« # もひとつ電子辞書の話題 | トップページ | # 承前 - で、何が言いたいかというと »

2008.11.21

# The Witcher Enhanced Edition

The Witcher という PC 用のシングル RPG を細々とプレイしています。

どんなゲームかというのは、こちらの記事に詳しく書いてありますが ---

リンク: 4Gamer.net ― 国産とは一味も二味も違う,いい意味で「過酷」なシングルRPG「The Witcher 日本語マニュアル付英語版」のレビュー(The Witcher)

--- 原作がポーランドの小説、英語の翻訳は最近ようやく 2 冊目が出たばかりで、日本語訳はまだない(出る気配すらない)という変わった出自で、ゲーム自体もおそらく日本人には受けにくいでしょう。

最近、これの大幅アップデート版、通称 Enhanced Edition というのがリリースされたのですが、この扱いがスゴイというお話です。

通常販売版はこーゆー豪華なパッケージ製品です。

Twee_pkg
リンク: 4Gamer.net ― Witcherのパワーアップ版「The Witcher Enhanced Edition」,北米では16日に発売(The Witcher)

内容は、
- アップデート版ゲーム本体
- オリジナル追加シナリオ 2 本
- サウンドトラック CD 2 種類
- メイキング DVD
- ゲームマニュアル(改訂版)
- ゲームガイド
- 地図 2 枚

という構成ですが、すでに製品版を購入してユーザー登録していれば、これらを全部無料でダウンロードできるというところが、思い切り太っ腹です。

ゲーム本体のバージョンは 1.3.x が 1.4 に上がるというパッチアップデートの扱いですが、エンジン自体も改良され、プレイ中に DVD-ROM をドライブに入れておく必要がなくなり、各国語の翻訳も全面的に一新される(ただし日本語はない)という、実質上はかなり大きなリニューアルです。

特典アイテムもスゴイ。サウンドトラックは、ゲーム自体のサントラが 1 枚、"inspired by" と称したオリジナルが 1 枚で、これだけでも相当のお値打ち品(音楽が実にカッコイイんですよ)。紙マニュアルや地図は PDF や jpg になりますが、それでも downloadable にしようという姿勢が立派です。

メイキング DVD も、ちゃんと wmv ファイルで付いてきます。

ぜんぶ落としたら 3 GB 以上というフルコンテンツを、これほどきっちり提供するというのは、正規ユーザーに対するサービスとしても破格ではないでしょうか。

01:36 午後 パソコン・インターネットアニメ・コミック・サブカル |

はてなブックマークに追加

« # もひとつ電子辞書の話題 | トップページ | # 承前 - で、何が言いたいかというと »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: # The Witcher Enhanced Edition:

コメント

大人なつくりのファンタジーですね。
これは日本ではコアなファンができそうです。

投稿: 竹花 | 2008/11/21 14:27:34

記事のストーリー説明を読むかぎり、日本の時代小説ぽいような印象を受けますがどうでしょうか。

投稿: 竹花 | 2008/11/21 14:30:24

コアなファン、いますよー。
http://thewitcher.jpn.org/index.php?title=%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8

10カ国語近くに対応しているにも日本語版がないので、有志が精力的に日本語 MOD を作ってます。

> 日本の時代小説ぽいような印象

基本的にはファンタジーで、ドワーフとかエルフがいる世界ですが(主人公も人間ではない独自の種族)、中世の設定なので時代劇がかった要素はあるかもしれません。

投稿: baldhatter | 2008/11/21 14:45:47

この記事へのコメントは終了しました。