« # グローバルなクレーマー......だよなぁ | トップページ | # "ブラウズ"できないインターフェースは嫌い »

2008.11.06

# What change will they see?

オバマ当選に全米、いや全世界が沸き返っている矢先ですが、"Change" の行き届かない領域もまだまだあるようです。

リンク: 米カリフォルニア州、同性婚の禁止を可決 | ワールド | Reuters

米大統領選が実施された4日に行われたカリフォルニア州の住民投票で、同性結婚権の廃止を求めた州憲法改正案が可決された。
同州では5月に州最高裁が同性婚を認める判決を下し、結婚する同性カップルが続出していた。今回の住民投票を受けて、これまでに行われた同性同士の結婚が認められるがどうかなど既に議論が高まっている。

オバマさんの勝利宣言演説で、最初に盛り上がったところ ↓

It's the answer spoken by young and old, rich and poor, Democrat and Republican, black, white, Hispanic, Asian, Native American, gay, straight, disabled and not disabled. Americans who sent a message to the world that we have never been just a collection of individuals or a collection of red states and blue states. We are, and always will be, the United States of America.

それでも、カリフォルニアでは 52% と 48% の僅差で可決なんだとか。

(ちなみに、今回のタイトルも同演説からの引用)

05:52 午後 経済・政治・国際 |

はてなブックマークに追加

« # グローバルなクレーマー......だよなぁ | トップページ | # "ブラウズ"できないインターフェースは嫌い »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: # What change will they see?:

コメント

こんなもの憲法で決めるのはどうかと思うのですが、やはりヒスパニック=カトリック系はそれだけ勢力が強いのかと思います。

同じカトリックが多いフランスにはPACS(Pacte Civil de Solidarité=連帯市民契約)という制度があるので、アメリカとか日本でも導入すれば良いと思います。

この流れだとウェブ上の結婚とかレプリカントとか結婚が先に認められるかもしれません。

投稿: 竹花 | 2008/11/06 23:23:34

オバマ氏の演説は実によくできていて感心しました。Changeを掲げるのに、この100年のアメリカ史を要約する上手さ。いや、正直に言うとちょっとばかり感動してテキストを探してダウンロードまでしてしまいました。考えてみたらその老婦人はアメリカの歴史の半分近くを生きたわけですよね。ついつい、“I have a dream”の全文を読み返して比較してみたり、公民権運動のおさらいをしてみたり。話し言葉のartという、ギリシャ・ローマ以来の伝統は生きているんだなあ。

それにしても52対48なんて数字で、ヒトの生き方まで否定してしまうというのが何ともはや。事実婚が法的結婚になったからとて他人が何の迷惑をこうむるというのか、違法にすれば彼らが生き方を変えるとでも思っているのか?つくづく理解不能です。

投稿: ハーブ | 2008/11/07 1:26:42

> ヒスパニック=カトリック系はそれだけ勢力が強いのかと思います
> 事実婚が法的結婚になったからとて他人が何の迷惑をこうむるというのか

本当に、いったいゲイの何がそんなにコワいんだろう、と思います。

> テキストを探してダウンロードまでしてしまいました

今の時代のいいところで、私は全編を YouTube で見ました。
ttp://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51134807.html
ここなら小飼弾氏の訳も載ってます。

投稿: baldhatter | 2008/11/07 19:10:02

このひとつ前のコメント、最初は「ゲイ」を英語で書いたのですが、スパムと見なされて受け付けてくれませんでした。調べてみたら、自分で NG ワードに登録してました。あはは。

投稿: baldhatter | 2008/11/07 19:16:50

>本当に、いったいゲイの何がそんなにコワいんだろう、と思います。
まったくです。男には優しいのに。

投稿: 竹花 | 2008/11/07 19:48:35

ヒスパニック系の人たち。宗教原理主義ではないので、ちょっとずつ変化してくるのではないかと思うのですが。

↓では、ヒスパニック系移民労働者のコリードや、ウディ・ガスリーのヒスパニックバージョンがすてきです。
http://www.npr.org/templates/story/story.php?storyId=14415291

投稿: Sakino | 2008/11/07 19:57:36

> ヒスパニック系の人たち。宗教原理主義ではないので

それはたしかにそうですね。
ただ、この問題って単に宗教上の価値観だけでなく、生理的な好悪とかいろんな要素がからんでいるようで、あらゆる差別の中でもいちばん前途多難という気がしています。

投稿: baldhatter | 2008/11/08 0:34:49

カトリックは原理主義的ではないです。原理主義的なのはプロテスタントでも一部です。

日本には戦国時代から男色文化(衆道)がありますし、嫌悪感を理解できない部分があるかもしれません。

投稿: 竹花 | 2008/11/08 1:23:01

日本だと、そういう方たちも外に向けてデモンストレーションすることなく自分たちの世界を確保して守っていれば十分、一般人も大声で咎めようとかまして罰してやろうなんて考えませんからね。right or wrong, law and justiceで断じるべき領域と違うくらいのことは普通に了解されているのでしょう。
『クラッシュ』見た時も思いましたが、不幸の根源は差別意識そのものより攻撃と反撃のエスカレートであり、decencyなき過剰な罵倒の文化ではないかと。白眼視と黙認でとどまっていられさえしたら、魔女狩りの凄惨な歴史もなくて済んだろうに、とか思ってしまいます。

投稿: ハーブ | 2008/11/08 8:15:33

> 嫌悪感を理解できない部分があるかもしれません

単なる「嫌悪感」では済まず、殺したいほどの憎悪になってしまうという短絡的な極端さなんですね、いちばん理解に苦しむのは。

> 一般人も大声で咎めようとかまして罰してやろうなんて考えませんからね

日本では嫌悪する対象を「つまはじき」しますが、あれは「爪弾き」であって、捨てるために「つまむ」ことさえ忌避して、接触はせいぜい爪の先だけにしたいということですが、それでも自分の視野から弾き出すだけであって、その存在自体を拒否しようとはしませんから。

投稿: baldhatter | 2008/11/08 13:24:56

リベラルなカリフォルニアで否決は意外でしたね。

カリフォルニアでゲイマリッジといえばジョージ・タケイです。
この人のイメージ先行しちゃったのかな。
シャトナーだったら可決したりして。(二人は仲悪いらしいですが)

そういえばアメリカのヤオイ(Slash)の起源は
Kirk/Spockだという話をWikipediaで読んで衝撃でした

投稿: ita | 2008/11/11 7:32:19

> カリフォルニアでゲイマリッジといえばジョージ・タケイです。
> この人のイメージ先行しちゃったのかな

オバマ当選でひとつ心配なのは、ブラックに向けることができなくなった悪意・敵意が別のマイノリティに向かうのではないか、ということ。今回のこれが、その顕れでないことを祈るばかりです。

投稿: baldhatter | 2008/11/11 10:35:45

> そういえばアメリカのヤオイ(Slash)の起源

これも有名な話ですけど、ちょっと想像したくない。

投稿: baldhatter | 2008/11/11 10:45:42

この記事へのコメントは終了しました。