« # 還付手続き、遅延中 | トップページ | # 『仕組み進化論』は「小飼弾の」でいいのだ »

2009.04.14

# supercalifragilisticexpialidocious みたいな話

4 月上旬は何かと忙しかったので、元ネタがちょっと古くなってしまいましたが、

リンク: 日本語の人と英語の人でIDやURLの付け方がちょっと違う - 頭ん中

どうも英語の人はアンダーバーで区切らずに "austinpowers" とつなげて書くことが多い気がする。

これに限らず、あちらの方の書く英語表記って相当いいかげんです、というお話。

関連エントリ: 禿頭帽子屋の独語妄言 side A: # Server か「サーバー」か

IT 系の文章では、「続けて書いてある語句や全大文字の文字列は、変数やクラス名、関数名などを表す」という暗黙の了解があります。

EventListner
getValue
TEMP
windir

こんな感じのやつですね。

ふつうのヘルプやマニュアルなら文脈があるので、原文の表記がいいかげんでも、おおむね判断に困ることはないのですが、文脈のない UI 翻訳で原文が雑だと、かなり困らされます。

hostname
host name
Host Name
HOSTNAME

こんな風に混在していると、どの表記で何を言いたいのか、まったく意図を理解できません。

なんでこうイイカゲンなのか、と日本人としては不思議に思いますが、考えてみれば英語として見ているかぎり、どう表記されていても差はないんでしょうね。

hostname
ホスト名
[ホスト名]
HOSTNAME

日本語で訳し分けようとするから、どれにしようかと悩まされる。そーゆー言語上の壁があるので、おそらくこの辺の事情をいくら説明しても、原典ライターやプログラマーさんたちには、どう説明しても通じにくいんだろうなぁと想像します。

それにしてもあまりに長いのをつなげて書いたら 人の目で識別しにくくなるだろうにと思ったんだけど

つなげて長~く書かれてもうひとつ困るのは、ファイル名ですね。

administrationheledittemplatedefinitiondetail

とか(といって、スペースは入れないでほしいんですけどね)。

04:41 午後 翻訳・英語・ことば |

はてなブックマークに追加

« # 還付手続き、遅延中 | トップページ | # 『仕組み進化論』は「小飼弾の」でいいのだ »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: # supercalifragilisticexpialidocious みたいな話:

コメント

そういえば、みたいなネタで恐縮ですが、NPRで過去の放送をアーカイブで検索するとき、このsupercalifragilisticexpialidocious方式が使える場合があるのに最近気がつきました。

ありふれた単語だと山ほどヒットして始末におえないし、2単語並べてみても、アンド検索をしてくれないという、こまった検索システムなんですが、2単語ぐらいを区切らずにくっつけて検索すると、案外ヒットしてしまうことがあるのですよね。どうなってるんだか……。

投稿: | 2009/04/16 12:20:27

> 2単語ぐらいを区切らずにくっつけて検索すると、案外ヒットしてしまう

なるほどー。たぶん、索引(検索を高速化するためのインデックス)を構成するロジックの関係で、連語はひとまとまりでインデクシングされているんじゃないでしょうか。

DDWin でも Jamming でも、連語を検索するときはスペース不要ですし。

投稿: baldhatter | 2009/04/16 20:21:49

コメントを書く

## コメントは承認制なので、公開されるまでに時間のかかることがあります。



(必須ではありません)