« # 嫌いなインターフェースの話 - Esc で閉じないダイアログ | トップページ | # 本日の日本(1/29) »

2010.01.28

# 分類 vs 一覧 - インターフェースの話の番外編

前エントリに続いて、本当は「モーダルな検索ウィンドウも嫌い」という話を書くつもりでした。

気の利いたアプリケーションだと、検索ウィンドウを閉じても[F3]キーとか(秀丸エディタの場合)、[Ctrl]+[PageDown]とか(Word の場合)、[Shift]+[F4]とか(Excel の場合)を使うと次へ次へと検索ができるわけですが、その機能のないアプリケーションもけっこうある ---

そんな話を書くときのネタとして Microsoft のサイトを見ていたわけですが。

リンク: キーボードショートカットキーの一覧

このページで、たとえば Office XP の「Excel 2002 のショートカット キー」に進むとあっさりhttp://www.microsoft.com/japan/enable/products/keyboard/excel2002.mspx一覧を見られるのですが、同じ Excel でも Office 2003 になると、とたんに機能別に分類した形式 になっているわけでした。

リンク: Excel 2003 ショートカットキー

さて、このページで「次を検索する」ショートカット、探せますか? そもそも「検索」機能はどの項目に分類されてるんでしょうか(いろいろ見ましたが、まだ見つけられていません)。

分類した見せ方というのは、実は

- 論理的な体系が整っていること
- 使う側もその体系を知っていること、もしくはその体系情報を簡単に示せること

という条件が必要なはず(図書館の分類のような)で、その条件がそろっていないのなら、一覧を示したほうがよほど使い勝手が良い。

これは、たとえばレンタルビデオ屋などでも同様。むかし地元にあったレンタル屋さんでも、かつて単純にタイトルの五十音順で並んでいたビデオが、あるときを境にジャンル別に並べ替えられ、目的のビデオを探すのが非常に困難になりました。

とまあ、最近はどうもインターフェースというか、ものの見せ方というか、そういうことがいろいろと気になってしかたがないんですけど。

07:08 午後 パソコン・インターネット |

はてなブックマークに追加

« # 嫌いなインターフェースの話 - Esc で閉じないダイアログ | トップページ | # 本日の日本(1/29) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13481/47413371

この記事へのトラックバック一覧です: # 分類 vs 一覧 - インターフェースの話の番外編:

コメント

「ブックおよびワークシートで使用するショートカットキー」の「ワークシート内で移動、スクロール」にありました。Shift + F4 キーで変わっていないようです。実はググって見つけました(^^;)

僕も「次を検索」と「前を検索」のショートカットキーがないソフトウェアが嫌いです。目的の場所を過ぎてしまったときなど、いちいち検索方向をラジオボタンで指定して、検索ボタンをクリックしなきゃならない。時間の無駄ですよね。

投稿: michel | 2010/01/29 7:38:50

追加です。
Adobe Reader の検索で、検索ウィンドウが別ウィンドウで表示されるのもうっとおしいです。なので、いまだに 7.0 を使っています。java スクリプトはオフにしてますが。

投稿: michel | 2010/01/29 7:54:47

> 「ワークシート内で移動、スクロール」にありました。

なるほど、そうでしたか。

> 実はググって見つけました

問題のページの上のほうに、bing のフィールドがありますけどね ^^ そこで検索しても埒があきませんでした。

> 検索ウィンドウが別ウィンドウで表示される

「高度な検索」ですよね。オプションでオフにすると、このウィンドウを開かずにツールバーの検索フィールドだけが機能しますけど。

投稿: baldhatter | 2010/01/29 12:55:21

コメントを書く

## コメントは承認制なので、公開されるまでに時間のかかることがあります。



(必須ではありません)