« # 草津で温泉療養~その1 | トップページ | # 思いがけず似ていた »

2009.10.21

# 草津で温泉療養~その2

宿泊先は「極楽館」という、こじんまりとした旅館。

前回泊まって気に入ったので、まだ「定宿」と言えるほどではないのですが、これからぜひ「定宿」にしていきたいと思っています。

サイト: 草津温泉・大日の湯「極楽館」

Kusatsu04

湯畑から西の河原 --- こう書いて "さいのかわら" と読ませる --- に向かうメインストリートの中程という便利なロケーションですが、部屋数わずか 7 室という小さい旅館です。ファミリーとか団体さんには向いていないでしょう。

Kusatsu05

玄関を入るとすぐ、こんな洋風のレストラン(食事はここ)になっていますが、それ以外はほぼ純和風の宿です。

Kusatsu06

代々のご主人の趣味なのかどうか、信楽焼の狸がこの宿のモチーフになっているらしく、屋内のあちこちに狸の置物があります。お湯につかってのんびりするぞーというこちらの気分に、この長閑な風情がかもしだす癒し効果は抜群です。

Kusatsu08_3

泊まった部屋にはこんな絵も飾ってあって、13 年前にはこの絵がマッチ箱にもあしらわれていました(今回そのマッチ箱はなかった)。

狸だけではなく、屋内にいろいろと昔の調度品が飾ってあるのもいい雰囲気。

Kusatsu09

浴室に向かう階段には、こんな風にむかしの時計が飾ってあったり、

Kusatsu10

そこでもこんな小さな狸が出迎えてくれたりします。この階段を下りた左手には、

Kusatsu11

湯上がりにちょうどいい談話室もあります(16日に書いた『目で見る日本登山史』は、ここで読んだ)。そして、この談話室を眺めながら浴室に向かう、この渡り廊下の風情もなかなかです。

Kusatsu12

一流の造園とか、そんなものではもちろんありませんが、むしろそんな風に気取っていない、当たり前にごく自然なたたずまいが、お風呂に向かう気分をなんとなく盛り立ててくれます。

Kusatsu13

その渡り廊下の端に立っている、この宿の来歴を語る立て札。

そう、ここにも書かれているとおり、この宿の最大のウリであり、私も定宿にしたいいちばんの理由が、ここのお湯なのでした。

さすがの草津でも、ほとんどの旅館は数か所にある源泉からの引き湯なのですが、極楽館は珍しく自家源泉。しかも、熱めの湯が多い草津ではこれも珍しいくらい、ぬるめのお湯で、ぼーっといつまででも入っていられます。女性の場合には美肌効果が抜群なんだそうですが、そうでなくとも、草津のどのお湯とも違う、なんというか不思議な効能を感じる泉質です。「大日(如来)の湯」というキャッチフレーズ、伊達ではないのでした。

Kusatsu14

ただし、浴室はけっして近代的なものではありません。シャワーはないし、大理石でも檜でもないし、見晴らしのいい露天風呂が付いているわけでもありません。むしろ、草津の平均的な共同浴場に近い雰囲気なので、求めるものが違う人にとってはむしろつまらない宿に見えるかもしれません。

泉質で言えば、私が知っている温泉の中でもダントツです。さらっとしていて、身体を芯から癒してくれそうで、こんなお湯に毎日つかっていたら、まちがいなく人間が円くなります。

Kusatsu15

ライトアップした湯畑。この辺の演出は、観光地としてぬかりがありません。

Kusatsu16

最後の 1 枚は、極楽館のレストランに飾ってあった絵はがき大の絵。私がいちばん気に入っていると書いた共同浴場を描いたものでした。

極楽館の女将さんとご主人、足の完全でない私をいろいろと気遣ってくださり、最後の日にはバスターミナルまで車で送ってくれました。今度は 13 年も空けずにまた行こうと思っています。

極楽は この世にもあり 風呂上り

(来歴の立て札にも書かれている句。かつては狸の絵と一緒にマッチにも書いてありました)

11:26 午前 旅行・地域 |

はてなブックマークに追加

« # 草津で温泉療養~その1 | トップページ | # 思いがけず似ていた »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: # 草津で温泉療養~その2:

コメント

いいなぁ~、温泉。こんなの読んだら、行きたくなっちゃうじゃないですか。

長男の受験が終わったら、春休みにでも温泉旅行しよう、と友人と話してたんですが(「家族と」じゃないところがミソ (^_^;)、諸般の事情により実現しないまま今に至ってます。

観光も何もしなくていいから、のんびりお湯につかって、美味しいもの食べて、一日中ぼ~っと過ごしたい。

投稿: Ado | 2009/10/21 16:36:04

> のんびりお湯につかって、美味しいもの食べて、一日中ぼ~っと過ごしたい

ほんとにそういう生活してましたから :)
「命の洗濯」という慣用句を実感しました。

投稿: baldhatter | 2009/10/21 18:30:44

写真と文からも、旅行を楽しまれた様子がうかがえます。

♪草津よいとこ 一度はおいでぇ~ どっこいしょ♪

私も一度行ったことがあるはずなのに、写真で拝見しても、
「湯畑? いや見たことないな」。よくよく考えたら、
私が行ったのは草津スキー場。温泉ではありません
でした。
「命の洗濯」、行きたいなあ~。

投稿: Jack | 2009/10/22 14:18:33

> 草津スキー場

冬はかなり積もりますね、この辺。
急な坂もけっこう多いので、冬場は特にお年寄りにとって危険ではないのかと思いましたが、高温の温泉をさますために使った水が温かくなるので、その余った温水を地下に通して溶かすんだそうです。

投稿: baldhatter | 2009/10/23 13:20:54

この記事へのコメントは終了しました。