« # 久しぶりに実感した「文明の利器」 | トップページ | # Seven Samurai、補足 »

2009.11.02

# Seven Samurai

文章もイラストも楽しい映画談義ブログ「古今東西座」、11/1 のエントリは BD 版『七人の侍』という羨ましいお話でした。

リンク: 「七人の侍」(今月のおススメ):古今東西座:So-net blog

私が今持っている DVD はこんな英語版です。

Seven Samurai - 3 Disc Remastered Edition (Criterion Collection Spine # 2)

7samurai_3

アニメでも日本映画でも、私は DVD ソフトをよく英語版で買います。そのほうが安いという理由もありますが、英語版の字幕とか吹き替えが面白いからでもあります。

『七人の侍』も、英語版字幕がけっこう楽しめます。村の長老のセリフが "Find hungry samurai" とか、シチュエーションをまったく無視して笑えるところがあちこちにあります。

ただ、残念ながら今持っているバージョンの英語字幕は平凡すぎてあまり面白くありません。実は、初めて見た英語版というのが 20 年くらい昔の、たぶん非正規バージョンだったのですが、たとえば勘兵衛(志村喬)が百姓たちの頼みをついに聞き入れる場面、

「この飯、おろそかには喰わんぞ」

というあのセリフが、かつて見たバージョンでは

I appreciate your sacrifice.

となっていました。セリフの意味をくみ取ったいい翻訳だと感心したものですが、今持っているバージョンでは

I won't let this rice go to waste.

という、つまらないというより、これに限ってはむしろ誤訳に近いかもしれない訳になってしまいました。

BD 版、観てみたいなぁ。

11:45 午前 映画・テレビ |

はてなブックマークに追加

« # 久しぶりに実感した「文明の利器」 | トップページ | # Seven Samurai、補足 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: # Seven Samurai:

コメント

ご紹介いただき、ありがとうございました。
僕も『七人の侍』米国版レーザーディスクを所有しています。この作品は全般的に台詞が聞き取り難いので、日本映画なのに英語字幕を読んで台詞を理解しようとしました。あまり英語は得意ではないので中途半端ではありましたが…

投稿: 丹下段平 | 2009/11/03 1:48:16

> 全般的に台詞が聞き取り難い

黒沢作品って長いあいだテレビ放映を制限されていて、『七人の侍』は 80 年代前半にようやく放映されました(それ以前にもたぶんあったんだと思いますが)。そのときはβテープで録画したのですが、やっぱりあちこち聞きにくかったですね。
91 年のリバイバル公開のときは、画面も音質もかなり改善されていましたが、それでもぜんぶは判りませんでした。

投稿: baldhatter | 2009/11/03 8:47:41

>I appreciate your sacrifice.
良かったですねー。劇場リバイバルの字幕がこれだったと思う。適度に難しい英単語を使っていたのが侍大将らしくて。無教養アメリカ人でも読みやすい訳、にされると名セリフ感がない…
ナウシカや攻殻機動隊は英語音声で観たほうが傑作度高い印象でした。特に後者の意訳はすごくて無言の「間」もセリフで埋めてるところが見事、俳句と英詩の違いそのままの語数差。しかし思い浮かぶ例が古いのばかり(苦笑)。

投稿: ハーブ | 2009/11/04 8:22:28

> 劇場リバイバルの字幕

え、リバイバルのとき字幕付きなんてありました? 私は見た記憶ありませんが、もしかして特定の上映回だけ付いていたのかな。惜しいことをしました。

投稿: baldhatter | 2009/11/04 10:08:54

この記事へのコメントは終了しました。