« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009.11.30

# 翻訳者は関連資料をどのくらい見なければいけないか

翻訳のとき、的確な訳語を決定したり、用語や概念を正しく理解したりするために「関連資料」を調べることはもちろん翻訳仕事の一部です。ここで言う関連資料とは、その類ではなく、翻訳時にクライアントやベンダーから指定される、
・作業指示書
・スタイルガイド
・用語集など
・過去の翻訳物など、翻訳対象に関する参考資料
のことを指しています。

分野やクライアントの性質によっては、この手の資料がほとんどない場合もあるでしょうが、IT 翻訳ではある程度の分量が支給されることが少なくないようです。

でも、その量があまりにも多いと、「これ、ぜーんぶ読めってーの?」と言いたくなります。

私自身が翻訳会社に勤務していたときは、翻訳者さんにその辺のところがあまり負担にならないよう、できるだけ配慮していたつもりなのですが、それでも多かったかもしれないなぁと、自分が受注する側になってからよく思いました。


整理されていない指示書
ある程度大きい翻訳プロジェクトの場合、進行に従ってルールの変更や追加、ソースクライアントからのフィードバックなどがあることは珍しくありません。翻訳会社は、そういった経緯を吸収して整理し直した指示書を出すべきなのですが、いかにもツギハギ的な指示書をよく見かけます。それを読み取って理解するほうの負担を考えてください。


複数のスタイルガイド指定
たとえば、クライアント独自のスタイルガイドのほかに、「記載内容以外はマクロソフトの仕様に従ってください」なんて指示があったり、それとは別に翻訳会社独自の細かい指示や仕様が追加されていたり。私の場合、今ではもうスタイルごとにけっこう細かくスクリプトを用意してあるのでさほど困りませんけど、そういう準備がない翻訳者さんだと、これだけでかなり負担になっているんだろうなぁと思います。


ばらばら複数の用語集
用語集が1つのファイルにまとまっていないケースもよくあります。たとえば「基本用語 + 特定カテゴリの用語 + 製品コンポーネントのリスト + 関連マニュアルのリスト」みたいな感じで。まあ、ぜんぶテキストにして grep するから実害はあまりないんですけど(そんなわけで MultiTerm の出番はあまりない)、なんというか担当者の頭ん中が disorganized なんだなぁ、と思ってしまいます。


ソースクライアントから受け取って丸投げされた資料
「製品の概念についてはこちらを読んでください」なんてあっさり言われて、開いてみたら 100ページ以上もある英文ドキュメントだったり......orz 自分は読んだかい~?!


翻訳会社さん(の特定の担当者)としては、成果物のレベルを確保するつもりでいろいろと送りつけているんでしょうが、かなりの場合、逆効果なんじゃないでしょうか。上流工程でいろんな処理を済ませたい、という気持ちは判るんですけど。

どうしても指示が多くなるのなら、少なくともその内容をきちんと整理して、翻訳者の負担を軽くするように考えたほうが、トータルな労力は減るはずです。

もちろん翻訳者のほうも、そういうときは言いたいことを言ったほうがいいし、言える関係をふだんから築いておくべきなんでしょうね。

12:14 午前 翻訳・英語・ことば | | コメント (4) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2009.11.29

# 34,501ワードを10時間で……?

先日の Trados に関するエントリについて、あきーらさんが楽しい計算をしてくれましたので、ちょっと続けてみました。

元ネタ: # TRADOS さん、必死だなぁ


「34,501 ワードのプロジェクトを 10 時間で終了させることができました」という TRADOS さんの謳い文句について、あきーらさんからいただいたのがこんなコメントでした。

レート10円/wordだと、10時間×290日働けば1億円プレーヤーか!

先日の JFT 翻訳祭で Buckeye さんが挙げた「駆け出しのレート(= 5円)」だったとしても 5,000万円。Trados ってスゴイんですねー www

この広告を見て真面目にそんな皮算用をしちゃう人は、まずいないと思いますが......

真面目な話、この 34,501 ワードというのが全部 "No Match" レンジつまり通常の翻訳を必要とするワード数だったということは、常識的に考えてありえません(私の知ってる範囲でもかなり超人的な処理量の人はいますが、当然その上限を超えています)。

考えられるとすれば 34,501 ワードのほとんど、あるいは全部が 95-99% レンジだったという場合です。"95-99%" というのは、Trados の解析で 100%(完全一致 = 原則的に作業が不要)の次にくるレンジですが、実際にはタグの差異や原文のわずかな変更しかないことも多く、実質的な作業はたとえば、

セグメントの開閉を繰り返しながら確認し、ときどきタグを追加/削除する

だけということもありえます。そうであれば、もしかしたらこの処理量も可能かもしれません(それでも実際にはかなり困難だと思うのですが、あまり細かい検証ではないので)。

ですが、95-99% レンジの料金であれば 10円(あきーらさんの使った数字のまま)ということはなく、その10%~30%というところでしょう(翻訳メモリーを使うときはそういう計算をします)。かりに 10% = 1円もらえるとして、上記と同じ労働時間なら

34,501 x 1円 x 290日

--- それでも 1,000 万円は超えることになりますねー。

1日10時間ひたすらセグメントの開閉とタグの処理だけを繰り返して 1,000 万円。これを幸福な図式と呼ぶのかどうか。人それぞれ...ですよね、たぶん。

ちなみに、この 10分の1 に当たる 3,450 ワードを通常どおり翻訳したとしたら、

3,450 x 10円 x 290日

--- こちらでも(当然ながら)1,000 万円は超える計算です。

10:40 午後 TRADOS, 翻訳・英語・ことば | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2009.11.27

# 地球の輪

忙しいときの動画頼み。
もとい。楽しい動画は共有しましょう。

百式さんで見つけました。個人的にはキト(エクアドル)からの眺めが好きです。

11:20 午後 動画・画像 | | コメント (5) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2009.11.26

# させていただく Microsoft - その2

前エントリ、本当はあんなコント CM のことを書こうとしたんではなく、「させていただく」が気になるよなぁ、という話が本旨でした。

そもそも、自分から見るはずのないこんな CM を見ることになったのは、フィードリーダーに広告を流すサイトがあるからです。

Admicrosoft

こーゆー、頭に "AD:" って書いてあるやつ。ここで開いているのは 毎日.jp さんですが、5 個の記事ごとに広告を流すようにしてあるようです。

※あ、私のフィーダーの中身は細かく見ないように!!


で、この「マイクロソフト オフィス 2007の誤解をとかせてください」という言い方がなんとなーく目障りなわけです。このフィード自体は、「させて + いただく」ではありませんが、サイトに行くとしっかり

「誤解をとかせていただきました」

と書いてあります。

もちろん、「~させていただく」という言い方については以前からいろいろと指摘されているわけですが、今回はひとまず、こんなのを見つけました。

リンク: Yahoo!辞書 - させていただく

最近の若者に目立つことばづかい。もともとは、自分の行為を相手に許可してもらい、それによって相手に対してへりくだった気持ちを表すことばだが、最近では「私は○○高校を卒業させていただきました」とか「先生のご著書を読ませていただきました」といった言い方が増えている。高校を卒業したのは自分の実力であって、教師の恩恵によって卒業できたのではない。作家の著書を購入して読むのも自分の意思であって、作家から贈呈されて読んだのでなければ、本来の用法からすると誤りである。実際には受けていない許可や恩恵を受けているかのように見立てて、相手を敬っていることを示す丁寧表現のつもりで使っているようだ。 [ 新語探検 著者:亀井肇 / 提供:JapanKnowledge ]

ソースは JapanKnowledge ですが、亀井肇さんというのは現代用語の中の人だった方ですね(←この言い方も変ですけど)。

この説明の冒頭、「最近の若者に目立つ」というのはどうなんでしょう。企業なんかで、私より上の世代でもずいぶん使ってると思いますけど。

それはともかく、この説明を見れば、Microsoft さんの広告(に限らず広告全般ですが)でこの言い方がなぜ目障りか判ると思います。

前エントリに書いたように内容もえらくお粗末でしたが、広告の打ち方も含めて Microsoft さんもっと頭を使ってね、とご忠告させていただきたい。

11:55 午前 翻訳・英語・ことば, パソコン・インターネット | | コメント (6) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

# させていただく Microsoft - その1

先日、ドコモのサイト作りが最低という話を書きましたが、Microsoft のこちらも、「見栄えばっかりで情報量が少ない」という典型的な

勘違い Flash サイト

でした。あ、Microsoft さんだから Flash じゃなく Silverlight か。まあ、おんなじことですね。

リンク: Microsoft Office 2007 に対する誤解をとかせていただきました。 : Microsoft Office

・リボンは使いやすい
・ネットブックにも Office 2007 は必要
・家庭用にも PowerPoint は必要

という 3 点をアピールしたいらしいのですが、まずムービーで見せるという手法がウザったい。それぞれ 3 分少しあるので、3 つ見ると 10 分くらいかかることになる。

しかも、その内容がまた面白くも何ともないコント仕立て(バナナマン、ってどのくらい人気があるのか知りませんけど)。

そして --- 本当はここがいちばん問題なわけですが ---、内容が見事にスカスカ(まあ予想どおりでしたが)。

「リボンが使いやすい」って言いたいはずなのに、それを操作している肝心の画面は見せない。

なんで「ネットブックにも Office 2007 が必要」かと言うと、「添付ファイルを読めない」から。

「PowerPoint が必要」な理由は、「後輩が作ったパワポファイルを開く」ため。

見たまんまの、ただのコントネタというのなら話は判りますけど、まるっきり説明にも宣伝にもなってません。Microsoft さんのどんな部署のどんな人が企画して、どんな会社が制作したのかわかりませんけど、この CM を見て「Office 2007 買わなきゃ!」と思えというのは、ほとんど詐欺の手口みたいなもんでしょう。

これを書きながら確認したら、ページの下に「テキスト版はこちら」というリンクがあって、ムービー使わずにちゃんと説明してるのか、と思ったら、

ムービーのコントを文字にしただけ

でした......。アホさが徹底しています。

11:20 午前 パソコン・インターネット | | コメント (2) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2009.11.25

# 今日の Google さん(11/25)

ちょっと前、「夫」を検索したときの Suggestion がスゴいと話題になりました。このシリーズは、私が遭遇したその手のネタです。

Google_091125_2


Suggest しすぎだって......。

05:48 午後 パソコン・インターネット | | コメント (6) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

# TRADOS さん、必死だなぁ

(Trados ネタですが、本筋ではないので side Trados ではなくこちらに書いてます)

昨日から今日にかけて、SDL TRADOS から立て続けにメールが届いています。

リンク: 34,501 ワード。10 時間。翻訳者 1 名。こんなこと、可能でしょうか?

「34,501 ワード。10 時間」という数字だけじゃ、何の意味もありませんってば。

リンク: SDL Trados Studio 2009 製品セミナー(東京) <<緊急追加開催決定>>

こちらのセミナー(12/7)は、12/3 のセミナーが満席になったための緊急追加ということなので、ユーザーの関心は高いものの様子見の状態が続いていて、売上にはあまり結びついていないという状態なのかもしれません。

12:43 午後 TRADOS, 翻訳・英語・ことば | | コメント (5) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2009.11.24

# 合羽橋珈琲で手ぬぐいをもらった

本日は、某絵師さんとちょっとした打ち合わせがあったので浅草まで足を運び、ランチの後で「合羽橋珈琲」に行ってきました。

リンク: soi インテリア・雑貨

雑貨インテリア屋さんである soi の直営店なんだそうですが、今はたまたま何かのキャンペーン中だったらしく、こんな手ぬぐいをいただいちゃいました。

Soi_tenugui

調べてみたら、たぶんこれのようでした。

リンク: soi てぬぐい

コーヒーも美味しかったので、豆も買って帰りました。

Soi_coffee_3


07:33 午後 日記・コラム・つぶやき | | コメント (4) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2009.11.23

# こんなこともあろうかと

知り合いに教えてもらった傑作ムービー。

日本人のオタク的技術力にも感心しますが、それをこういう形の作品に仕立ててしまう人にも脱帽します。

08:52 午後 サイエンス, 動画・画像 | | コメント (6) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

# これは必見

おもしろい記事を見つけました。

リンク: 慶応2年から平成20年までのベストセラーをリストにしてみた 読書猿Classic: between / beyond readers

いやもう......スゴイなぁ。「紙の消費量が文化のバロメータ」なんて話もあったはずだけど。

02:20 午前 書籍・雑誌 | | コメント (2) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2009.11.21

# 三流ホテルの余分なサービス

side Trados の 11/20付エントリで Buckeye さんからいただいたコメントに、「三流のホテル」云々という話が出てきます。

念のため、この話について補足しておこうと思います。

「三流のホテル」というのは、しばらく前にネット上に実在した珍訳のことです。今年の翻訳祭に講師として登壇なさった Buckeye さんが、話のまくらとして引用し、大爆笑を誘っていました(ちなみに、今年の翻訳祭は 2 つの講演とパネルディスカッションの内容がうまくリンクしていて、うまく進んだと思います)。

さて、この実在のサイト、ネット上でけっこう話題になったあげく、さすがに誰かから通報がいったらしく日本語ページがなくなってしまったのですが、画像保存してあるページを見つけたので、ご紹介します。

Turner_hotel

この画像を見ると判りますが、「三流ホテル」というのは "three-star" のことらしく、「余分サービス」というのは明らかに "additional service" のことです。「ローマのセンタに建ててやりました」も素敵です。

ところで、Buckeye さんがまくら話としてお使いになったもうひとつのネタが、やはり有名なこれ。

ネタ元: パンダでたそがれ! それってどうなの!?世にも奇妙なDVD(fujiaire)

「ダィスク」
「オーポン」

といった笑える単語のオンパレード。この DVD プレイヤーに限らず、秋葉原に行ってちょっと探せば、この手のキテレツ爆笑日本語の付いた製品はいくらでも見つかります。

かなりいいかげんな世界で日本語化の作業が行われていると想像できるわけですが、でも日本だってこういう誤字はぜんぜん笑えない。

Spellloadshow

先日公開された映画『スペル』の公式サイトに行けば、こんな単語を見ることができます。これなど、まさに「オーポン」のレベルでしょう。

07:19 午後 翻訳・英語・ことば | | コメント (4) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

# side Trados 更新情報(11/21)

side Trados にエントリを追加しました。

Trados 翻訳後のチェック用ツール omiso.dot については、すでに何人かの方から問い合わせをいただきましたので、どのくらいの人がお使いになっているのかわかりませんけど、「便利かもしれない使い方」の Tips です。

★開発者のサイトがなくなってしまい、連絡先もわかりません。もし、開発なさった方がこちらや翻訳フォーラムをご覧になることがあったら、ぜひご連絡いただければと思っています。

--------------------
昨日 20 日は、日本翻訳連盟の翻訳祭に参加し、懐かしい人とか、以前に一度しか会ったことのない人にお会いすることができました。

12:25 午後 TRADOS, 翻訳・英語・ことば | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2009.11.19

# 今市子、アルファ商法版

いくら尾白と尾黒の人気が高いからって、再編集版でこの値段はないよなぁ。

どこがこんなアルファ商法をやってるかというと、こんな記事も目についた、朝日新聞出版。

とうとう早期退職者の募集開始! "高給取り"朝日新聞が失墜してゆく - 日刊サイゾー

09:06 午後 アニメ・コミック・サブカル | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2009.11.18

# メケ・メケ

とつぜんの訃報が流れてから 1 か月。未だにそれを引きずっているというわけではけっしてないのですが、ふと気づくと、自分の音楽生活のあちこちに故・加藤和彦の影が色濃く残っていることに驚かされます。

以前エントリにした、『よしだたくろう・オン・ステージ!!ともだち』でも(# よしだたくろう、のこと)、最近ギブソンのギターを買ったという語りのなかで、

加藤和彦大先生さまに頼みまして、このギターを手に入れていただいたのでありますが......

などという台詞がありました。

それから、ギャグばかりではなく楽曲にも秀作の多い『スネークマンショー(急いで口で吸え!)』、

の中で私が特に好きな「メケ・メケ」を歌っているのも、ギャグ名義 "Dr. ケスラー" を名乗っている加藤和彦でした。

もちろん、一定年齢以上の方にはこちら ↓ のほうが有名かも、という名曲です。

丸山明宏バージョンは、子どもの頃おぼろげに耳にしたことがあるくらいで、全曲ちゃんと聴いたのは今回がはじめてでした。たしかに美輪明宏の声ですが、今よりはるかに美声。そして改めて見ると、呆れるほどの美形なんですね。

ついでに、オリジナルのシャンソンはこちら。
YouTube - メケ・メケ ~ 詩人が死んだ時

08:25 午前 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2009.11.17

# 本日の日本(11/17)

本日の日本、「なんだかなぁ......」という感じのニュースばっかりです。

リンク: 産業/高島屋 気分はビートルズ「福袋」 - FujiSankei Business i./Bloomberg GLOBAL FINANCE

1点限りで特別提供する「ザ・ビートルズ福袋」は、などメンバーの故郷である英国への4人分の旅行費や、現地でビートルズが実際に使った音楽スタジオ「アビイ・ロード・スタジオ」の使用権、クラブでのライブ出演権など“ビートルズ気分"を満喫できる商品が入っており、ファンの話題を呼びそうだ。価格は、ビートルズの全14作品のCDセット=写真=などが付いて553万4900円。
一方、婚活福袋の目玉は1200万円相当の豪華婚礼衣装とダイヤモンドの婚約指輪をセットにした「東京婚プレミアムブライダルパック」。価格は777万円で、販売は日本橋店のみ。

********************

リンク: ☆☆☆世界最多の11店…ミシュラン東京2010 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

********************

リンク: ボージョレも価格競争、千円切るペットボトル登場 : 経済ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
===> 何百万もするような福袋を売ってたり、☆☆☆がいちばん多かったりする国で、ペットボトルのワインっすかぁ?

********************

Googleブック検索の和解案修正 日本など対象外に - ITmedia News
===> 一昨日のニュースですけど。硬直しきった頭脳たち。

11:47 午後 本日の日本 | | コメント (2) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

# unfriend

リンク: 「ともだちから外す」を意味する"unfriend"が09年の言葉に - 米大手辞書 | ネット | マイコミジャーナル

意味は「FacebookのようなSNSで誰かを"Friend"から外す」行為のことを指す。SNS全盛の時代を象徴するかのような単語だが、 unfriendはこのたびNew Oxford American Dictionaryによって「2009 Word of the Year」に選ばれることとなった。

「ともだち」から除外する --- 今日まで通っていた歯医者さんに揃えてあった『20世紀少年』を再読したばっかりだったので、まっさきに連想しちゃいました。「絶交」。

06:50 午後 翻訳・英語・ことば | | コメント (4) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2009.11.16

# ウルトラマンの中から出てきたひと

charade さんのエントリで知りました。

リンク: 2009-11-15 - Adminではないけれど [ブログ篇] - ウルトラマンの中のひと

古谷敏さん。この人、昔っからなんとなく好きなんですよ。「700キロを突っ走れ!」(ウルトラセブン第28話)のときとかね。けっして上手くはないんだけど一所懸命さが感じられる演技。

デアゴスティーニで最近廉価版の DVD が出た『三大怪獣 地球最大の決戦』でも、隕石(キングギドラが乗ってきたやつ)調査隊の隊員としてチラっと登場しています。

charade さんのエントリで紹介されてる、ひし美ゆり子さんのブログもけっこう面白い。

12:53 午前 映画・テレビ | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2009.11.15

# ググるなとまでは言わないけれど

翻訳者さんの一人が、tweet で教えてくれたページ。

リンク: プログラマで、生きている: ググるな危険

ググるな、とまでは言いませんけど、最近の Google 検索には気をつけなきゃいけないなぁ、と私もよく思っていたところです。

ひとつは、Wikipedia の記述を孫引きするサイトが増えてきたこと(Weblio とか goo などがそうです)。かなり流通していて万の単位でヒットする用語ならともかく、固定訳や熟した訳例が少ないような用語は特に注意が必要なようです。

もうひとつは、機械翻訳の結果を自動出力しているらしきサイト。変な訳文が目につくのですぐ回避はできますが、ヒットカウントに含まれてしまうのは考えものでしょう。「翻訳結果を除外する」って検索オプション、ありましたっけ? 少なくとも私は見つけていないんですが。

最近この両方に遭遇したのが、"US Minor Outlying Islands" という用語。このまま検索すると英語 Wikipedia のページがヒットし、そこに日本語 Wiki へのリンクがあって、そこには「合衆国領有小離島」と書かれています。ところが、この日本語を検索してみると(もちろん引用符囲み)、ほとんどのページが Wikipedia の引用か、よくわからない SNS 系サイトのようでした。

辞書でもサイト検索でも、最終的な拠り所は自分の判断という点は変わらないわけで(参考記事: # 最後の拠りどころは自分の経験だけ、たぶん)、その原則さえ守っていれば大丈夫なんですけど。

02:58 午後 翻訳・英語・ことば, パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2009.11.14

# Logicool に落ち着いた

11 日は買いに出られなかったので、12日の夕方に納品を済ませてから、夜 22:00 まで開いてるアキバヨドバシまで、マウスを買いに走りました(いや、まだ走れないけど)。

展示品でも、実際にはなかなか感触ってつかみにくいものなんですが、さんざん迷ったあげく、これに落ち着きました。

リンク: MX™518 Performance Optical Mouse

サイズは以前の M-D10UR よりさらに一回りくらい大きく、つかみ心地も上々です。そして本体は 146g というまずまずの重さ。

Logicool_pack_1
ドライバ付きのマウスというのも久しぶり。意味もなくワクワクします......

Logicool_pack_2
......ところが、ブリスターパックからなかなか出てきてくれない......コードを引っ張ったら危なそうだけど、結局そこをゆっくり引っ張るしかなかった。

そうそう、コードありです。前々回の M-DY3DR に懲りたので、あえて有線タイプにしました。無線マウスの場合、「何秒くらいで省エネモードに入る」なんて仕様のどこを見ても書いてないし、売り場のお兄ちゃんたちにも判らないそうで。

Logicool_inst_1
ドライバのインストール画面。

「いいえ、いりません」という潔いインターフェース文字列がなかなかよろしいのですが、このモデルさんの上目づかいはどうも気になる......

Logicool_inst_2
画面が進んでも、別の方がやっぱり上目づかい。

ロジクールさん、なかなかお茶目。

もともとマウスは最低限にしか使わないので、カスタマイズ可能なボタン類にはほとんど用がないのですが、でも「進む」と「戻る」はときどき便利です。

12:12 午前 パソコン・インターネット | | コメント (6) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2009.11.13

# Worst of the worst Windows

翻訳専業になって以来やむをえず Windows と付き合っていますが、こうしてみると、まだ最悪は免れているのだなぁ、と思いました。


10位……MS-DOS 4.0
9位……IE 5
8位……Windows 95
7位……Zune
6位……Bob
5位……ActiveX
4位……Windows Vista
3位……Vista Capable
2位……Clippy
1位……Windows Me

このなかで、直接間接に使ったことがあるのは Windows 95 と ActiveX だけ。幸運というべき......でしょうね ?

02:01 午後 パソコン・インターネット | | コメント (2) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

# 猫ネタ

翻訳者の猫好き率って、なんか高い気がしますよねー -> みなさん
(イヌ大好きの翻訳者さんも、もちろんいらっしゃいますが)

というわけで、らばQさん経由で見つけたネタ。

リンク: らばQ:猫パンチにボクシングの効果音を付けるとこんなに楽しい(動画)

01:18 午前 動画・画像 | | コメント (2) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2009.11.11

# あいかわらずセンスの悪いドコモ

ずっと F シリーズを使ってきたので、これはかなり注目かも。

なのに、ドコモのサイトに見にいったら、最低サイトの見本市のようでした(注意: リンク先は音声が出ます)。

- 勝手に音が鳴る
- Flash ページしかない
- 意味のない演出効果ばっかり
- 見たい情報になかなか行き着かない

あいかわらず困ったちゃんだよなぁ、ドコモ。

02:40 午後 パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2009.11.10

# マウス買い換えの失敗が続く

ひと昔前の小説家が万年筆にこだわったように、と言ったら大げさすぎるかもしれませんが、今どきの翻訳者にとって、キーボードとマウスというのは、やはりそれなりに重要性の高い存在です。

キーボードについては、以前ちらっと書いたように Filco ブランドの Majestouch 買い換えてからずっと快適なのですが、

Fkb108mjw_01

マウスのほうは、しばらく愛用したのがダメになって以来、選択ミスが続いています。

都内に出て、実物展示のある店で選べばいいのですが、つい近所のヤ○ダ電器で済ませてしまったのが失敗のもと。

ここ数年使っていたのはこれ(光学式/無線)。

Mouse_md10ur
KUNAC マウス Pro - M-D10URシリーズ

重さも操作感も非常に気に入っていたのですが、ゴム製のスクロールボタンが劣化してベタベタしてきたので、買い換えることにしました。で、まず買ってみたのが同じエレコムのこれ。

Mouse_mdy3drwh_02
27MHzワイヤレス光学式マウス- M-DY3DRシリーズ

同じ光学式/無線で、いかにも後継機種らしいのに、まずこれがハズレでした。内蔵電池が単3から単4になったため、私にとってはちょっと軽すぎるというのも欠点ですが、何よりスリープに入るまでの時間が短すぎる点にイラつきます。ちょっとマウスから手を離しているとすぐカーソルが止まったままになり、復帰するにはクリックかホイール操作が必要になるわけですが、うっかり変なウィンドウ上でそれをやると、予想外の動作に困惑することになります。

なんだかんだ言って、無線より有線のほうが確実だよな......そう思い直してさっき買ってきたのがこれ。

Mouse_mfgurwh
3ボタン光学式マウス<fit grast> - M-FGURシリーズ

「大きめ、Lサイズ」とあるし、パッケージごとだったけど持った感じも悪くなかったのですが、使ってみたら軽すぎてダメ。本体重量 90g 超というのが信じられないくらい、ちょっと触っただけでカーソルがフラフラ動いてしまう。

まあ、値段も値段だし......典型的な「安物買いの銭失い」だったみたいです。

08:11 午後 パソコン・インターネット | | コメント (11) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

# AVG 9.0 にアップグレード

ウイルス対策ソフトはずっと無料の AVG Free を使っていますが、それが 8.5 から 9.0 にアップグレードされたのでインストールしました(念のために 8.5 をアンインストールしてから)。

特筆すべきことはないのですが、最後の画面 UI に笑える誤字があったのでご紹介。

Avg90


02:56 午後 パソコン・インターネット | | コメント (5) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2009.11.09

# コマ撮り動画 2 本

落ち着いて更新する暇がないので、動画の紹介でお茶を濁すことにします。

Jackson vs Bean from Patrick Boivin on Vimeo.

見つけたのは GIGAZINE だったかな......。同じ作者の、こっち ↓ のほうが私は好きですが、どちらも感心します。

Iron Man vs Bruce Lee from Patrick Boivin on Vimeo.

10:40 午前 動画・画像 | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2009.11.06

# 不覚にも HMO に感動してしまった......

やっぱり買っちゃいましたよ。

私は前回、「30年を隔てた電気的音楽の出会い」と書きましたが、セールスコピーはこんなでした。

20世紀に想像した、21世紀の声がここにある---。

オープニングから『東風』まではスゴいなぁと感心しながら聞いていましたが、 『以心伝信』まできたら、なぜか涙が出そうになりました。

07:38 午後 音楽 | | コメント (2) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2009.11.05

# 加藤和彦@高橋幸宏のオールナイトニッポン

昨日のエントリで紹介した Hatsune Miku Orchestra ですが、コメントで ita さんが「散開コンサート」とご指摘になっていたので思い出したムービーがあります。

YMO の散開コンサートを NHK が放映したとき(1983年末)、曲の合間に挿入されていたお遊び映像のひとつです。

高橋幸宏が当時ジョッキーをしていたオールナイトニッポンの収録風景ということで、先日亡くなった加藤和彦の若き日の姿を見ることができます。

そのほかにも、三宅裕司(こっちもかなり若いなぁ)と、故・景山民夫もいます。

この NHK 放映版(散開コンサートの最終公演)、私はβテープの録画を持っていましたが今では見ることもできなくなり、ソフト化もされていません。こうして YouTube で見られるのが、せめてもの救いです。

このときの放映でほかにも挿入されたコント的ショートフィルム、ほかにもアップされています。

細野晴臣 VS 伊武雅刀。

細野晴臣作曲講座。

坂本龍一 VS デビットボウイ。『戦場のメリークリスマス』の公開から間もない頃でした。

このほか、坂本龍一と樋口可南子によるミニドラマ風コントもあったんですが、これはアップされてないみたいです。けっこう笑えるんですが、残念。

散開コンサート本編は、たとえばこちら。

07:11 午後 動画・画像 | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

# 訃報 - レヴィ=ストロース

リンク: C・レビストロース氏死去 構造主義の巨人 - 47NEWS(よんななニュース)

おぉお......

ちょうど 100 歳ということで大往生でしょう。

02:20 午前 文化・芸術 | | コメント (3) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2009.11.04

# 30年を隔てた電気的音楽の出会い

これはもうね、出るべくして出た、というところでしょう。

ちなみに、オリジナルジャケットはこんなでした。


08:19 午後 音楽 | | コメント (2) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

# 教育行政の混乱は続くよ、どこまでも

Better late than never ... とは思いますが、この間、学力は届いていたのに推薦枠のために涙をのんだ受験生がどれだけいたことか。

リンク: 高校入試:公立高「学力」重視へ 広がる推薦廃止 中学生のレベル低下背景 - 毎日jp(毎日新聞)

素人や子どもが考えたって結果は明らかだったはずのことを、後になって慌てて軌道修正する教育行政の愚かさはあいかわらずです。

公立高校の入学試験で、学力検査がない推薦型の選考方法を見直す動きが広がっている。和歌山県と静岡県がすでに一般入試に一本化したほか、埼玉など3県が来春入学の10年度入試から、千葉など3県が13年度までに、すべての受験生が学力検査を受ける方式に改める。学力検査なしに入学できる高校の増加が、中学生の「学力低下」の一因という指摘が背景にある。【井上俊樹】
学力検査がない入試には中学校長が推薦する「推薦入試」のほか、「自己推薦」や「特色選抜」などと呼ばれる試験があり、調査書や面接、小論文などで選考する場合が多い。
毎日新聞が全国の都道府県教育委員会に確認したところ、大阪府は以前から推薦入試がなかった。和歌山県は07年度、静岡県は08年度から学力検査を課すようになっており、残る44都道府県で学力検査なしの推薦入試が行われていた。
このうち青森、埼玉、高知の3県はこれまで一般入試の前に行っていた、学力検査のない入試を10年度から廃止。一般入試後に行う後期試験でも3教科の学力検査を課す。また、千葉県と徳島県は11年度から、前後2回ある試験の両方で5教科の学力検査を行うことにした。
推薦入試は80年ごろから農業や工業などの専門科で始まり、90年代には普通科にも拡大。その後、自己推薦や特色選抜などに切り替える教委が相次いだため、学力検査を受けずに入学する生徒が一気に増えた。
今春の入学者の4割が自己推薦組で、学校によっては8割に上る埼玉県教委は「『学力検査がないため学習習慣が定着しない』という声がある」と説明。79年度の推薦入試導入以来、約30年ぶりに全受験生が学力検査を受ける。高校側は「高校入学のレベルに達していない生徒が多すぎる。中学時代にもう少し勉強するようになるのでは」(県立高校校長)と期待する。

そーいえば、業者テスト追放を断行したあの人は、今どこで何してるんだろうなぁ。そうそう、この人だ。

関連リンク: 企画・連載 : 埼玉 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

12:30 午後 社会・ニュース | | コメント (8) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

# Seven Samurai、補足

これだけの名作ですから、きっといろんな人が情報をアップしているだろうと思っていたのですが、こんなページを見つけました。「LD&DVDギャラリー」という、けっこう老舗のサイトです。

リンク: 七人の侍

丹下段平さんの持っている BD 版についても情報が載っていて(ページ終わりのほう)、私が持っているバージョンもそのすぐ上に解説があります。

10:16 午前 映画・テレビ | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2009.11.02

# Seven Samurai

文章もイラストも楽しい映画談義ブログ「古今東西座」、11/1 のエントリは BD 版『七人の侍』という羨ましいお話でした。

リンク: 「七人の侍」(今月のおススメ):古今東西座:So-net blog

私が今持っている DVD はこんな英語版です。

Seven Samurai - 3 Disc Remastered Edition (Criterion Collection Spine # 2)

7samurai_3

アニメでも日本映画でも、私は DVD ソフトをよく英語版で買います。そのほうが安いという理由もありますが、英語版の字幕とか吹き替えが面白いからでもあります。

『七人の侍』も、英語版字幕がけっこう楽しめます。村の長老のセリフが "Find hungry samurai" とか、シチュエーションをまったく無視して笑えるところがあちこちにあります。

ただ、残念ながら今持っているバージョンの英語字幕は平凡すぎてあまり面白くありません。実は、初めて見た英語版というのが 20 年くらい昔の、たぶん非正規バージョンだったのですが、たとえば勘兵衛(志村喬)が百姓たちの頼みをついに聞き入れる場面、

「この飯、おろそかには喰わんぞ」

というあのセリフが、かつて見たバージョンでは

I appreciate your sacrifice.

となっていました。セリフの意味をくみ取ったいい翻訳だと感心したものですが、今持っているバージョンでは

I won't let this rice go to waste.

という、つまらないというより、これに限ってはむしろ誤訳に近いかもしれない訳になってしまいました。

BD 版、観てみたいなぁ。

11:45 午前 映画・テレビ | | コメント (4) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2009.11.01

# 久しぶりに実感した「文明の利器」

料理もメカも好きな末娘のリクエストで、こんなものを買いました。

あ、間違えた。
こっちこっち。

Amazon で本/CD/DVD/ソフト以外のものを買ったのって、たぶん初めて。

私が作る夕飯の定番でさっそく餃子を作りましたが、皮に包む前の作業は「ほとんど何もしなかった」感じ。巷の噂には聞いていましたが、これほど便利とは思いませんでした。かなりカンドーしてます。

12:05 午前 日記・コラム・つぶやき | | コメント (6) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加