり・みきの「書店管理官」シリーズ

電子書籍元年、に本当になるのかどうか判りませんが、そんな今こそ読みたいこの 2 冊。

発行はどちらも 2002 年ですが、連載時期は『ダイホンヤ』が 1992~93 年。『ラスト・ブックマン』が 2000~01 年とかなり古い。

実は、Twitter で「モノとしての書籍がコレクターズアイテムになる日がくるのかも」みたいな話が出たので、この本のことを紹介していたら、なんと、とり氏ご本人に RT されたんでした。

なんとな嬉しかったので、宣伝も兼ねてのエントリー。

09:12 午後 アニメ・コミック・サブカル | | コメント (2) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

# WiFi でも Wifi でもなく Wi-Fi

Twitter で nobusato さんが指摘してました。たしかに、固有名なので、表記は正確にしたいところです。

Logo_new_abgn_nodraft_3d_2

参考ページ: Wi-Fi Alliance: The Wi-Fi Brand

11:29 午前 パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2010.05.10

# 「青い影」のギターバージョン

偶々見つけました。プロコル・ハルムのあの「青い影」(A Whiter Shade of Pale)のギターバージョンです。

CD も出ています(ただし iTunes Store のほうがずっと安い)。

しかも、ご本人のブログも公開されていて、

リンク: Martin Tallstrom | Cool Music - Hot Guitar

なんと、タブ譜まで公開しているという親切ぶり。

Martin Tallstrom - Free TAB downloads

次の練習曲はこいつに決定。

12:18 午前 音楽 | | コメント (6) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2010.05.09

# 『語学力ゼロで8カ国語翻訳できるナゾ』のナゾ ~ 0 と 1 の間~

iPad の国内発売日決定を記念して、というわけではありませんが、side B に「♭いつまで続く、コンテンツ鎖国主義」というエントリを書きました。

出版業界は、上から下まで、それこそ黒船来航に等しい時代を迎えていることと思いますが、そんな外的要因を待つまでもなく、出版界のここ最近のダメっぷりは(もちろん例外は常にあるはずですが)、たとえばこーゆー本のタイトルの付け方ひとつ見ても明らかなわけでした。


『バカの壁』あたりから始まったらしい新書ブームも、ほんのいっときのカンフル剤にしかならなかったようですが、この手の新書のタイトルは、もちろん著者ではなく編集者が決めています

はじめに断っておきますが、水野麻子さんのこの本も、大筋ではたいへん参考になること --- そして、すでに実践している人にとっては当たり前のこと --- が書いてあり、ビジネス書としては良書の部類に入ると思います。

にもかかわらず、こんな "いかがわしい" タイトルを付けられてしまっている。今、新書本の 8 割以上は、この類なんじゃないでしょうか。「売れそうなタイトルを付けて、それだけで売る」という、未だに横行している商売。一時的には売れるかもしれませんが、その行為が全体にとって --- 新書という形態にとっても、出版業界にとっても --- どれほど有害な行為か。きっと、それを振り返っているヒマさえないんでしょうね。

でも、少なくとも私はもう、「講談社α新書」のシリーズには、よほどのことがない限り、手を出そうとしないと思います(今までも 1 冊も読んだことなかった)。そういうマイナス効果を、この手のタイトルは持っています。

もっとも、こういう思考回路って、出版に限ったことでも、まして商売に限ったことでもなく、ヒトが容易に陥ってしまうワナなのかもしれませんけど。

この本の内容について、1 つだけ書いておきます。それは「ゼロと 1 との間には無限の広がりがある」ということ。

詳細な引用は避けますが、和英翻訳の例として、「ネット検索を使えば重要なキーワードやキーフレーズは拾える。それを組み立てれば翻訳ができる」みたいなことが書いてあるわけですが、それができるのは、語学力がゼロではない証拠。

ほんとうにゼロだったら、キーワードやキーフレーズの適切さを判断できないし、文として組み立てることもできない。

著者はもちろん、「語学力ゼロでオケー」なんてことは一言も書いてなくて、「語学力という無自覚な前提をまず疑おう。別の視点、別の思考方法を実践してみよう」と提案しているにすぎないわけなのですが、でも、そういう内容の本を、こんな扇情的なタイトルだけで売ろうとしている。少なくとも、このタイトルを決めた編集の方に、出版文化を語る資格はゼロだと言えるでしょう。

いろいろ書いたけど、まあ、あれか。こんなタイトル、誰も本気でそう信じるわけじゃないんでしょうね。テレビ番組のタイトルと同じように、勝手にインフレ起こしてて、受け手のほうもその分をちゃんと割り引いて考えてるんでしょうね。私のこういう反応が大人げないだけ、と。

いいや、大人げなくて。

02:42 午後 書籍・雑誌 | | コメント (7) | トラックバック (1)

はてなブックマークに追加

2010.05.08

# 訃報 - 北林谷栄

リンク: 日本一のおばあちゃん役者…北林さん死去 - 芸能ニュース : nikkansports.com

『大誘拐』のときのおばあさん(刀自)役は最高でした。

98 歳だったそうなので、ちょうど、今の私の 2 倍の年齢だったことになります。「大誘拐」から「大往生」へ、というところですね。謹んでご冥福をお祈りいたします。

ちなみに、『大誘拐』は、「原作と映画のどっちも面白い」という数少ない例のひとつだと思っています。原作は、あまり有名ではないかもしれませんが、天童真(故人)。そして映画のほうは、私の好きな岡本喜八の監督作です。

10:15 午後 映画・テレビ | | コメント (0) | トラックバック (1)

はてなブックマークに追加

# ソフマップで驚いたこと

最近、PC は中古でしか買わなくて、しかもたいていはソフマップに行くのですが --- 値段だけならもっと安いところもあるけど、いろいろと買い物しやすいので ---、今回ちょっとビックリしたことがありました。

ひとつ目は、店員さんに非日本人が急に増えていたこと。中古駅前店だけでも、韓国の方、西アジアの方、黒い方がいました。そのうち二人に質問しましたが、コミュニケーションも知識も日本人スタッフとほとんど変わりません。結局はパソコン総合館に手頃な機種があったのでそちらで買いましたが、そのときの相手も西アジア系らしき人でした。

ふたつ目は、袋のデザインがビックカメラと共通になっていたこと。嫌いじゃないですけど。

09:35 午後 パソコン・インターネット, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2010.05.04

# 見苦しい言い逃れ

リンク: 時事ドットコム:5月決着無理なら退陣を=野党「公約違反」と一斉批判-谷垣氏

リンク: 時事ドットコム:「最低でも県外」公約でない=鳩山首相

昨年の衆院選で「最低でも県外」と約束したことについて「党の考え方ではなく、私自身の代表としての発言だ」と述べ、党の公約ではないとの認識を示した。

別に普天間の件だけで辞任すべしとは言わないけど、こんな見苦しい発言をするような人間が宰相というのは、ちょっと耐え難い。

総理大臣としてはもちろんのこと、政治家個人としても、政党の代表としても、責任と矜恃を完全に失っています。

もし逆に、「県外移転」が党の公約だったとしたら、「これは党としての公約であって、私個人が約束したわけではない」とか言ってたかもしれませんよ、この人。

08:16 午後 経済・政治・国際 | | コメント (6) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2010.05.03

# 「玉」だらけの交通事故ニュース

Mainichi100503

玉首都高、玉酒気帯び、玉野球部、玉公務執行妨害。

コピペのミスかなにかで、たまたま、こうなってしまったんでしょうね。

09:36 午後 あげ足とり・笑い | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

# 学習塾は今でも無防備なの?

リンク: 「修繕の仕事減り腹いせ」栄光ゼミばかり狙い : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

動機の切実さが、何ともやり切れないニュースです。

栄光さんも、業界大手とは言っても台所事情がけっして楽なはずはなく、ウチの近くでも校舎を縮小したりしています。入れ物にかける経費がかなり削られていることを、この事件ははからずも明らかにしてしまったことになります。

大手進学塾「栄光ゼミナール」(本社・さいたま市南区)を狙った連続器物損壊事件で、埼玉県警捜査1課と鴻巣署などは2日、同県熊谷市成沢、元内装工橡木(とちぎ)貞夫容疑者(69)を器物損壊容疑で逮捕した。
発表によると、橡木容疑者は2008年12月9日、川口市並木の西川口校の玄関ガラス2枚(約6万1000円相当)を割った疑い。「(栄光ゼミから)請け負っていた修繕の仕事が減り、腹いせにやった」と容疑を認めているという。
県内の栄光ゼミでは07年夏以降、ガラスが割られたり、校舎の壁やシャッターにスプレーで落書きされたりする被害が72件(被害総額約780万円)発生。県外でも同様の被害が数十件確認されており、県警は余罪を調べる。
捜査関係者によると、西川口校の入るビルの防犯カメラ映像などから橡木容疑者が浮上し、4月29日から任意聴取を開始。橡木容疑者は当初、黙秘するなどしていたが、2日になって容疑を認め始めたという。橡木容疑者は荒らされた校舎の修繕を栄光ゼミ側から受注しており、県警は仕事欲しさに同様の事件を繰り返していたとみている。

実は、私が学習塾で校舎の責任者を務めていたときにも --- 偶然ながら、この事件と同じ市内でした ---、金庫を荒らされて警察を呼んだことがありました。その当時すでに、あちこちの学習塾で似たような被害があったようですが、捜査に来た刑事さんが、「塾というのは、どこも無防備だから狙いやすい」のだと言ってました。

しかも出入りの業者であれば、いろいろと勝手がわかっていたんでしょうね。

防犯カメラの映像が手がかりになったというのだから、あの当時より防犯は進んでいたようです。

09:18 午後 社会・ニュース | | コメント (2) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

# みなとみらいに行ってきました

最近は、年に何回か中華街に通っているものの、実は横浜のそのほかの観光スポットにはちっとも行ったことがなかったのでした。今回、初めて「みなとみらい」に行ってきました。

みなとみらいと言ったら、私はこれで見たことしかなくて。


(2:20 くらいから登場)

今回いちばんの目的は、平成モスラに倒された観覧車、コスモクロック21 に乗ること。

P1010529

開園ぴったりに行ったので、10分くらいの待ち時間だけで、60 台中 2 台だけあるシースルーのゴンドラに乗れました。

いい天気で景色もけっこうでしたが、こういうアングルも好き。

P1010528

どことなく、フチコマを連想させるフォルムです。

お昼過ぎには、いつもどおり中華街に移動してランチを満喫。土産物屋さんを少し物色してから、夜景を見るべく、もういちどみなとみらいに戻りました。

日没すこし前に、ぽつりぽつりと電飾が灯り始めます。

P1010531

話に聞いていたとおり、昼間より夜のほうが観覧車は混んでいて、一般ゴンドラでも 60 分待ちでした(私たちが降りた後には 90 分待ち)。

P1010538

ウディ・アレンも、夜景のニューヨークだけは好きだと言っていたのを思い出します。

P1010540

遊園地などという空間に暗くなるまでいたのは、ずいぶん久しぶり。さすがにクタクタになりました。

02:35 午後 旅行・地域 | | コメント (6) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加