« # トレンディ = 死語 | トップページ | # そんなんでも引っかかりますか...... »

2009.03.01

# おくりびと、後れびと

出先の母親から電話あり(2年ほど前から携帯を持つようになった)。

(一緒に出かけているオバサン集団が)『おくれびと』観たいって言い出したから、映画館しらべておくれ。

とか。

受賞後最初の週末に、空席なんかないよ、かーちゃん。

02:13 午後 映画・テレビ |

はてなブックマークに追加

« # トレンディ = 死語 | トップページ | # そんなんでも引っかかりますか...... »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: # おくりびと、後れびと:

コメント

おくれびと(笑)

うちの母に近くの映画館のネット予約するかと聞いたら、TVで放送するまで待つといってました。かなり「おくれびと」になります。

投稿: 竹花 | 2009/03/01 22:30:53

> かなり「おくれびと」になります

しかも、来週になればスクリーン数拡大で最寄りの映画館にかかるのに、それが待ちきれないから早く観たい云々だったそうで。結局は諦めて夕方早く帰ってきたみたいですが。

投稿: baldhatter | 2009/03/01 22:41:23

早速観てきましたよ~。
土曜の映画館でしたけど、前の席にはちらほら空席がありました。
中3の娘曰く
「終わった後に、あんなにし~んとしている映画はなかった。観てよかった」
確かにストーリーの起伏は乏しいのに、感動がある映画でした。
作り手の思いがこめられているからなのか。
映像の中でお約束のように描かれる死ではない、生者の目から見た死がリアルに再現されているからなのか。
山崎努のうさんくささは、天下一品でした。


投稿: あやや | 2009/03/02 10:40:26

>受賞後最初の週末に、空席なんかないよ、かーちゃん。

いいなぁ、親孝行いっぱいしてあげてください。

因みに、「つきみのいえ」はAmazonで売り切れになっています。

投稿: Jack | 2009/03/02 12:33:04

> 早速観てきましたよ~

非アカデミー賞信仰者なので当分観るつもりはなくなりましたが、滝田洋二郎は好きな監督なので、今回の受賞はめでたいかぎりでした。作品については、"後れびと" ではない竹花隊長が昨年ね 10/20 付エントリでいちはやく感想をお書きになってます。
http://takehana.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/post-15d5.html

投稿: baldhatter | 2009/03/02 14:52:48

> 「つきみのいえ」

えーと、本当の作品タイトルは「つきみ」ですか、「つみき」ですか?

投稿: baldhatter | 2009/03/02 14:53:44

>えーと、本当の作品タイトルは「つきみ」ですか、「つみき」ですか?

よくぞ気付いてくださいました^^

投稿: Jack | 2009/03/02 15:50:37

>しかも、来週になればスクリーン数拡大で最寄りの映画館にかかるのに…

お母様方は可哀想ですが、まるで創作落語のような話です。

こんなことなら、もっとちゃんと感想書いておけばよかったです。

投稿: 竹花 | 2009/03/02 18:16:15

> まるで創作落語のような話

いやまったく。私のちょうど二回り上の年女という年齢にもかかわらず、あいかわらず笑わせてもらっています。

投稿: baldhatter | 2009/03/02 18:40:33

> よくぞ気付いてくださいました

作品の内容は知らないのですが、「つきみのいえ」もいい感じです。

投稿: baldhatter | 2009/03/02 20:32:52

>「つきみのいえ」もいい感じ
季節はずれですが、これ↓とか?

寝床まで月を入れ寝るとする   山頭火
-------
読んでない観てないのですが、『悼む人』『おくりびと』と受賞ニュースが続くとつい考えてしまいます。死を「あってはならないこと」のように拒絶するのは何か違うということに日本人はそろそろ気づき始めたのかもしれない、と。
欣求浄土やメメント・モリにまで回帰することはなくとも、人間の文化のなかで永遠のテーマのひとつである「死を思うこと」は、そういつまでも禁忌の壁に閉じ込めておけるものではないのでしょう。

投稿: ハーブ | 2009/03/03 8:56:06

> 「死を思うこと」は、そういつまでも禁忌の壁に閉じ込めておけるものではない

なんつったって、あと 20 年経つと日本人 3 人に 1 人が 60 歳以上という年寄り国家。死ぬことをちゃんと考えなきゃどうにもならないところにきています。

投稿: baldhatter | 2009/03/03 22:30:02

この記事へのコメントは終了しました。