« # いつまでもデブと思うなよ | トップページ | # ラリー、またドタキャン »

2009.04.02

# Mac から Windows に乗り換え(させられ)て困ったことまとめ

今は Windows をメインに使ってるけど
Mac から Windows に乗り換えたときは
何かと戸惑うことが多かった。

初心者の悩みは共有しておいた方がいいと思うので
思い出せるものを書いておきます。

------------------------------
ネタ元: WindowsからMacに乗り換えて戸惑ったことまとめ - 頭ん中

乗り換えたのは 10 年以上も前で、当時はまだ PowerPC アーキテクチャ、OS も 8.6 という上古の時代なので、もう覚えていないこともあり、逆に今の Mac に該当しない点があるかもしれません。

順序は私の「困った度」別に変わっています。

●[Alt] キーの存在
Windows のキーボードには [Alt] キーがあって、これが「Windows バカじゃん!」と思った最大の点のひとつでした。今でも基本的にその思いは変わっていませんけど、修飾キーを 2 つもあって、しかもショートカットがアプリケーションごとにバラバラ(基本はおおむね同じだけど、それも絶対ではない)というところが、設計思想の貧弱さというか、いかにも付け焼き刃という印象でした。

いちばんの問題は、[Alt] キーの配置の悪さ。

Mac のコマンドキーは、ホームポジションに指を置いた状態で無理なく親指が届く位置になるので、たとえば、こまめな保存に必須な(当時は必須だった) [コマンド] + [S] なんて、ほぼ無意識の操作になるくらいでした。もちろん、多用したせいで腱鞘炎になったり、フットスイッチを買い足したりする必要もなかったし。


●マウスの動きに遊びがない
これは感じる人と感じない人がいるかも。

Win → Mac に乗り換えた人より、Mac → Win に乗り換えた人のほうがイラつくはずです。ふつうにクローズボタンを押すだけでもひと苦労でしたが、図形の移動とか調整、あるいは区切り線の移動となると「できるわけねー」となります。


●ウィンドウを閉じるとアプリケーションが終了する
おいおい勝手に終わるなよー、と。


●Enter でファイルが開く
実はこの挙動はちょっと覚えていないんだけど、ファイルの名前を変えようすると開いてしまって困った記憶があります。


●Delete を押したときの挙動が違う
これだけは、戸惑いながらも Windows のほうが便利だと思った点。Mac は今でもそうなんですね。なんで「カーソルの後ろの文字を消す」という発想がないんだろう。あれかな、タイプライター時代の名残?


--------------------
誰か、Mac のデュアルブート環境で Trados 使ってる人いませんか?

06:00 午後 パソコン・インターネット |

はてなブックマークに追加

« # いつまでもデブと思うなよ | トップページ | # ラリー、またドタキャン »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: # Mac から Windows に乗り換え(させられ)て困ったことまとめ:

コメント

コメントを書く

## コメントは承認制なので、公開されるまでに時間のかかることがあります。



(必須ではありません)