« # 濁るか、濁らないか | トップページ | # 最近の大学入試 »

2009.02.16

# ATOK2009 の、たぶんバグ

ATOK2009 に移行してすぐ、ちょっとおかしな挙動に気づきました。ジャストシステムさんのサイトやネット上を探してみましたが、後述するようにちょっと発生状況が特殊なためか、類似の報告例は見つかりません。

ちょっと時間に空きができたのでサポートに電話をしてみたのですが、最終的には解決せず、「設定ファイルが破損している可能性があるので、いったんリセットしてからカスタマイズし直してみてください」という回答でした。

それはそれで納得できたのですが --- 応対も丁寧だったし ---、その後、挙動不審の原因と思われる設定が見つかりました。おそらくまだジャストシステムさんでも気づいていないバグのようです。

どんな挙動か、ちょっと説明はしにくいのですが、前提として「かな入力」でしか発生しない現象のようです。
(念のためローマ字入力モードでも試してみましたが、再現されませんでした)

ふつうは、「単語を入力 → 変換キーを押す → 適切な候補を選ぶ」という操作をして、その直後に入力を続けると、選んだ候補が確定されて次に進みますよね。こんな具合に。

Input1

Input2

ところが、ATOK の設定によっては、

Input3

このように「昨日」を選んだ後で、ひらがなの「け」を打つと、「昨日」ではなく「機能」が確定されてしまうのでした。

--------------------
サポートのお姉さんが言うように設定をリセットし、カスタマイズしながらひとつずつ確かめていったところ、この挙動の原因となる設定を特定することができました。

1 番目のショットと 3 番目のショットでは、候補ウィンドウの左マージンが違っています(1 番目はアルファベット、3 番目は数字)。この違いは、ATOK のプロパティ設定で、

[入力・変換] タブ → [候補ウィンドウ] → [候補選択キー]

というオプション設定が [英字] か [数字] かによって決まります。

Atokproperty

候補がたくさんあるとき、スペースバーの連打ではなくアルファベットキーか数字キーで候補を選択する、そのためのオプションらしいのですが、どうやらこれを [数字] に設定すると、かな入力時のひらがな「け」キーが、「1」キーと同じ機能をはたしてしまうようです。

2008 のプロパティに、↑ こんな設定ありましたっけ?

--------------------
【ジャストシステムのサポートについての付記】
サポートのお姉さん、最終的に「設定をリセットする」という解決策を言い出すとき、「設定をいちどクリアしてしまうことに問題はありませんか?」という意味の一言をちゃんと言い添えてくれました。よく考えれば当たり前の一言なのですが、さりげなくユーザーフレンドリーな配慮だと思いました。

05:56 午後 パソコン・インターネット |

はてなブックマークに追加

« # 濁るか、濁らないか | トップページ | # 最近の大学入試 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: # ATOK2009 の、たぶんバグ:

コメント

>> 2008 のプロパティに、↑ こんな設定ありましたっけ?

たぶん、あります。ATOK17ですでにあるので。

投稿: Buckeye | 2009/02/16 22:04:25

> たぶん、あります。

情報のご提供ありがとうございます。
ということは、私が今までこのオプションの存在に気づいていなくて、2009 に移行したとき偶々設定を変えちゃったんでしょうね。

投稿: baldhatter | 2009/02/16 22:10:08

似たような症状を解決できないかとググっていてたどり着きました。
自分の場合、「ローマ字入力」で「英字」を設定すると、baldhatterさまと同じような症状が出ます。設定をリセットしたり、変えたりして試してみましたが、ローマ字入力の場合は「候補選択キー」で「英字」を選んだ場合のみ、同様の症状が出るようです。どうやらバグのようですね。

投稿: boule | 2009/02/23 11:02:36

boule さん、コメントありがとうございます。

> 「ローマ字入力」で「英字」を設定すると

そうですか。カナ入力のときの逆ですね。

実は、一昨日くらいですがジャストのサポートさんから電話があって(付記に書いた女性でした)、あちらでも動作確認して、バグであることが確認されたそうです。パッチか何かで対応されるかどうか訊いてみましたが、さすがにそれは未定だそうです。

投稿: baldhatter | 2009/02/23 15:14:33

この記事へのコメントは終了しました。