« # Seven Samurai、補足 | トップページ | # 30年を隔てた電気的音楽の出会い »

2009.11.04

# 教育行政の混乱は続くよ、どこまでも

Better late than never ... とは思いますが、この間、学力は届いていたのに推薦枠のために涙をのんだ受験生がどれだけいたことか。

リンク: 高校入試:公立高「学力」重視へ 広がる推薦廃止 中学生のレベル低下背景 - 毎日jp(毎日新聞)

素人や子どもが考えたって結果は明らかだったはずのことを、後になって慌てて軌道修正する教育行政の愚かさはあいかわらずです。

公立高校の入学試験で、学力検査がない推薦型の選考方法を見直す動きが広がっている。和歌山県と静岡県がすでに一般入試に一本化したほか、埼玉など3県が来春入学の10年度入試から、千葉など3県が13年度までに、すべての受験生が学力検査を受ける方式に改める。学力検査なしに入学できる高校の増加が、中学生の「学力低下」の一因という指摘が背景にある。【井上俊樹】
学力検査がない入試には中学校長が推薦する「推薦入試」のほか、「自己推薦」や「特色選抜」などと呼ばれる試験があり、調査書や面接、小論文などで選考する場合が多い。
毎日新聞が全国の都道府県教育委員会に確認したところ、大阪府は以前から推薦入試がなかった。和歌山県は07年度、静岡県は08年度から学力検査を課すようになっており、残る44都道府県で学力検査なしの推薦入試が行われていた。
このうち青森、埼玉、高知の3県はこれまで一般入試の前に行っていた、学力検査のない入試を10年度から廃止。一般入試後に行う後期試験でも3教科の学力検査を課す。また、千葉県と徳島県は11年度から、前後2回ある試験の両方で5教科の学力検査を行うことにした。
推薦入試は80年ごろから農業や工業などの専門科で始まり、90年代には普通科にも拡大。その後、自己推薦や特色選抜などに切り替える教委が相次いだため、学力検査を受けずに入学する生徒が一気に増えた。
今春の入学者の4割が自己推薦組で、学校によっては8割に上る埼玉県教委は「『学力検査がないため学習習慣が定着しない』という声がある」と説明。79年度の推薦入試導入以来、約30年ぶりに全受験生が学力検査を受ける。高校側は「高校入学のレベルに達していない生徒が多すぎる。中学時代にもう少し勉強するようになるのでは」(県立高校校長)と期待する。

そーいえば、業者テスト追放を断行したあの人は、今どこで何してるんだろうなぁ。そうそう、この人だ。

関連リンク: 企画・連載 : 埼玉 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

12:30 午後 社会・ニュース |

はてなブックマークに追加

« # Seven Samurai、補足 | トップページ | # 30年を隔てた電気的音楽の出会い »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: # 教育行政の混乱は続くよ、どこまでも:

コメント

確かに当然な流れだと思います。少年野球には誰でも入れるでしょうが、プロ野球球団は「実力」がないと入れないです。

投稿: 竹花です。 | 2009/11/05 9:34:33

> 確かに当然な流れ

当然なのに遅すぎる...

投稿: baldhatter | 2009/11/05 19:24:32

学力試験をなくした弊害は、大きいと思いますよ。その責任は、誰がとるんでしょう?

投稿: あやや | 2009/11/05 20:35:32

> 学力試験をなくした弊害

こういう行政の愚行による不幸な時期に当たってしまった世代が、しばらくするとまた「失われた○●」とか言われるようになるのかもしれませんね。

投稿: baldhatter | 2009/11/05 22:35:46

内申が生徒管理の手段になっていたということなんだろうなー、って思います。

そういうシステムの作り方が、JPの根っこのところにあるような……。あー、何もかも、やだやだ。

投稿: Sakino | 2009/11/06 20:54:48

> そういうシステムの作り方が、JPの根っこのところにある

よくも悪くもそういうシステムがこの国を支えてきた...という "どうしようもなさ" はありますよね。

であるなら、こういう不幸な時期に遭遇してしまった子どもたちには、「日本という国にはそういう救いがたい一面がある」ということをしっかり判らせたうえで、「でも今からだって取り返しは十分きく」(すでに自力で取り返した人も少なくないと思いますが)ということもしっかり伝え、サポートしていくのが、それより上の世代の役目なんだろうなぁ、と思います。

投稿: baldhatter | 2009/11/06 21:52:26

現在も家庭教師でお小遣い稼ぎしてます。日本の教育は時代遅れな感はありますね。いまだに教員がパソコンを使えなくて、生徒もパソコンを使わないとか、そういう話ばかり聞きます。

推薦はどうでしょう。そこまで決定的な要因なのか疑わしいです。「大阪府は以前から推薦入試がなかった。」とある大阪で、学力が最下位近くとか橋下知事が言ってましたし。

投稿: curiouser | 2009/11/07 7:15:18

> いまだに教員がパソコンを使えなくて

教員の OA 化(という言葉も今や古いですが)状況って、ちょっと不思議でおもしろいんですよね。

パソコン以前、ワープロは先生たちの間にあっという間に普及しました。私たち塾教師も、1人1台が当たり前(特に国語と英語の先生)でした。でも、ほとんどの先生にとっては「きれいなプリントが作れる」というところまでが需要の範囲だったようで、その後パソコンの普及には至りませんでした。塾でもそうだったのですから、公教育のほうではもっと後れていたでしょう。

私が現場にいたのは 1998 年までなので、その後はのことは知りませんが、子どもたちの話を聞くと相変わらずのようです。長男など、いつも「先生に教える側」だったと苦笑してましたし。

投稿: baldhatter | 2009/11/08 9:51:49

この記事へのコメントは終了しました。