« ♭教育にかける費用は親の愛情とイコールではないけれど | トップページ | # 『ゴジラ×メガギラス G消滅作戦』 »

2008.12.15

# 『ゴジラ2000 ミレニアム』

【エントリの日付は放送日に設定しました】

ゴジラ完全放送も、いよいよミレニアムシリーズ(1999 年以降の作品)に入りました。

今回も村田雄浩の演技に好感が持てます。佐野史郎もまずまずで、阿部寛だけが浮きまくっています(この人はわりといつもそんな感じがしますけど)。

新しい時代のゴジラシリーズとしてまず評価できた点が、この村田雄浩の演じる「一般人だけどゴジラに関わろうとする人」の存在。仲間内でよく言っていたのですが、「もし本当にゴジラが現れたら、死んでもいいから見にいくという人間が少なからずいるはず」ということでした。その気分の一部は、パトレイバー OVA 版の第 3 話『4億5千万年の罠』などでもすでに描かれていますが、本家本元の映画シリーズでそういう人物が登場するのは初めてです。

せっかくそうした長所があるにもかかわらず、どうもドラマの展開とゴジラの存在がうまくからみ合っていない印象があります。そのうえ、わかのわかんない UFO が出てきて、あげくにはそれが怪獣型に変形したりして、「無理矢理 VS 場面を作ろうとしている感」が出ててしまいました。

10:26 午後 映画・テレビ |

はてなブックマークに追加

« ♭教育にかける費用は親の愛情とイコールではないけれど | トップページ | # 『ゴジラ×メガギラス G消滅作戦』 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: # 『ゴジラ2000 ミレニアム』:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。