« # 痛い CM | トップページ | # 今日のはやぶさ君(1/14 JAXA 更新情報) »

2010.01.17

# 文明の伝播は模倣から

模倣天国、コピー文化といえば今ではすっかりお隣の国の話になってしまいましたが、文明の伝播は、いろんなものの模倣から始まるわけでした。

リンク: asahi.com(朝日新聞社):井伊直弼を撃った短銃? 幕末の複製和銃見つかる - 社会

Colt

米・コルト社製の複製で、全長35.4センチ。銃身内に七条の施条線が刻まれるなど高度な技術が使われていた。グリップは中国から輸入された高級紫檀(したん)。全身に桜の花が彫られ、一部には純銀も使われている。安政年間(1854~1860)に活躍した彫工「鎌田壽次」の名が彫られている。

オリジナルは、コルトのドラグーンでしょうか。
参照: Colt Dragoon Revolver - Wikipedia, the free encyclopedia

銃器でさえ一級の工芸品に仕立ててしまうあたりが、さすが日本の職人芸です。

03:29 午後 社会・ニュース |

はてなブックマークに追加

« # 痛い CM | トップページ | # 今日のはやぶさ君(1/14 JAXA 更新情報) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: # 文明の伝播は模倣から:

コメント

>銃身内に七条の施条線が刻まれるなど高度な技術が使われていた
匠の技術、恐るべし!
今度桜田門の変の映画が制作されるんですが、この短銃も出てくると面白いです。
一点豪華主義という意味ではドイツのキングタイガーもこの類ですね。
「ドイツ兵はすべての戦闘に負けたものではなく、ただ物量の重圧に屈したに過ぎない!」(ハンス・ウルリッヒ・ルーデル)
戦後キングタイガーのプラモが何セット売れたことか。

投稿: 竹花です。 | 2010/01/17 16:00:11

コルトが最初に立ち上げた、パターソンの工場の潜入記録が↓にありました。コルトは、親戚が設計したパターソン(東海岸ではナイアガラの次に大きな滝を生かした水力タービンをぶんまわせた)に最初工場をつくり、その後生地のコネチカット州ハートフォードに移るのだと思いますが、パターソンの工場はその後繊維会社が1983まで使っていたのが焼けちゃったという経緯だったと思います。絹都パターソン(日本ノ生糸の輸出先)は、行きたい街なので^^;

http://www.youtube.com/watch?v=AmI_eSaojuE&feature=related

こういうでかい工場で近代的な金属加工をやっていたのを模倣しちゃうのだから、すごい!

投稿: Sakino | 2010/01/17 17:07:10

> キングタイガーのプラモが何セット売れたことか

ですねぇ。私もキングタイガー含めてタイガー戦車を何台作ったことか。

タイガー戦車というと、クリント・イーストウッドが出るお気楽戦争映画『戦略大作戦』を思い出します(キングではなかったと思いますが)。

投稿: baldhatter | 2010/01/17 19:12:39

> パターソンの工場の潜入記録

なんか、Info 欄の煽りと、音楽の演出が... この方、廃墟マニアか何かなんでしょうか。

投稿: baldhatter | 2010/01/17 19:38:18

この記事へのコメントは終了しました。