« # 中国五輪、三連発 | トップページ | # 秀逸です »

2008.07.25

# これは大変なことになるかも

私らに、もしかしたらかなり影響がありそうなニュース。

リンク: マイクロソフトが外来語表記ルールを変更,カタカナ用語末尾の長音(ー)を表記:ITpro

マイクロソフトは2008年7月25日,外来語カタカナ用語の表記ルールを変更し,末尾が「-er,-or,-ar」などで終わる英単語のカタカナ表記における末尾の長音(ー)を表記すると発表した。今後出荷する製品やドキュメントで新表記ルールを適用する。
(中略)今後は,国語審議会(当時)の報告を受けて告示された「1991年6月28日の内閣告示第二号」に基づいて,「英語由来のカタカナ用語において,言語の末尾が-er,-or,-arなどで終わる場合に長音表記を付けることを推奨する」というルールを採用する。前述のComputerの場合,「コンピューター」となる。(中略)
2005年には,技術マニュアルなどの表記を検討する民間団体で,専門家や研究者,メーカーなどによって組織される「テクニカルコミュニケーター協会(TC協会)」が,内閣告示に基づく表記ルールのガイドライン(原則として長音を表記する)を公開。国内メーカーでも既に,富士ゼロックスやリコーなどが,長音符号を表記するルールを採用している。マイクロソフトでも2003年から表記ルールの統一を検討しており,今回,一般に採用されている長音を表記するルールに改めた。

TC 協会の方針は知っていましたが、私の関わっているお仕事の範囲ではこれまで、まだこの影響はありませんでした。が、Microsoft が方針転換したとなると、追随するところが増えてきそうです。

もちろん、こんな規則をぜんぶ覚えているわけにいかないので、今だって細かいところはスクリプトまかせ。実害は少ないと思うのですが、OS だけでなく

言葉の世界まで Microsoft を中心に回るのか

と思うと、なんだかなぁという気がします。

07:29 午後 パソコン・インターネット 翻訳・英語・ことば |

はてなブックマークに追加

« # 中国五輪、三連発 | トップページ | # 秀逸です »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: # これは大変なことになるかも:

コメント

 あらまぁ、世の中の「慣れたら、単語の最後のアクセントは右上がり、音引きはなし」という流れ、無視しちゃうんですね。こういう流れが定着してきて身近な話題になったのは、90年代の前半だと思うので、困ったちゃんの「国語審議会」がくだんの報告を出したのも(出すこと自体が問題なような気がしますが)、時期的には、ある意味しょうがないのかな、という面もあるかと思いますが(今なら、たぶん、出せないですよね。そんな報告)、それを十数年以上たってから遵守ですか。ア・ナ・ク・ロ!(といっても、私が仕事をすることの多いバイオ分野は、比較的、単語末尾に「-」をつけることが多い分野です。それでもこのところ減ってきています。)

「テクニカルコミュニケータ★ー★協会(TC協会)」が決めるんだから、結論は最初から決まっていたとか(^^;)☆\

投稿: Sakino | 2008/07/25 20:30:35

> バイオ分野は、比較的、単語末尾に「-」をつけることが多い

そういう分野ごとの文化の違いみたいなものは、あっても別にいいのかなと思いますけどね。統一しなきゃいけないものは、もっとほかにありそうです。

投稿: baldhatter | 2008/07/26 12:44:02

この記事へのコメントは終了しました。