« # いろいろな翻訳単価 | トップページ | # 久しぶりに実感した「文明の利器」 »

2009.10.31

# 翻訳者の労働時間 - 私の個人的なケース

トラックバックはしていませんが、Buckeye さんの記事がきっかけになって、

リンク: 祝日: Buckeye the Translator

自分の職歴と労働時間について振り返ってみました。

何度か書いているように、翻訳会社に勤務する前の十数年間、私は小・中学生相手の進学塾で教師をしていました。その頃の勤務は
14:00 ~22:00
というヤクザな時間帯で、休日は日曜日。しばらくして交代制で週休 1 日がプラスされて週休二日になりました。

景気のよかった頃はほぼこれが維持されていましたが、1990 年代前半には少子化と不況のあおりで塾業界全体が冷え込み、日曜や祝日のたびに公開テストなどの集客イベントを打つようになったので、1 か月以上休みなし、みたいなペースが常態化していました。管理職になった最後の数年間は、労働時間が平均 12 時間超、休日は年間 10 ~ 20 日という感じだったと思います。

それだけに、翻訳会社に転職して(1998 年)労働時間も人並みになり、「土曜・日曜・祝日は必ず休める」という状態になると、しばらくは自分も家族も新鮮な感動を味わったものでした。この会社でも、労働時間はだんだん長くなる傾向はありましたが、それでも「カレンダーで赤い日は休める」という点は最後まで確保されていました。

で、フリーになった今はどうかというと、

> 月平均25.9日、1日平均9.3時間

この状況はよく判るなぁ、というところでしょう。私の典型的な 1 日のパターンは、

- 午前中はメールの確認やネットの巡回から始めて少しずつ仕事に手をつける(1~3 時間)
- 昼食後はおおむね夕方まで翻訳(2~3 時間)
- 夕食後も日付の変わるくらいまで翻訳(2 ~ 4 時間)

といった感じなので、通常の労働時間は 1 日 5 ~ 11 時間くらい。← ムラがありすぎ?

土曜と日曜もウィークデイの半分くらいは稼働していることが多いので、労働日数は多いほうかもしれません。

結局、トータルな労働時間は会社勤務時代より増えたのか減ったのか、自分ではよく判らないんですけどね。実感としては通勤時代より楽をしている気がします。最大の理由は、1 日何時間だろうと週に何日間だろうと、

労働時間が自分の管理下にある

ということに尽きるようです(管理できているかどうか、は別ですけど)。休日も自分で設定できるからこそ、平日に温泉に行ったりもできるわけですし。

11:44 午前 日記・コラム・つぶやき 翻訳・英語・ことば |

はてなブックマークに追加

« # いろいろな翻訳単価 | トップページ | # 久しぶりに実感した「文明の利器」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: # 翻訳者の労働時間 - 私の個人的なケース:

コメント

3年前に粗く見積もって、サラリーマン時代と比較した結果があります。それによると、

フリー翻訳者(1年生末期) 2,540時間

サラリーマン技術者(20年選手) 2,400時間

当時感じたことをつらつら書いたエントリーは下記。

http://blog.livedoor.jp/tiger_85_03/archives/51259595.html

投稿: あきーら | 2009/10/31 16:25:44

仕事のある時の私の一日です。
6時起床:朝食、家事
8時から9時:娘の散歩
9時から12時:仕事
12時から13時30分:昼食、夕食準備
13時30分から16時30分:仕事
16時30分から17時30分:娘の散歩
17時30分から20時30分:仕事
20時30分から21時: 夕食 (片付けはだんな)
21時30分から22時30分: 仕事
という感じです。
ということは、1日10時間くらいですね。
これが10日以上続くと、ちょっとつらくなってきます。でも収入は.... (涙) とてもじゃないけど大黒柱にはなれません。

投稿: ぷーまま | 2009/10/31 22:09:51

あきーらさん、
このエントリは読んだ覚えがあります。もっと若い頃ならともかく、40~50 歳台ともなれば体力的にそうそう無理のできるはずもないので、環境が変わっても労働時間はそれほど変わらないという感じですよね。

投稿: baldhatter | 2009/10/31 22:17:15

ぷーままさん、
家事もこなしながら仕事をしなきゃいけないんですから、私なんかよりよほど大変ですよね。

"お散歩" にとられる時間がばかになりませんけど、それはむしろ楽しいひとときなんでしょうねー :)

猫なら勝手に出かけて帰ってくるので楽です(どっちにしても飼い主は娘だし)。

投稿: baldhatter | 2009/10/31 22:27:42

>翻訳会社に勤務する前の十数年間、私は小・中学生相手の進学塾で教師をしていました。

初耳でした。確かに、そういう雰囲気を感じてました。
私も3年間ほど塾講師をやっていたので、元同業者を見分ける嗅覚があるのかも。

投稿: curiouser | 2009/10/31 23:51:11

こんにちは。

> 月平均25.9日、1日平均9.3時間

はかなりご無理されているなぁと思いましたが、「通常の労働時間は 1 日 5 ~ 11 時間くらい」とうかがい、上手に融通をきかせながらお仕事をこなされていると感じ、安心しました。

スケジュールがきついときは外出がほとんどできないこともありますが、前もって予定しておけば時間を自分で作ることができ、週末の混雑を避けられるのが、在宅の強みですね。通院もきがねなく行けます。

会社勤めでは、場合によってはわずらわしい人間関係も避けられないですし、通勤では朝の準備や通勤時間でも1~2時間はとられてしまいます。私もフリーのメリットは多く感じています。

投稿: Sachi | 2009/11/01 6:34:33

>家事もこなしながら仕事をしなきゃいけない
これこれ。予備校講師時代によく「両立は大変でしょう」と言われましたが、私は「時間と空間がハッキリ別なんだから切り替えればいいだけ。両方一緒でこなせるほうが想像を絶する、自分には無理ですね」と答えてました(もちろん時間数が少なく預け先が信頼できて子供が元気で、等の条件に恵まれてこそでしたが)。
 その後内外の事情が変わり在宅フリー翻訳+母親業になりましたが、やはり幼稚園前の子供がいる間は仕事量を小遣い稼ぎ程度の軽さにとどめてやっとでした。現在でも
>とてもじゃないけど大黒柱にはなれません
>1人分がやっとで家族を養うのは難しい
が実感。同じ社のフリー仲間も、男性全員独身・女性全員既婚子持ちとみごとに分かれてます。翻訳で妻子を養っている人はエライ!
・・・「個人的なケース」という見出しについ反応して長文、失礼しました。

投稿: ハーブ | 2009/11/01 9:58:04

Sachi さん、こちらでは初めてですね。コメントありがとうございます。

> 通勤時間でも1~2時間はとられてしまいます

ただ、私の場合は通勤時間 = 読書時間だったので、通勤がなくなったら読書量が激減してしまいました。それだけはちょっと残念。

投稿: baldhatter | 2009/11/01 19:33:19

> 元同業者を見分ける嗅覚

少なくとも当時は、同業者はすぐ判りましたよ。半端な堅気さがあって、多くは年齢不詳で... :P

投稿: baldhatter | 2009/11/01 19:37:23

> 翻訳で妻子を養っている人はエライ

私など、翻訳だけしてればいいんですから(そりゃ家事はしますけど主夫という感じではなく、せいぜい "副夫" というところ)、どう考えたって主婦やお母さんをしながら翻訳している人のほうがエライと思うんですけどねー。

投稿: baldhatter | 2009/11/01 19:45:02

わずかな翻訳で糊口を凌ぐ男性独身です。結婚なんかありえません!

自分の場合、労働時間というより1日の処理能力が決まっているようです。それ以上やると次の日にまったくできなくなります。

投稿: 竹花 | 2009/11/03 9:44:58

(同業者のみなさんに受けるエントリだったようで、コメントがずいぶん伸びています^^)

> 結婚なんかありえません

隊長の場合は独身生活を満喫している風情と余裕が感じられるんですが、私の気のせい?

投稿: baldhatter | 2009/11/04 10:05:45

風情と余裕は気のせいです(笑)。

投稿: 竹花です。 | 2009/11/05 19:21:35

> 風情と余裕は気のせい

そうかなぁ?

投稿: baldhatter | 2009/11/08 10:09:45

この記事へのコメントは終了しました。