« # Vista < XP <<<< OS X ってことで | トップページ | # 本日の日本(12/20) »

2008.12.19

# 『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』

前作『ゴジラ×メカゴジラ』の続編であり、かつ 1961年版『モスラ』から続いた世界。

という設定なので、釈由美子や高杉亘もちょっとだけ出番があるほか、上田耕一と中尾彬のおぢさんコンビも引き続き出演。そして "司会の小泉博です" が『モスラ』のときと同じ役を演じます。

でも、せっかく初代『モスラ』から話をつなげておきながら、いきなり「モスラは人間のために戦います」と言わせちゃうのはどうでしょうかねぇ。

主役がパイロットではなく整備士という地味な設定は好感が持てるのですが、それにからむライバルとヒロインの演技が悲惨すぎました。「ゴジラ映画の中での人間ドラマ」という点にちぐはぐな印象があるのは、前作と同様です。

モスラ、冒頭ではジェット機より速く飛んでますけど、あの体型で音速超えちゃいますか、と。ゴジラの造形もかなり手抜きっぽい(特に目玉がダメ)ですし、水の撮影がちょっと感心しません。とってもプールに見えます。

あとは東京タワーね。今回はシリーズで初めてゴジラがタワーを壊すわけですが、本作の世界設定では、東京タワーはモスラにいっぺん破壊されてるんですよね。だとすれば、その後まったく同じものを建てなおしたとは考えにくいじゃないですか。高度成長の機運にあった当時の日本人だったら、もっと高い塔を建てようと考えたはずです。せっかく連続性のある世界を設定するんだから、そーゆー細かいことろまで気を配ってほしかったなぁ。

11:26 午後 映画・テレビ |

はてなブックマークに追加

« # Vista < XP <<<< OS X ってことで | トップページ | # 本日の日本(12/20) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: # 『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』:

コメント

伝統を尊重するという意味で、敢えて東京タワーを同じように再建したのではないでしょうか。もっとも制作者側はそこまで考えてないでしょうが。

投稿: バックステージ | 2008/12/20 21:43:37

バックステージさん、こんなエントリにお付き合いいただいて恐縮です。

> 伝統を尊重するという意味で、敢えて東京タワーを同じように再建した

実際、別のタワーが建ってたら何のインパクトもなくなっちゃうわけですけどね。

ゴジラ映画の復活は 2013 年か? という噂があるので、そのときは東京スカイツリーが標的になるのは間違いないでしょうね(スカイツリーは 2011 年完成予定なので、クランクインに間に合う計算)。

投稿: baldhatter | 2008/12/21 0:21:33

東京スカイツリーの建設は、1979年時点で予想されていたようです。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20081211-OYT1T00435.htm?from=nwlb

新しい建物をどう活用するのか、制作者側の判断を待つことにしましょう。

投稿: バックステージ | 2008/12/21 10:46:34

>ゴジラ映画の復活は 2013 年か?

すみません、調べれば分かることなのかもしれませんが、ゴジラ映画ってもう作ってないのですか? そういわれると最近宣伝を見ないような気がします。なにか理由があるのでしょうか? 

投稿: Jack | 2008/12/21 23:54:57

> 1979年時点で予想されていた

実際には、東京タワーを見たことのある子供たちの何人もが、それぞれの地元でこれと似た未来図を書いていたんじゃないかと思うんですけどね。このケースの場合は、たまたま現実の建築地に至近だったというのが注目される理由でしょう。

投稿: baldhatter | 2008/12/22 10:19:04

> ゴジラ映画ってもう作ってないのですか?

はい。今はまったく作っていません。
「CG が発達して着ぐるみ怪獣の時代ではなくなった」とかなんとか、制作元はいくつか理由を付けていたみたいですが、とどのつまりは客を呼べなくなったということのようです。

ほかに映画化のネタがなくなれば、また復活するんじゃないかと。

投稿: baldhatter | 2008/12/22 10:22:11

この記事へのコメントは終了しました。