« # じゃ、"タコ足配線"も 2 本までということで | トップページ | # ブラウン管 »

2008.08.15

# 本日の五輪(8/15)

競技の方はまさにたけなわですが、はたして、このオリンピックの後には何が残るんでしょうか。

リンク: 五輪開会式でまた問題発覚、民族衣装の子供も「やらせ」 | エンタテインメント | Reuters

リンク: asahi.com(朝日新聞社):中国、国内メディア規制 「違反なら廃業も」通達 - 北京五輪2008

05:56 午後 社会・ニュース |

はてなブックマークに追加

« # じゃ、"タコ足配線"も 2 本までということで | トップページ | # ブラウン管 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: # 本日の五輪(8/15):

コメント

記事ありました:「中国の演者が異なる民族の異なる衣装を着るのはよくあること。特別なことではない」

ゆうこりんのラジオにオリンピックのシールを貼る国ですからね。だったら胡耀邦がチベット僧の格好するのかっていうと外交問題になりそうです。

何が残るか…
希望すら残らないかもしれませんね。

投稿: 竹花 | 2008/08/15 18:58:06

> 記事ありました

中国に関する報道見てると --- 五輪に限らず一連の著作権騒動などでも --- 何か指摘されたときの反応って意味不明な釈明か開き直りばっかりで、謝罪とか撤回の方向になったことが皆無ですよね。
そーいえば、こんなのも見かけましたよ。
http://res2ch.blog76.fc2.com/blog-entry-3416.html

投稿: baldhatter | 2008/08/15 23:54:35

これは面白いですね。

おかしな国の法則つながりで調べてみました。ソウルオリンピックの後、韓国では軍事政権が終わり、日本では東京オリンピックの10年後、1974年に田中角栄が首相を辞職してます。

投稿: 竹花です。 | 2008/08/16 0:21:34

こうしてみると、これまでに最多の4回も五輪を開催しながら、基本的には何も変わっていないアメリカという国は、ある意味スゴイですね。

今回の五輪、私は『アキラ』(大友克洋作)に出てくる(アキラを閉じ込めていた)「絶対零度室」を連想してしまうんです。表面は取り繕っていても、その裏側にはあの施設のようにひどく不細工なものが隠されているような…。

投稿: Jack | 2008/08/16 13:29:42

> おかしな国の法則つながりで調べてみました。

もひとつ調べてみたら、太平洋戦争直前の 1940 年大会(ヘルシンキ)は、もともと日本で開催予定だったのに日中戦争の影響で "開催権返上" という事態になってるんですね。これは開催未満ですが、やっぱり五輪の歴史って...

> アメリカという国は、ある意味スゴイ

国としての若さと体力があるからかもしれませんね。

投稿: baldhatter | 2008/08/16 21:52:34

この記事へのコメントは終了しました。