« # がいしゅつ :P | トップページ | # 人気作家だったのか »

2008.07.05

# ホモ・グラフィティス

(タイトルはもちろんデタラメですが、何となく意味は通じるかと)

考えてみれば、アポロ 11 号が月面に星条旗を立ててきたのだって、「○▲参上!」という落書きと意味するところは大差ないわけですね。ラスコーの壁画とかも。「落書き」という形で足跡を残したいというのは案外、人間の本能的な衝動なのかもしれません。

リンク: 秋芳洞も落書き被害 名前や日付100以上 - MSN産経ニュース

秋吉台科学博物館(同県美祢市)によると、観光用の鍾乳洞(全長1.4キロ)の約15カ所に、昭和から平成にかけて計100以上の日付や名前があり、あいあい傘で2人の名前が書かれたものもあった。

これはまあイカンとして、記事の最後が面白い。

秋芳洞の観光ルートから約500メートル離れた立ち入り制限区域では、これまでに江戸時代や明治、大正の元号と名前が墨で書かれたものが確認されている。

観光コースから外れたところというのはそれなりに危険な場所かと思いますが、江戸時代にそんなところまで立ち入った人がいて、貧弱な光源だけで落書きを残していったと考えると、なかなかのロマンです。長州藩の無茶苦茶な若者あたりだったのでしょうか。

11:20 午前 社会・ニュース |

はてなブックマークに追加

« # がいしゅつ :P | トップページ | # 人気作家だったのか »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: # ホモ・グラフィティス:

コメント

かなり前の落書きだとなんか歴史的価値が出てきますね。

投稿: 竹花です。 | 2008/07/05 22:02:15

単に古いというだけで価値が出る、そういうものは多い気がしますね。

投稿: baldhatter | 2008/07/07 10:03:25

古くなれば価値が出る(だからいいんじゃない?)って感じのコメント、テレビでも取りあげてましたね。でも、それって話が違うと私は思います。大気や河川、土壌の汚染といった環境問題、エネルギー問題、地球温暖化なんかと問題の根っこは同じだと。昔のように人口が少ない時代なら、アホなことをやっても大きな問題にはならないし、時間がたては歴史的価値が生まれるなんてこともあるでしょう。でも同じコトを、今みたいに人間が増えすぎてからやったら、生まれるのはゴミの山ですよ。

投稿: Buckeye | 2008/07/08 6:04:40

(Buckeye さん早起き ^^)

> 同じコトを、今みたいに人間が増えすぎてからやったら、生まれるのはゴミの山

おっしゃるとおりです。
これは「量の差が質の差に転換」する典型的な事象であり、環境を考えるときにも大きなキーのひとつになると思います。

投稿: baldhatter | 2008/07/08 9:22:45

この記事へのコメントは終了しました。