« # ふと振り向いたら | トップページ | # 北広島は広島じゃなかった件 »

2008.09.05

# 『スカイ・クロラ』観たけど感想書いている時間がないので

リンク: 押井守監督『スカイ・クロラ』上映されるも新聞各紙の評価は辛口 - 映画の情報を毎日更新 | シネマトゥデイ

これはきっと、こういうことですね。

喫煙シーンが多すぎる

と。

09:37 午後 映画・テレビ |

はてなブックマークに追加

« # ふと振り向いたら | トップページ | # 北広島は広島じゃなかった件 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: # 『スカイ・クロラ』観たけど感想書いている時間がないので:

» スカイ・クロラ トラックバック ちんぺいの出来事
ベネチア映画祭が開幕 日本から「スカイ・クロラ」など3作品 読売新聞最高賞の金獅... [続きを読む]

受信: 2008/09/05 23:03:52

コメント

>喫煙シーンが多すぎる

狙いなんでしょうが、あれは異様ですね。

極言すれば酒と女とタバコと喧嘩っていうアニメでした。

投稿: 竹花 | 2008/09/06 20:57:07

> 極言すれば酒と女とタバコと喧嘩

端的。そういう観点でみれば、『アメリカン・グラフィティ』的世界の押井的バリエーションと言えなくもない。

あちらは 60 年代アメリカ的な閉塞感。もうしばらくすると、そのムードがベトナムでいっぺんに吹っ飛んじゃって、やがてその反動が来て 70 年代に突入しました。

こちらは 21 世紀日本的な閉塞感。打開につながる要素はあるのかしら。

投稿: baldhatter | 2008/09/07 12:57:46

この記事へのコメントは終了しました。