« # NHK がらみ 2 件 | トップページ | # 最後の拠りどころは自分の経験だけ、たぶん »

2008.12.01

# やっぱりマイナー? 『ロボ道楽~』手に入らず

リンク: TORI MIKI'S BLOG: ロボ道楽の逆襲

市内の書店を数軒回ってみたけど、どこにもなかった...... :(

『冷食捜査官』は置いてあって、『ロボ道楽~』は発売当日にまったく入荷してない --- 売れたのではなく入荷してないんだそうだ --- ってのは、講談社とイーストプレスの圧倒的な差でしょうか。

まあ、ウチの地元の民度の低さってのもあるんだけど。

駅前の書店で「とり・みきの新刊ありますか?」と聞いてみましたが、その後の店員の言動を見て、

従来型の書店がつぶれるのはしかたないな

と改めて思いましたね。

「とり、みき、ですか? ちょっとお待ちください」とか言うから、てっきり端末でも操作して入荷状況を確認するのかと思ったら、自分で本棚をブラウズし始めるんだもん。で、しばらくして「ありませんねー」だって。

客と同じレベルで探してんじゃねーぞ

帰宅してから、密林でポチッとしたことは言うまでもありません。

05:44 午後 日記・コラム・つぶやきアニメ・コミック・サブカル |

はてなブックマークに追加

« # NHK がらみ 2 件 | トップページ | # 最後の拠りどころは自分の経験だけ、たぶん »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: # やっぱりマイナー? 『ロボ道楽~』手に入らず:

コメント

>客と同じレベルで探してんじゃねーぞ

それ、私もよくハラ、たちます。こっちは職業柄、スキミングが得意だから、同じレベルで探されて出てきた試し、ないし。

「~の棚を見たけど見つけられない」に対し、ぜんぜん違う棚へ探しに行くというケースもあって、それはさすがに本の置き場を知ってる書店員だってことだし、それで出てくることはありますけどね。

投稿: Buckeye | 2008/12/01 18:01:42

> ぜんぜん違う棚へ探しに行くというケース

中途半端な規模の書店だと、書籍の分類がそもそも間違っているケースもありますしね。

投稿: baldhatter | 2008/12/01 19:50:27

乗り換え駅の書店、小さいのに品揃えがよく、お世話になってる出版社のボックス(紙製手作り)が雑誌棚の手前にしつらえてあるほどなのですが、2階の店員さまに、「海街ダイアリーありますか」とたずねたら知らないだもの……。まぁ、このバイト君?、何回かのやりとりのあと、こちらがだんだん険悪になっていくのを察知して、探す前に、即1階に飛んでいき、1階から店員が真っ青になって駆け上がってきました。これなら、この書店は大丈夫かもと、ほっ。

投稿: Sakino | 2008/12/01 19:56:25

毎日毎週の出版物の数を考えたら、著者名あるいは書名のみで訊ねて「店員なのに知らない」は酷。自分だって雑誌名ふくめ知らない書名のほうが圧倒的に多いのだから。というのが、ポランスキー監督映画公開中に「ディケンズの」までつけ足して『オリバー・ツイスト』を探しているんですが、と言ったら「オリバー…?それ雑誌ですか?」と返されて以来の私の心構えです。

投稿: ハーブ | 2008/12/02 1:20:01

> まぁ、このバイト君

バイト君なら、接客態度さえよければよしとして、それ以上を望めないのはしかたがないでしょうね。でも、私が昨日遭遇したのはいつも見かける店員さん(正社員?)だったもので。

昨日手に入らなかった本、今しがた Amazon から届きました。

投稿: baldhatter | 2008/12/02 16:49:09

> 毎日毎週の出版物の数を考えたら
> 「店員なのに知らない」は酷

そんな今の時代を考えれば、もちろん全部把握しろというのは難しい。だからこそ、検索方法くらい考えてほしい、と思うわけでした。

投稿: baldhatter | 2008/12/02 18:24:00

欲しい本が決まっている時は無駄手間ゼロのネット注文に限りますね。でも全然知らない作家の小説に出会える愉しみがあるので、ふらりと入れる近くの本屋さんには存続してもらいたい。自分でもずいぶん勝手だと思いますが。

投稿: ハーブ | 2008/12/02 18:59:05

> 全然知らない作家の小説に出会える愉しみがあるので、ふらりと入れる近くの本屋さんには存続してもらいたい

あ、それそれ。最近「書店は入場料をとればいい」という話がネットでありました。おもしろいかも。

投稿: baldhatter | 2008/12/02 20:36:36

本との間には出会いの妙があると思います。

私は自分のサイトで翻訳業に役立つと思う本を紹介していますが、「翻訳」という語で検索して引っかからないものも少なくありません。ではどうやって見つけているかというと、新宿の大型書店を上から下までくまなく歩いて探しています。6時間近くかかったりしますが、それだけ大規模な本屋がなかったら私は書誌を作れなかったでしょう。また、一見翻訳と関係なさそうな本を紹介していることが私のサイトの売りでもあるわけです。

検索は用語を入力しなければ何も返してくれません。Amazonではお薦め書籍を示してくれますが、これは履歴に基づくものです。それだけだと自分の世界が狭くなります。人と本との間には思いがけなさが必要なのだと思います。そして恐らく、人と人との出会いにも。

投稿: バックステージ | 2008/12/02 20:58:34

> 6時間近くかかったりします

近くにそれくらいの大型書店があるという、それだけでも羨ましい。

> 人と本との間には思いがけなさが必要なのだと思います。そして恐らく、人と人との出会いにも。

いい言葉です。「思いがけなさ」ではありませんが、人との出会いについて今年は積極的に "本屋に出かけること" を目標にしていました。バックステージさんとも知己を得ることができたのもその一環です。

投稿: baldhatter | 2008/12/02 22:43:50

この記事へのコメントは終了しました。