« # Input Director - 早くも Synergy から乗り換え | トップページ | # 字幕の女王による「超」吹替~ w »

2010.02.26

# 片岡義男の「きまぐれ飛行船」と One Dime Blues

ギターを再開したおかげで、いろんな曲のことをふと思い出すようになりました。

私が高校~大学生だった頃、FM 東京で月曜深夜 25:00 から、作家の片岡義男とジャズシンガー安田南がパーソナリティをつとめていた「きまぐれ飛行船」という番組があって、毎週欠かさず聞いていました。そのエンディングで流れるギターの曲が大好きでした。

このムービーの 0:30 頃から流れる角川文庫のコマーシャル(これも懐かしぃ)に続いて、1:10 くらいから流れる曲です。

あるとき番組の中で曲名と演奏者のことを言っていたと記憶しているのですが、もちろん忘れていました。

曲名は "One Dime Blues"
ブルースのスタンダードナンバーなのかな、演奏者はたくさんいて、「きまぐれ飛行船」エンディングのバージョンがどれだったのかはちょっと判っていませんが、いちばん有名なのが、Etta Baker という黒人女性ブルースギタリストの演奏するバージョン(この人のだけでも何曲かあります)。

風貌から想像できるように、インディアンの血も入った黒人。2006 年にお亡くなりになっていますが、おばちゃんカッコよすぎます。


06:57 午後 音楽 |

はてなブックマークに追加

« # Input Director - 早くも Synergy から乗り換え | トップページ | # 字幕の女王による「超」吹替~ w »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13481/47668825

この記事へのトラックバック一覧です: # 片岡義男の「きまぐれ飛行船」と One Dime Blues:

コメント

Wikipediaに載った彼女のバイオを見ると、インストゥルメンタルの「ワン・ダイム・ブルーズ」は、彼女のオリジナルで、ブラインド・レモン・ジェファースンのヴァージョンは同名異曲のようですね。カヴァー・ヴァージョンが多いのは、おそらく後者の方じゃないでしょうか。

僕もこの曲が大好きだったのですが、ながらく題名がわからず、片岡さんに直接訊いた記憶があります。ラジオ番組「きまぐれ飛行船」で使われたのは、確か、"Instrumental Music of the Southern Appalachians"というLPで、エタが亡くなった直後にCDで再発されたみたいですね。

投稿: ital | 2010/02/26 23:29:25

ital さん、コメントありがとうございます。

こういうレスポンスをその日のうちにいただけるところが、ネット世界のありがたさ。情報ほんとにありがとうございます。

> ブラインド・レモン・ジェファースンのヴァージョン

はい、そのバージョンも iTunes Store にあったのでダウンロードしてみました。こちらは歌詞付きで、かなり印象は違うのですが、でも基本は同じみたいで「同名異曲」というほどではないように思いました。

> 確か、"Instrumental Music of the Southern Appalachians"というLPで、エタが亡くなった直後にCDで再発された

あー、ほんとだ!!
冒頭の音のかすれ方が「気まぐれ~」と同じです。嬉しいなぁ。

> 片岡さんに直接訊いた記憶があります

なんと。実は私の友人(故人)にもそれと似たような行動をしたのがいました。近いうちに、B 面にそのことを書こうと思っています。

投稿: baldhatter | 2010/02/27 12:10:55

拙ブログでコメントありがとうございました。
確かにこの曲がエンディングでしたね。
吉田秋生、猫十字社、浅倉久志、森脇真末味等
総経理と共通するキーワードがありますね。
今後も寄らせていただきます。

投稿: 総経理廣川 | 2010/03/02 10:51:34

総経理廣川さん、コメントありがとうございます。
(面白いハンドルですが、複数の方でブログを運営なさってるんですよね?)

むかしのラジオ番組の中の 1 曲からこういうつながりが生まれるところがネット時代の楽しいところです。

> 吉田秋生、猫十字社、浅倉久志、森脇真末味等
> 総経理と共通するキーワードがあります

嬉しいですねぇ。今後ともよろしくお願いします。

投稿: baldhatter | 2010/03/03 20:01:42

はじめまして。
「きまぐれ飛行船」は東京での学生生活でよく聴いていました。
One Dime Bluesを久しぶりに聴けてうれしい限りです。
「頭の中の文章は英語で、それを原稿用紙に書くときに日本語に翻訳している」なんてことをおっしゃっていたのが印象的です。片岡さんの小説を読んで納得しましたね。これからも時々遊びにきます。

投稿: 夕張メロン | 2012/07/18 18:46:11

夕張メロンさん、コメントありがとうございます。

> 東京での学生生活

というのが大学生時代とすれば、私と同世代か少し上級かもしれませんね。片岡義男の小説自体は、2~3作しか読んだことないんですが。最近は、小説を書いているという話はあまり聞きませんね。

投稿: baldhatter | 2012/07/18 20:05:16

コメントを書く

## コメントは承認制なので、公開されるまでに時間のかかることがあります。



(必須ではありません)