« # 手抜きのマニュアル | トップページ | # 30数年ぶり »

2010.01.09

# 鹿肉三昧

北海道の竹花隊長から、なんと鹿肉をいただきましたぁぁ!!

リンク: 今年も鹿肉 頂きました!: こんなことしてません?

鹿も、しかも、ジンギスカンのタレに漬け込んだ焼き肉用と「ネック」の 2 種類をたっぷり。

鹿肉、初体験です。

(以下、料理の写真はあまり出来が良くありませんが)

まず、さっそくジンギスカン。たしかに、食べ慣れていなければ「クセがある」と表現したくなるかもしれませんが、私にはたいへん美味でした。牛や羊より上品な味だと思います。

Venisonbbq
(実際にはこの 3 倍くらいの量。盛り方もちょっと上手くなかったなぁ)

次は、「ネック」。こちら、「シチュー用」と書いてあったのですが、今回の調理担当である家内が、北米で食した venison を思い出しながら「ぜひともローストにしてみたい」と言ったので、2 日間かけてローストに。

まず、各種スパイスと岩塩をすりこんで、バルサミコ酢 + オリーブオイル + 赤ワインの中に一晩漬け込みました(これが昨日)。
Venisonspice
↑最近は、こんな使い切りサイズのスパイスも売ってるので便利です。

Venisonvinegar

今日になってから、タマネギやセロリたちと一緒にして 150度で 2 時間、130度で 2 時間かけて焼きました(海外のレシピには、100度くらいで 6 時間とか、75度で丸1日とか書いてあるものもあります)。
Venisonroast01

ところで、どのレシピを見ても「脂身は切り取ること」と書いてあったので従いました。ちょうど買ったばかりのセラミック包丁が活躍しました。

Venisonroast02

2時間経過したところがこれ。
Venisonroast03

焼き上がってスライスしたところ。
Venisonroast04_2

この後、食事用に盛り付けした写真はうっかり撮り忘れて --- その辺がレシピネタに慣れていない素人なわけでした ---、美味しくいただいちゃいました。

ローストビーフより食感がさっぱりしています。若いうちはビーフかもしれませんが、中年以降なら、ビーフやポークよりこっちのほうがよさそう。ワインを添えるとしても、必ずしも赤ではなく、辛口白なんかも合いそうに思います。

なんで日本ではもっと食べないのかなぁ。「臭みがある」とよく言われますけど、少なくとも今回はちっとも感じませんでしたよ。

隊長、本当にありがとうございました。いずれ形のあるお礼を ---。

08:17 午後 日記・コラム・つぶやき |

はてなブックマークに追加

« # 手抜きのマニュアル | トップページ | # 30数年ぶり »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: # 鹿肉三昧:

コメント

鹿、食べたことありません。
おいしそうですねえー! いいなあ。

投稿: みっち | 2010/01/09 20:26:28

みるからに美味しそうですね。
このピンク色がたまりません。
臭みが少ないのは熟成させてるからかもしれませんね。

投稿: 竹花です。 | 2010/01/10 1:25:28

> いいなあ

いいでしょー :)

> 臭みが少ないのは熟成させてるからかも

あ、そうですね。鹿肉も人間も熟成が大切です。本当にごちそうさまでしたー。m(__)m

投稿: baldhatter | 2010/01/10 4:43:59

鹿肉で出てきました....
うちの冷蔵庫にも人間が食べられる刺身用の鹿肉が眠っています。けいのジャーキー用になっていますが (^^;;)
生前の鹿肉を見ると食べるのを躊躇してしまうのですが、鹿刺しが一番癖がなくて好きです。今、鹿が異常繁殖していて、鹿肉も安くなっているので(ワンコ用)、普通に店頭に並ぶ日がくればいいですね。

投稿: けいまま | 2010/01/10 10:23:04

鹿、おいしいですよね。熊はちょっとさすがに熊でしたが(意味不明)。

投稿: Buckeye | 2010/01/11 8:45:15

> 鹿が異常繁殖

そうそう。そうなんだから、日本でもっとポピュラーならもっと普通に手に入るのになぁ。

> 熊はちょっとさすがに熊

Buckeye さんのことだから、「鹿」ときたら「馬」を並べるかと思ってました :)

投稿: baldhatter | 2010/01/12 21:45:31

この記事へのコメントは終了しました。