« # ネコ、二題 | トップページ | # エティアス・サロニーもしくはデューク東郷の出番だよ »

2009.02.24

# インキ消し

リンク: 丸十化成:「ミスノン」ヒットのメーカー、事業停止 負債5億円、修正テープ台頭で - 毎日jp(毎日新聞)

個人的には、「ミスノン」よりこっちのほうが圧倒的に深く記憶に残っています。

Gandhi
ガンジーのイン消し。

父の机周辺にも、職員室の先生の机の上にも、これがありました。

自分がタイプライターを使っていた時代も、「ミスノン」ではなく、たいてい「リキッドペーパー」だったような。

09:22 午後 社会・ニュース |

はてなブックマークに追加

« # ネコ、二題 | トップページ | # エティアス・サロニーもしくはデューク東郷の出番だよ »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: # インキ消し:

コメント

インキ、インクいつの時代から変わったんでしょうね。
ガンジー…

投稿: 竹花 | 2009/02/25 1:20:35

外来語の「~ク」と「~キ」って面白いですよね。その話を以前書いたことがありました。
http://baldhatter.txt-nifty.com/misc/2007/04/post_15f4.html

投稿: baldhatter | 2009/02/25 13:06:09

この製品、もうなんといっても、ガンジーさまのご威光が……
デフォルメの妙もすごい!

私も、使ってます。

えぇとぉ、何に使っているかというと、インキ消しでなく、シュウ酸として。

おっと、これじゃ説明になっていない^^;。木製比塗装の机のうえにピン留め(ヘアピンともいう)を起きっぱなしにしてしばらくすると、机にピン留めシェープがくっきりと……。

こういうときに使います^^;。

インド独立マンセー(←マゼコゼ)って思ったりします^^;。

投稿: Sakino | 2009/02/26 17:56:27

ストライク、ストライキ、英語で同じだと知って驚いた記憶があります。

投稿: 竹花 | 2009/02/26 19:43:40

> こういうときに使います

あ、その手の使い方、昔どこかで見たことがあります。「暮らしの手帖」だったかなぁ。
補足: 「暮らしの手帖」は、私の母の昔からの愛読雑誌で、たしか創刊号(1948年)から全部あるはずです。私も子供の頃は愛読してました。好きだったのは、工作の記事と製品テスト。

投稿: baldhatter | 2009/02/28 12:30:03

> 英語で同じだと知って驚いた記憶

「ミシン」とかも。

投稿: baldhatter | 2009/02/28 12:31:04

この記事へのコメントは終了しました。