« # ブログの運営を変更してみます | トップページ | # 今日の Google さん(12/14) »

2009.12.14

# カニバらない、カニバります、カニバるとき

cannibalization という経営用語があるのは知ってましたが、業界さんはこんな風なカタカナ書きで使うんですねー。



でも、「カニバリゼーション」って「自社の製品どうしが食い合う」ことのはずですよね(でなければ cannibalize などという物騒な単語を使う意味がない)。

参照: カニバリゼーション - J-marketing.net produced by JMR生活総合研究所

"Amebaなう" のモバイル版と PC 版がユーザーを奪い合うんだったら「カニバリゼーション」かもしれないけど、Twitter と張り合うんなら、ただの「競合」なんでは? それとも、よくあるパターンで語義・用法が拡大されてるんでしょうか。




Shiomaneking_4


カニバれ。

09:45 午前 翻訳・英語・ことば |

はてなブックマークに追加

« # ブログの運営を変更してみます | トップページ | # 今日の Google さん(12/14) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: # カニバらない、カニバります、カニバるとき:

コメント

Twitterと酷似しているので同類とみなしているんでしょうか。
否そこまで考えて(知って)いないだけでしょうけどね。
#そもそもアメーバ好きな人ってあんまり情報強者ではない気がするんですけど→Twitter-erと食い合いようがない

投稿: すみっこ兼業翻訳者 | 2009/12/19 12:12:12

> アメーバ好きな人ってあんまり情報強者ではない気がするんですけど

うーん、そこんとこは何とも :)

投稿: baldhatter | 2009/12/19 12:14:00

この記事へのコメントは終了しました。