« # リハビリ | トップページ | # リハビリ、外来編 »

2009.08.03

# 消えゆくFDD

リンク: ついにフロッピーディスクドライブの生産をメーカーが打ち切りへ - GIGAZINE

TEAC やソニーなどが、どこも 2010 年くらいで生産を停止するそうです。

Apple II のゲームマニュアルを翻訳していた頃は、まだ diskette という単語が普通でした。そのすぐ後で floppy という単語を見かけるようになり、語感からして何とも頼りなさげだと思ったものです。

5 年くらい前に買ったデスクトップマシンには、すでに FDD が付いていませんでしたが、最近買った Lenovo のマシンにはまだ付いています。ビジネス用途だからでしょうか。もちろん、そのドライブに FD を入れたことは一度もありません。

10:45 午後 パソコン・インターネット |

はてなブックマークに追加

« # リハビリ | トップページ | # リハビリ、外来編 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: # 消えゆくFDD:

コメント

8インチディスクは使ったことがありませんが、3.5インチはよく使ってました。1.2MBとか今では何も入りません。

最近ゲームはCD-romじゃなくてDVDも多いんですよね。

投稿: 竹花 | 2009/08/03 23:11:34

本日、ワープロ機 オアシス(富士通)の 2DD が届く予定です。
「オアシスが壊れてしまったので、FD を何とかしたい」と言われたのですが、果たして・・・(-_-)。

投稿: ishida | 2009/08/04 9:52:12

> 最近ゲームはCD-romじゃなくてDVD

業務用アプリケーションも DVD-ROM が増えてきましたし、雑誌のバックナンバーも DVD で提供されたりしています。

投稿: baldhatter | 2009/08/04 10:04:52

> ワープロ機 オアシス(富士通)の 2DD が届く

おお。
それって、取引先ではなく、きっと翻訳者さんなんでしょうね。今でも、ワープロ派の翻訳者さんというのがいらっしゃると聞いたことがあります(原稿用紙派だって絶滅していないとか)。
私がワープロ専用機を使っていた時代には、固有フォーマットではなく、DOSテキストに落として5インチFDで納品していました。

投稿: baldhatter | 2009/08/04 10:09:29

先々月くらいまで、メインクライアントが、FD納品でした^^;。

投稿: Sakino | 2009/08/04 11:28:00

この春、ワープロ派の先生に頼まれて2DDのディスケットを探し回りました。2HDはまだ我が家にありますが、2DDはさすがに処分してしまっていました。3年ほど前まではPCにしつこくディスケット・ドライブを付けて組み立ててもらっていましたが、今はさすがに・・・。新品の2HDディスケットのパックはさてどうしたものか。「昔はこんなのを使っていたよ」っていう記念品でしょうかしらね・・(^^;)

投稿: 洒微 | 2009/08/04 11:38:53

8インチディスク、仕事で使ってました。翻訳の仕事じゃなくて、ソフト開発会社に勤めていた頃です。ペラッペラで3.5インチ以上に頼り無い存在でした。当時はVHSテープみたいな記憶媒体(名前忘れた…)も現役でした。

先日、ふと思い立って引き出しの片づけをしていたら、一番奥から3.5インチFDが何枚か出てきました。そういえば初期化して取っておいたような記憶が。今、使ってるノートPCにはFDドライブが付いてるんですが、もう使うことはないでしょうねぇ。かといってすぐに捨てるのも忍びなくて、また引き出しの奥に突っ込んじゃいました。(^_^;

投稿: Ado | 2009/08/04 18:33:42

> 先々月くらいまで、メインクライアントが、FD納品
> ワープロ派の先生に頼まれて2DDのディスケットを探し回りました

あぁ、やっぱり。
翻訳業界だと、実はまだ FD も現役なんですねぇ。そして、

> 8インチディスク、仕事で使ってました

コンピュータ周辺で一定の年数以上お仕事してきた方なら、フロッピー(も含めた消えゆくテクノロジー)についていろいろと思い出がありますよね。

投稿: baldhatter | 2009/08/04 19:41:48

こんばんは。遅ればせながら退院おめでとうございます。
一度目と二度目のご報告を拝見しながら経過を案じておりました。以前、母が靭帯断裂で入院した時に、同室の骨折した方が退院の日にタクシーに乗りそこなって再骨折し、さっき退院の挨拶をしたばかりの同じ部屋に戻ってきてしまったという気の毒すぎる事件を思い出しましたが、ご復活されたことに安心いたしました。
まだリハビリが続くと思いますがどうぞお大事になさってください。

さて、FDDについて。我が家に初めて来たパソコンPC-8001にはそんな高級なものが付いておらず、中学生だった私と弟は雑誌付録のBASICのゲームをやるために、印刷されたプログラムを地道に打ち込んではカセットテープに保存するという作業をしたものでした。CLOAD/CSAVEを繰り返すこと数日、ようやくゲームが動いた時の感激はひとしおでした。そんなヘタれパソ使いの私にとっては初めてフロッピーなる代物に出会った時はまさに夢のような技術だと思ったものでした。
その頃はまだ夢の産物だったケータイを子供でも使う現在を思うにつけ、いずれパソコンの有り様も大きく変わる日が来るのでしょうね。

投稿: 千雲 | 2009/08/05 21:43:53

大変遅くなりましたが、退院おめでとうございます。日常生活で不便なことはたくさんあると思いますが、リハビリが順調に進むことを願っております。

カセット→FD→ZIP→CD→メモリスティックと私がこれまで使ってきた媒体もどんどん高速、大容量化し、また通信手段も音響カプラから始まり、今ではブロードバンドと、その進歩はただただ「すげぇ、すごくねぇ?」の一言です。

外付けのHDに1Tbを使っているんですけど、テラバイトっていったいどんだけの情報量が入るのか、すでにして私の想像力を超えてます。

投稿: ks | 2009/08/06 5:31:22

千雲さん、ks さん、引き続きありがとうございます。

> プログラムを地道に打ち込んではカセットテープに保存

拙ブログをお読みくださっている方々は、世代的にだいたいカセット時代をご存じですねー。あの頃、東京ローカルのテレビ局でやっていたパソコン番組では、プログラムを音声で流してました。視聴者はそれを録音しておけば自分のマシンにロードして実行できるわけです。「ダウンロード」という言葉すらなかった、今思えばなんとものどかな時代でした。

> カセット→FD→ZIP→CD→メモリスティック

この流れに MO も入れましょう。
ZIP ドライブは私も使ってましたが、今となってはちょっと継子テクノロジーになっちゃいましたね。

投稿: baldhatter | 2009/08/06 19:22:38

この記事へのコメントは終了しました。