« # 正月に飲んだ酒 | トップページ | # 手抜きのマニュアル »

2010.01.08

# Love Is All Around

『ラブ・アクチュアリー』は、人生捨てたもんじゃないと思わせてくれる素敵な小品で、どのキャラクターも魅力的なのですが、中でも私はビル・ナイの演じるこの中年シンガーが好きです。

Billnighy
YouTube - Billy Mack (Bill Nighy) - Christmas Is All Around (Love Actually 2003)
(URL 埋め込みが禁止なので、映像はリンク先でどうぞ)

で、このビル・ナイが季節に合わせて "Christmas is all around me......" と歌うべき歌詞を "Love is all around me..." と間違えてしまい、「この歌詞に慣れきってるからつい...」と言い訳します。

この取り違えがすでに、この映画のテーマそのものとも言えるわけですが、私この歌はてっきり作中のオリジナルだと思ってました。しかも、Television のこの歌あたりがパクリ元なんではないかと勝手に考えてました。

でも、調べてみたらちゃんとオリジナルがあるんですね。60 年代イギリスの The Troggs というグループ。ちっとも知りませんでした。

1967年発表の曲ですが、このビデオはなかなかいい感じです。

02:52 午後 映画・テレビ音楽 |

はてなブックマークに追加

« # 正月に飲んだ酒 | トップページ | # 手抜きのマニュアル »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: # Love Is All Around:

コメント

佐藤信彦です。

映画自体はとっ散らかっていてあまり好きじゃないけど、この歌が好きでサウンド・トラックCDまで買っちゃった。そのCDでMaroon 5の存在を知ることができたのも収穫。あと、マライヤより映画の子の方が上手いな、とか。

このおっちゃんも良い味出してますよね。テレビのインタビューで若者向けのメッセージを求められ「ヤクなんか買っちゃ駄目だぞ。成功すれば只でもらえるようになるから」(といった趣旨の発言)と答えたのが一番面白かった(^^)

ところで、英語ネイティブは「Love Actually」ってタイトルを見ただけで、映画のテーマである「Love is actually all around」っていうニュアンスが浮かぶのかなぁ。僕は「愛って」とまでしか分からなくて、タイトルの意味が全く分からなかった。

投稿: 佐藤信彦 | 2010/01/14 10:34:04

>映画自体はとっ散らかっていて
群像劇の宿命かもしれませんね。好きな人にとっては数多い人物の絡み合い・すれ違いのネットワークがたまらなく面白いけど、好みに合わないと散漫な印象で終わってしまうという。

タイトルは、冒頭シーンを見て「なるほど!」でした。まだ英語がよく読めない頃に火星年代記の原書を見つけ、既読の日本語訳の記憶を頼りにたどった時“After all, God was.”という一節で「God was 何??」となったのを思い出します。その後“God is.(神は存在する)”という定型句を知りましたが。なので
>英語ネイティブはタイトルを見ただけで
Love Actually...Is.
と見当のつく人もいるだろうし、そうでない人には「ん?」→「あっそうか!」となる、実に良いネーミングに違いないと思っています。

投稿: ハーブ | 2010/01/14 11:19:48

すみません、訂正補足です。
>冒頭シーンを見て
というのは「冒頭から2分くらいで画面に出る英文を読んでやっと」です。タイトルだけでは、私も意味するところがわかりませんでした。

投稿: ハーブ | 2010/01/14 12:35:02

佐藤信彦です。

> ……数多い人物の絡み合い・すれ違いのネットワークが
> たまらなく面白いけど……

そっかぁ、そういう見方があるんですね。僕はあの映画は人々の絡み合う密度や必然性が低かったように思ったので、イマイチと感じたんだろうな。

> タイトルは、冒頭シーンを見て「なるほど!」でした。
:
> 英語ネイティブはタイトルを見ただけでLove Actually...Is.
> と見当のつく人もいるだろうし、そうでない人には「ん?」→
> 「あっそうか!」となる、実に良いネーミングに違いないと思って
> います。

やっぱり、勘のいい人は別にして、宣伝で内容を事前に知っていたり、冒頭を見たりしないと分からないのか。少し安心しました(^^) ありがとうございます。

投稿: 佐藤信彦 | 2010/01/14 12:43:01

> タイトルの意味が全く分からなかった

私も、ましてカタカナ邦題を見たときには「なんじゃこりゃ」と思いましたよ。日本の映画会社が、またトンデモなことやっちゃったのか、と。

英語でもずいぶん手垢のついてしまった "Love" ですが、こういう使い方をすると蘇るなぁと感心しました。その話を家内にしたら、釜爺(千と千尋の神隠し)の「愛じゃよ、愛」も負けてない、と。なるほど。

投稿: baldhatter | 2010/01/14 15:53:26

佐藤信彦です。

> 釜爺(千と千尋の神隠し)の「愛じゃよ、愛」

それより先に、酒(缶入りカクテルか何か?)のテレビCMで俳優が「愛だろ、愛」って言ってた記憶がある(^^)

投稿: 佐藤信彦 | 2010/01/16 23:40:14

> テレビCMで俳優が「愛だろ、愛」って言ってた

ああ、そうなんだ。これですかねー。
http://www.youtube.com/watch?v=UB3uInS2JIQ

1994年だそうなんで、たしかに釜爺より早い :)

投稿: baldhatter | 2010/01/17 11:53:03

この記事へのコメントは終了しました。